フォード レッドブルとの2026年F1パワーユニット開発は「順調に進行」

2024年1月20日
フォード レッドブルとの2026年F1パワーユニット開発は「順調に進行」
フォードのジム・ファーリーCEOは、レッドブル・パワートレインズとの2026年F1パワーユニット開発のこれまでの進歩に「本当に満足している」と語った。

昨年初め、フォードとレッドブルは2030年末までの協力契約を結んだ。この提携には基本的なブランドスキームが含まれるが、フォードはミルトン・キーンズにエンジニアチームを派遣し、F1の次世代パワーユニットレギュレーションの重要な要素であるバッテリーとハイブリッド技術でRBPTを支援する。

レッドブルF1代表 「フォードとGMの戦いはアメリカ市場をさらに刺激する」

2024年1月19日
レッドブルF1代表 「フォードとGMの戦いはアメリカ市場をさらに刺激する」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、アメリカの巨大自動車メーカーであるフォードとGMの戦いが、マックス・フェルスタッペンのF1制覇と折り合いをつけつつあるアメリカ市場にとって火に油を注ぐことになると感じている。

長年にわたってアメリカへの進出を試みてきたF1だが、ここ数年は目を見張るような成功を収めている。昨年はマイアミとオースティンにラスベガスが加わり、国内で3つのグランプリを獲得して現在最高潮に達している。

レッドブルF1代表 RBPTエンジンプロジェクトは「うまくいくと確信」

2024年1月18日
レッドブルF1代表 RBPTエンジンプロジェクトは「うまくいくと確信」
レッドブル・レーシングのF1チームであるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルが2026年にF1パワーユニットを自社製に切り替える際、自社エンジンプロジェクトに着手するという「大胆」な決断がうまくいくに違いないと信じている。

このプロジェクトは2年前から進められており、レッドブルはF1パワーユニットの電気式MGUを製造するフォードとともに、独自の内燃エンジンを製造することを選択した。

フォード レッドブルとF1制覇を目指す 「最高のパートナーを探した」

2024年1月17日
フォード レッドブルとF1制覇を目指す 「最高のパートナーを探した」
フォードは、2026年にレッドブルと提携してF1に復帰する。提携はまだ2年先だが、このアメリカの巨大自動車メーカーは、F1パワーユニットの生産をサポートする。レッドブルとの提携を確保する前にF1に参戦するための「最高のパートナー」を探していたと主張する。

フォードは、1960年代、70年代、80年代にエンジンメーカーとしてロータス、ティレル、ウィリアムズなどのチームにエンジンを供給しており、過去にはF1で大きな成功を収めました。

レッドブル・パワートレインズ F1パワーユニット開発でシーメンスと提携

2023年11月22日
レッドブル・パワートレインズ F1パワーユニット開発でシーメンスと提携
レッドブル・フォード・パワートレインズは、2026年のF1シーズンに向けて、シーメンス・デジタル・インダストリーズ・ソフトウェアと提携し、Siemens Xceleratorの産業用ソフトウェア・ポートフォリオを活用し、ICE/電気駆動の次世代ハイブリッドパワーユニット(PU)を短期間で開発している。

2026年シーズン、レッドブル・フォード・パワートレインズは、オラクル・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファ・タウリF1チームのためにパワーユニットを製造し、F1シリーズにパワーユニットを供給する6つのメーカーのうちの1つとなる。

レッドブル・パワートレインズ、F1活動初期ですでに大幅な利益を計上

2023年10月12日
レッドブル・パワートレインズ、F1活動初期ですでに大幅な利益を計上
レッドブルの新しいF1パワートレイン部門であるレッドブル・パワートレインズは、まだ初期段階にあるにもかかわらず、すでに大幅な利益を記録している。

ホンダが2021年末にF1から撤退したことを受け、レッドブルは当初、2026年の新レギュレーション導入を考慮して独自のシステムを構築しながら、2025年までホンダのF1パワーユニットを維持することを選択することで、F1へのコミットメントを強調した。

レッドブルF1、フォードと協力して2026年F1エンジンの初始動を準備

2023年8月1日
レッドブルF1、フォードと協力して2026年F1エンジンの初始動を準備
レッドブル・パワートレインズは、新たなパートナーであるフォードとの協力のもと、最初の2026年F1エンジンをファイヤーアップさせる準備を進めている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「今後数週間のうちに、内燃エンジン、MGU-K、バッテリーを搭載した最初のコンプリートユニットがテストベンチで稼働する予定だ」とスパ・フランコルシャンでSpeed Weekに語った。

レッドブルF1代表 「フォードはRBPT製PUに成果をもたらしている」

2023年7月15日
レッドブルF1代表 「フォードはRBPT製PUに成果をもたらしている」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、フォードが2026年のF1参戦に向けてレッドブル・パワートレインズ部門とのパートナーシップが構築される中で「さらなる成果をもたらしている」と語った。

しかし、ホーナーは、フォードはビジネスに干渉しておらず、ミルトンキーンズのエンジニアリングチームに仕事を任せていると強調した。

レッドブルF1代表 「ライバルは我々のパワーユニットの前進に脅し文句」

2023年7月8日
レッドブルF1代表 「ライバルは我々のパワーユニットの前進に脅し文句」
レッドブルは、F1パワートレインの取り組みを予定より早く進めており、その前進によってライバルから「脅し文句」が飛び交っていると考えている。

ミルトンキーンズを拠点とするレッドブルは、2026年シーズンの開幕から独自のパワーユニットを生産するという野心的なプログラムに着手した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»
 
F1-Gate.com ホーム