ホンダF1育成の岩佐歩夢、レース1でF3初優勝を達成 / 第4戦
2021年FIA-F3選手権第4戦が、7月31日(土)に2レースが行われ、レース1では岩佐歩夢(Hitech GP)が同シリーズでの自身初優勝を果たした。

現地時間午前10時35分にスタートしたレース1は、曇り空の下、気温24℃、路面温度35℃というコンディション。前日の予選で10番手となった岩佐歩夢は、上位12台がリバースグリッドとなるレギュレーションにより、2列目3番手からスタートした。

好スタートを決めた岩佐歩夢は、2番手に迫りながらも慎重にレースを運び、3番手をキープして1周目を終えた。追い抜きが難しいハンガロリンクでの戦いは、序盤からほぼ全車が1列に連なり、接近しながらもポジションをキープする展開となる。

8周目、トップのマシンがトラブルで脱落し、岩佐歩夢は2番手にポジションを上げた。岩佐歩夢は首位との差を1秒前後に保ち、レースは終盤戦に入る。16周目にマシントラブルでストップしたマシンを回収するため、セーフティカーが導入され、2周にわたって先導走行となる。19周目にレースが再開されると、岩佐歩夢は首位に迫ろうとするが、ペースは上がらず、2番手で22周のレースを終えた。

暫定2位でF3初の表彰台に上がった岩佐歩夢だが、その後優勝者にセーフティカー先導中の走行違反による5秒のタイムペナルティーが科され、岩佐歩夢が繰り上がりで優勝。待望のF3初優勝を成し遂げた。

午後6時05分、気温29℃、路面温度45℃のコンディションでレース2が行われた。レース1の上位12台がリバースグリッドとなるため、レース1で優勝した岩佐歩夢は6列目12番手からのスタート。

好スタートを切った岩佐歩夢は、第1コーナーでの位置取りもよく、ポジションを上げることに成功し、1周目を11番手で終えた。レース1同様、レースはすぐに1列で連なる接近した展開になるが、オーバーテイクは難しく、岩佐歩夢はレース終盤まで前後とも1秒以内の差を保ったまま11番手をキープ。

19周目、上位車がドライビングミスで脱落し、岩佐歩夢は10番手にポジションを上げてポイント獲得圏内へ。その後も迫る後続を抑えて、岩佐歩夢は10位でフィニッシュ。レース1に続いてポイント獲得を獲得した。

岩佐歩夢
「レース1での優勝はとてもうれしく、今後につながる結果だと思います。ただ、実際には周りに比べてペースが足りなくて、マシンバランスがあまりよくなかったので、追い抜きが難しいコースに助けられた面もあると思っています。マシンのバランスがよくないので、その分タイヤへの負荷も大きくなってしまい、終盤はタイヤが厳しい状態でした。そうなることは予想していたので、チームとともにタイヤマネージメントについてはいろいろと話し合っていて、マネージメント自体は問題なくやれていたのですが、それでも最後は苦しくなりました。レース2は、ユーズド(中古)タイヤでスタートしました。マシンのセッティングも大きく変えて、ドライビングもいろいろ変化を試してみました。トライとしてはよかったと思いますが、やはり周りに比べてペースは欠けていて、マシンのバランスも改善には至りませんでした。レース3は10番手から新品タイヤでスタートするので、オーバーテイクもアグレッシブにトライしていきたいと思います。少しでもマシンを改善し、ドライビングの課題をクリアにするために、これからエンジニアとミーティングをしっかりやってレース3に臨みます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F3