周冠宇 「ピアストリの状況を見ればアルピーヌF1離脱は正解だった」

2022年8月5日
周冠宇 「ピアストリの状況を見ればアルピーヌF1離脱は正解だった」
周冠宇は、アルピーヌF1チームでのオスカー・ピアストリの不確実性が状況は、自分がチームを離れてアルファロメオに移籍したことが正しかったことを示していると語った。

昨年まで中国人ドライバーの周冠宇は、オスカー・ピアストリと並んでアルピーヌ・アカデミーの一員であり、2人は昨年のF2でドライバーズチャンピオンシップを争っていた。周冠宇は3位、ピアストリはタイトルを獲得した。

周冠宇、大クラッシュ後にガレージですぐに次戦のスペアパーツを心配

2022年7月15日
周冠宇、大クラッシュ後にガレージですぐに次戦のスペアパーツを心配 / アルファロメオF1
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、F1イギリスグランプリで大クラッシュを喫した周冠宇がピットに戻ったときに最初に考えていたのは、チームが次戦のオーストリアのために十分なスペアパーツを持っているかどうかだったと明かした。

シルバーストンでのスタート直後にジョージ・ラッセルに接触された周冠宇の車は、逆さまにひっくり返り、高速でトラックを滑って行った。衝撃の力で、周冠宇の車はタイヤバリアを超えてフェンスに激突し、その間に横向きに押し込まれて静止した。

周冠宇、復活18番手「新しく作られた車に適応するのに苦労した」

2022年7月9日
周冠宇、復活18番手「新しく作られた車に適応するのに苦労した」 / アルファロメオF1チーム F1オーストリアGP 予選
周冠宇(アルファロメオF1)は、2022年F1第11戦オーストリアグランプリの予選を18番手で終えた。

先週のイギリスグランプリで大クラッシュを喫した周冠宇だが、幸いにも怪我はなく連戦となるオーストリアグランプリに出場許可が下りた。車は大破したため、新たに作り直されたものであり、適応に苦戦したと周冠宇は語る。

周冠宇、大クラッシュを語る「車が炎上することを恐れていた」

2022年7月8日
周冠宇、大クラッシュを語る「車が炎上することを恐れていた」 / F1イギリスグランプリ
周冠宇は、F1イギリスグランプリでの恐ろしいクラッシュを振り返り、逆さまに閉じ込められたF1マシンが炎上することを恐れていたと語った。

F1イギリスグランプリのオープニングラップで、周冠宇は、ジョージ・ラッセルとピエール・ガスリーの接触に巻き込まれ、車は宙に浮いて逆さまになり、ランオフまで滑って後、タイヤバリアを超えてフェンスに激突した。レースは40分以上赤旗中断となった。

アルファロメオF1 「周冠宇はオーストリアGPに向けて体調万全」

2022年7月7日
アルファロメオF1 「周冠宇はオーストリアGPに向けて体調万全」
アルファロメオF1チームのフィジオを務めるジョセフ・レベラーは、今週末のF1オーストリアグランプリで周冠宇が万全な体調で臨むことを確信していると語る。

F1レジェンドのアイルトン・セナのトレーナーだったことで知られる68歳のジョセフ・レベラーは、F1イギリスグランプリで周冠宇の逆さまになり、ロールフープがなくなって、バリアに激突したときにショックを受けたと認める。

FIA、周冠宇の事故を受けてブレード型のロールフープに焦点

2022年7月5日
FIA、周冠宇の事故を受けてブレード型のロールフープに焦点 / F1イギリスGP
FIA(国際自動車連盟)は、F1イギリスグランプリでの周冠宇の恐ろしいクラッシュを徹底的に調査。アルファロメオF1がC42に採用するブレード型のロールフープが焦点になる可能性が高い。

安全性の向上を求める果てしない探求の一環として、F1の統治機関であるFIAは、各主要事故の詳細を調査し、F1ドライバーを支援するために計画どおりに機能した要因と、改善が可能な領域の理解を深めている。

周冠宇、大クラッシュも無傷 「僕は大丈夫。Haloに救われた」

2022年7月4日
周冠宇、大クラッシュも無傷 「僕は大丈夫。Haloに救われた」 / F1イギリスGP 決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、2022年F1イギリスグランプリの恐ろしいクラッシュでHaloに救われたと語った。

レーススタートで、ジョージ・ラッセル(メルセデス)が、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)に接触したことで多重クラッシュに展開。スピンしたラッセルは周冠宇にヒットし、周冠宇の車は逆さまになり、そのままグラベルへと滑っていった。

【動画】 周冠宇、車が逆さまになる大クラッシュも意識はあり

2022年7月3日
【動画】 周冠宇、車が逆さまになる大クラッシュも意識はあり / F1イギリスGP決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリ決勝のオープニングラップでの多重クラッシュで車が逆さまになる大クラッシュを喫したが、意識はあると伝えられている。

オープニングラップでは、ジョージ・ラッセル、アレクサンダー・アルボン、周冠宇、角田裕毅、エステバン・オコンが関与する大クラッシュがあり赤旗鋳鍛。ラッセル、アルボン、周冠宇はリタイアとなった。

周冠宇、自己ベスト9番手 「ルーキーにしてはそれほど悪くなかったね!」

2022年7月3日
周冠宇、自己ベスト9番手 「ルーキーにしてはそれほど悪くなかったね!」 / アルファロメオ F1イギリスGP 予選
周冠宇(アルファロメオF1)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの予選を9番手で終えた。

F1でシルバーストン・サーキットが初めてとなる周冠宇は、ウェットコンディションという難しい予選を迎えたが、ミスのない走りで2戦連続となるQ3進出。自己ベストとなる予選9番手で終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム