名門カーリンにロダン・カーズが出資 『ロダン・カーリン』に名称変更
イギリスのジュニアシリーズの名門チームであるカーリンが、ニュージーランドの自動車コンストラクターからの出資により、ロダン・カーリンとなった。

オーストラリアの実業家であるデイヴィッド・ディッカーが率いるロダン・カーズが、ファーナムを拠点とするチームの大株主となることが決定。トレバーとステファニーのカーリン夫妻は、引き続きチームの指揮を執り、人事や運営に変更はない。

イギリスF4、FIA F3、FIA F2、イギリスGB3に参戦しているチームは、2023年にはF1アカデミーとスペインF4にも参入する予定だ。

カーリンは1999年以来、F4、F3、F2、インディライツ、インディカー、ELMS、アジアン・ル・マン・シリーズで470勝を挙げ、30個のタイトルを獲得してきた。また、30人以上のドライバーをF1へ昇格させることに貢献した。

2022年にカーリンのF2およびF4レースで優勝したリアム・ローソンとルイス・シャープのスポンサーを務めたロダン・カーズは、高性能トラックカーの生産に注力する新興自動車コンストラクターである。

カーリンは以前、2010年にグレアム・チルトンのカプシカム・モータースポーツから多額の投資を受け、再編成が行われたことがある。

ロダン・カーリンのデビッド・ディッカー会長は「我々は、カーリンとの過去のシーズンにおいて、リアムとルイとの関わりを通して非常に感銘を受け、彼らは素晴らしい成功を収めている」とコメント。

「トレバーと私は同じ野望を共有しており、チームがすでに達成できることを直接見てきたので、将来の原動力の一部になることは非常にエキサイティングなことだ」

「このチームへの投資は、私が長年情熱を注いできたモータースポーツ分野での私たちの意思を強調するものだ」

「トレバーと私は、ロダン・カーリン・チームはこれからのシーズンで最前線に立つことを確固たるものにするパフォーマンスとコンペティションに執着している」

新生ロダン・カーリンは今シーズン、ゼイン・マロニーとエンツォ・フィッティパルディの2人のレッドブル・ジュニアをF2で走らせ、ハンター・イエニーとオリー・グレイはすでに3人のF3ドライバーのうちの2人として確定している。

トレバー・カーリンは、「ロダン・カーリンとしてチームの新しい時代を開始し、レースとチャンピオンシップの勝利の物語を続けることに非常に興奮している」と語った。

「デビッドは、我々が戦うすべてのチャンピオンシップで最前線のチームになるという我々のビジョンを共有しており、私はロダン・カーズのような革新的な企業と一緒にこの旅に参加できることに興奮している」

「また、株主およびビジネスパートナーとして、過去13シーズンにわたって信じられないほどのサポートをしてくれたグラハム・チルトンにも感謝したい」

「私たちは、一緒に仕事をしている間に、世界中で複数のチャンピオンシップやレースを獲得し、数えきれないほどのドライバーをトップレベルへと押し上げる手助けをした」

「我々の素晴らしいファクトリーは、私たちが共に築き上げた素晴らしい遺産であり続ける」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2 / F3