ミック・シューマッハ、2018年もヨーロッパF3選手権に参戦へ

2018年1月4日
F1 ミハエル・シューマッハ ミック・シューマッハ
ミック・シューマッハは、2018年もヨーロッパF3選手権に参戦し、2年目のシーズンを迎えることになるようだ。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子ミック(18歳)は、今年プレマからヨーロッパF3選手権に初参戦。12位でシーズンを終えた。

La Gazzetta dello Sport は、今後数日でプレマがミック・シューマッハと2018年の契約に合意すると報道。

フェラーリ育成のシュワルツマン、プレマからヨーロッパF3に参戦

2017年12月17日
フェラーリ・ドライバー・アカデミー ロバート・シュワルツマン フォーミュラ3
フェラーリ・ドライバー・アカデミーに所属するロバート・シュワルツマンガ、2018年にプレマパワーからヨーロッパF3選手権に参戦することが発表された。

ロシア出身のロバート・シュワルツマン(18歳)は、今シーズン、フォーミュラ・ルノー・ユーロカップで3位となり、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員となった。

フェラーリ育成のアームストロング、プレマからヨーロッパF3に参戦

2017年12月9日
フェラーリ・ドライバー・アカデミー マーカス・アームストロング フォーミュラ3
フェラーリ・ドライバー・アカデミーに所属するマーカス・アームストロングが、2018年にプレマパワーからヨーロッパF3選手権に参戦することが発表された。

ニュージランド出身のマーカス・アームストロングは、カーレーシング初年度にイタリアF4でタイトルを獲得。ドイツF4でもタイトル争いを展開した。

マーカス・アームストロングは、9月にマニクールでプレアとのテストを実施。アルガルベとヘレスでもテストを実施している。

【マカオGP】 FIA F3:ランド・ノリスが暫定ポールポジション

2017年11月16日
マカオグランプリ FIA F3ワールドカップ ランド・ノリス
2017年 マカオグランプリ FIA F3ワールドカップの予選1回目が16日(木)に行われ、マクラーレンの育成ドライバーでヨーロッパF3チャンピオンのランド・ノリスが暫定ポールポジションを獲得した。

マカオGPは、欧州や日本など世界各地で行われているF3シリーズのランキング上位者が、マカオ市街地のコースで戦う伝統のレース。過去にはアイルトン・セナやミハエル・シューマッハらが優勝しており、日本人ドライバーでは、2001年に佐藤琢磨、2009年に国本京佑が優勝を成し遂げている。

ミック・シューマッハ、2018年もヨーロッパF3に参戦の意向

2017年10月19日
ミック・シューマッハ
ミック・シューマッハは、2018年もヨーロッパF3に参戦することになるようだ。

ミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハ(18歳)は、ヨーロッパF3に初参戦。エイドリアン・ニューウェイの息子ハリソン・ニューウェイのひとつ後ろの12位でシーズンを終えた。

【ヨーロッパF3】 ランド・ノリスが2017年のチャンピオンを獲得!

2017年10月15日
ランド・ノリス ヨーロッパF3選手権 マクラーレン
マクラーレンの育成ドライバーであるランド・ノリスが、2017年のヨーロッパF3選手権のチャンピオンを獲得した。

今年、カーリンからヨーロッパF3選手権に初参戦したランド・ノリス(17歳)は、先月のレッドブル・リンクのレース3でクラッシュを喫して最終ラウンドまでタイトル獲得が先延ばしになっていた。

【全日本F3選手権】 高星明誠が2017年のシリーズチャンピオン獲得

2017年9月25日
全日本F3選手権 高星明誠
高星明誠が、2017年の全日本F3選手権のドライバーズチャンピオンを獲得した。

今年、B-MAX RACING TEAM WITH NDDPから全日本F3選手権に参戦した高星明誠(たかぼし みつのり、24歳)は、23日(土)にスポーツランドSUGOで行われた第19戦の決勝で4位でフィニッシュ。3ポイントを加え145ポイントとし、翌日の最終戦を残して2017年ドライバーズチャンピオンを確定させた。

【ヨーロッパF3】 牧野任祐がレース復帰、予選1回目18番手

2017年8月19日
ヨーロッパF3選手権 牧野任祐
手首の負傷により前戦スパ・フランコルシャン戦を欠場していた牧野任祐が、第7戦ザントフールトで復帰を果たした。

ホンダの育成ドライバーである牧野任祐(ハイテックGP)は、第5戦ノリスリンクでの最終レースでハリソン・ニューウェイと接触。手首と指を負傷し、手首にプレートを埋め込む手術を受けていた。

牧野任祐、手首の負傷でヨーロッパF3選手権を欠場へ

2017年7月3日
牧野任祐 ホンダ
ホンダの育成ドライバーである牧野任祐は、日曜日のレースで手首を負傷し、少なくともヨーロッパF3選手権の今後2戦を欠場する見込みとなった。

牧野任祐は、ノリスリンクでの最終レースで13番手を争うハリソン・ニューウェイにオーバーテイクを仕掛けて接触。事故は小規模なものだったが、牧野任祐は手首にプレートを埋め込む手術が必要となり、親指と手にも負傷を負った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム