F1シート喪失のアレクサンダー・アルボン 「角田裕毅に恨みはない」
2021年のレッドブルの4つのF1シートから外れたアレクサンダー・アルボンだが、レッドブルやアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす角田裕毅に“恨みはない”と語る。

2020年に期待された結果を残すことができなかったアレクサンダー・アルボンは、レッドブルがセルジオ・ペレスとの契約を決断したことでシートを喪失。2021年はレッドブルのリザーブ兼開発ドライバーを務めながら、ドイツツーリングカー選手権に参戦することが決定している。

しかし、もし角田裕毅がFIA-F2でのキャンペーンに失敗し、F1スーパーライセンスを取得することができなければ、アレクサンダー・アルボンは2021年にアルファタウリ・ホンダF1で走っていたことを情報筋は明らかにしている。

「もちろん、去年、裕毅は非常に強力なシーズンを過ごしていたので、彼がシートを獲得した理由は理解できる。その点では恨みはない」とアレクサンダー・アルボンは語った。

アレクサンダー・アルボンは、2022年にレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのどちらかでF1に復帰することを目指していると明言する。

「僕の主な目標は、F1カーに乗ることだ。まず、目標はレッドブルである必要がある」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「2つだけではなく、4つのシートがある。実際の僕の目標は、待って、その状況を評価することだ。もちろん、全員がパフォーマンスを発揮すれば、どんな状況になるかは分かるだろうけどね」

「だから、僕サイドに関しては、今起こっていることに集中するのが僕の義務あし、チームのために最善を尽くすことに集中し、ファクトリー内、そしてみんなと一緒に自分自身を改善するためにできることをすることだけだ」

「それができたら、何が起こるかを見ていく」

以前、レッドブルは、アレクサンダー・アルボンに可能な限り走行機会を与えるために、今年、別のF1チームに彼を“貸し出す”ことを受け入れると述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ / 角田裕毅