フォード 「F1でのセネラルモーターズとの競争を歓迎」

2024年5月24日
フォード 「F1でのセネラルモーターズとの競争を歓迎」
フォードのモータースポーツ担当ボス、マーク・ラッシュブルックはF1でのゼネラルモーターズとの競争を歓迎すると語る。

フォードは、レッドブルと提携して新しいパワートレインを開発し、2026年にF1に復帰する予定だ。当初はマーケティング的な取り決めだったものが、両者の技術的なパートナーシップへと発展している。

フォード レッドブルF1と共同開発のパワーユニットは「独自の目標を達成」

2024年5月13日
フォード レッドブルF1と共同開発のパワーユニットは「独自の目標を達成」
フォードは、レッドブルと共同開発を進めているF1パワーユニットの開発が遅れているとの主張に反論した。しかし、ライバルのサプライヤーがどこにいるかは「全く分からない」と認めた。

レッドブルが設立した社内パワーユニット部門、レッドブル・パワートレインズのテクニカルパートナーとして2026年にF1に再参入する。新しいパワーユニットは電気システムを強化し、合成燃料を使用する。

フォード ニューウェイ退団のレッドブルF1へのコミットメントは「変わらない」

2024年5月9日
フォード ニューウェイ退団のレッドブルF1へのコミットメントは「変わらない」
レッドブル・レーシングの2026年エンジンパートナーであるフォードは、デザイナーのエイドリアン・ニューウェイの退団が間近に迫っているが、F1チームへのコミットメントは 「変わらない 」と語った。

先週初め、レッドブルはエイドリアン・ニューウェイが、20年間在籍し、7回のドライバーと6回のコンストラクターズチャンピオンを獲得したミルトンキーンズに本拠を置くF1チームから退団することを発表した。

レッドブルF1代表 2026年F1エンジンプロジェクトは「ここまで目標を達成」

2024年4月17日
レッドブルF1代表 2026年F1エンジンプロジェクトは「ここまで目標を達成」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ミルトン・キーンズの拠点での作業が続く中、2026年F1エンジンプロジェクトはこれまでに設定した「目標を達成している」と語った。

レッドブル・パワートレインズはフォードと協力し、F1の新ルール時代に向けて現ワールドチャンピオンチームにエンジンを供給する。

フェルスタッペン レッドブル製F1エンジンは「パニックになる必要はない」

2024年4月3日
マックス・フェルスタッペン レッドブル製F1エンジンは「パニックになる必要はない」
マックス・フェルスタッペンが、2026年F1シーズンに向けたレッドブルのパワーユニットの準備状況について「パニックになる必要はない」と語った。

2026年、F1は高価で複雑なMGU-Hシステムを廃止し、代わりにMGU-Kによる電力に重点を置いたパワーユニットレギュレーションに切り替わる。

レッドブルF1 フォードと開発中の2026年F1エンジンのサウンドを公開

2024年3月31日
レッドブルF1 フォードと開発中の2026年F1エンジンのサウンドを公開
レッドブル・レーシングは、フォードと開発を進めている2026年F1エンジンのサウンドを公開した。

現在、ホンダ・レーシング(HRC)からパワーユニットを供給されているレッドブル・レーシングだが、2026年F1シーズンからフォードとのパートナーシップのもとに独自のパワートレインを生産する。これにより、ホンダとのパートナーシップは終了し、ホンダはアストンマーティンのワークスパートナーとなる。

レッドブルF1 フォードがF1アカデミーのタイトルスポンサーとして支援

2024年3月8日
レッドブルF1 フォードがF1アカデミーのタイトルスポンサーとして支援
フォードは、レッドブルF1チームのF1アカデミープログラムへのタイトルスポンサーになることを発表し、レッドブルへの支援を表明した

フォードのロゴは、F1アカデミーでレッドブルを代表するエミリー・デ・ホイスのドライビングスーツとMPモータースポーツが運営するマシンに表示される。

クリスチャン・ホーナーF1チーム代表問題 フォードがレッドブルに圧力

2024年2月26日
クリスチャン・ホーナーF1チーム代表問題 フォードがレッドブルに圧力
フォードはレッドブルに対し、F1チーム代表のクリスチャン・ホーナーにまつわる疑惑の調査を完了させるよう圧力を強めた。

女性従業員によるホーナーへの疑惑をめぐるレッドブルの調査の進展について沈黙が続く中、フォードはエナジードリンク会社に対し、事態を収拾するよう要求のハードルを上げた。

フォード レッドブルF1のホーナー問題に「高い行動基準と誠実さを期待」

2024年2月18日
フォード レッドブルF1のホーナー問題に「高い行動基準と誠実さを期待」
フォードのモータースポーツ責任者であるマーク・ラッシュブルックは、レッドブル・レーシングのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーの調査が続く中、米自動車大手が「非常に高い行動基準と誠実さ」を期待していると語った。

F1で最も長くチームを率いるクリスチャン・ホーナーは現在、レッドブル・レーシングの従業員による不適切な行為の告発と戦っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»
 
F1-Gate.com ホーム