カルン・チャンドック、2011年はロータスのリザーブドライバー?

2010年10月23日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、2011年にむけてロータスと交渉していると噂されている。

パドックの噂では、カルン・チャンドックは、2012年のレースシート昇格を目指して、2011年はロータスのリザーブドライバーを務めるかもしれないという。

カルン・チャンドックは、今年ヒスパニア・レーシングでF1デビューを果たしたが、シーズン途中で山本左近にシートを奪われている。

カルン・チャンドック、山本左近のレースシート騒動に口を閉ざす

2010年9月26日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、かつての自信のヒスパニア・レーシングのシートにまつわる騒動にコメントすることを拒否している。

山本左近が食中毒でレースを欠場することが発表された際、パドックの多くの者がカルン・チャンドックではなく、クリスチャン・クリエンが代理を務めることに戸惑いをみせた。

カルン・チャンドックは、レースシートを失ってからもマシンに戻ることを願って全てのレースに出席している。

カルン・チャンドック 「インドGPまでにコックピットを確保したい」

2010年9月9日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、来年F1インドGPが開催されることに興奮しているが、まずは2011年のコックピットを確保しなければならない。

インド人ドライバーのカルン・チャンドックは、現在ヒスパニア・レーシングと契約しているが、より多くのスポンサー資金を持ち込んでいるとされる山本左近にシートを奪われ、今シーズンはレースに出場することはないとみられている。

カルン・チャンドック Q&A : 韓国インターナショナルサーキット

2010年9月6日
カルン・チャンドック
F1ドライバーで初めて韓国インターナショナルサーキットを走行したカルン・チャンドックが、新しい韓国のトラックについて語った。

カルン、あなたは新しい韓国のトラックを体験した始めてのF1ドライバーです。どのようにしてそうなったのですか?
まず最初に、僕を招待していくれたKAVO(韓国オート・バレー・オペレーション:レース主催者)とレッドブル、そして新しい韓国インターナショナルサーキットをドライブする初のF1ドライバーとなることを許可してくれたヒスパニア・レーシングに感謝しなければならない。大変名誉なことであり、ずっと記憶に残ると思う。

カルン・チャンドック、韓国インターナショナルサーキットを語る

2010年9月4日
カルン・チャンドック
韓国インターナショナルサーキットで初めてF1マシンで走行を行ったカルン・チャンドックが、サーキットの印象を語った。

10月24日に決勝レースが予定されているF1韓国GPだが、サーキット建設が遅れ、キャンセルになるとの懸念もある。

しかし、レッドブルのF1マシンで14周を走行したチャンドックは、サーキットの準備は間に合うだろうと語る。

カルン・チャンドック、韓国インターナショナルサーキットで初走行

2010年9月4日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、韓国インターナショナルサーキットを初走行。自身のTwitterでサーキットの印象をコメントしている。

完成とはほぼ遠い画像が公開され、開催に疑問の声があがっているF1韓国GP。4日、レッドブルのF1デモ走行イベントでレッドブルのショーカーで韓国インターナショナルサーキットを初走行するチャンドックが早速Twiterでサーキットの状態を実況した。

カルン・チャンドック、しばらくはシートを取り戻せず?

2010年8月28日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、少なくとも10月後半までコックピットに戻ることはないようだ。

今週のF1ベルギーGPでもカルン・チャンドックは山本左近にシートを明け渡し、3戦連続でレース出走を逃した。

スパ・フランコルシャンの噂によると、カルン・チャンドックは、次のモンツァ、シンガポール、鈴鹿、韓国でもコックピットに戻ることはないという。

カルン・チャンドック、韓国インターナショナルサーキットでF1デモ走行

2010年8月26日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、韓国インターナショナルサーキットでF1デモ走行をすることが明らかになった。

チャンドックは、9月4日(土)に開催される「サーキット・ラン2010」でレッドブルのショーカーを走らせる予定であり、同サーキットを走る初のF1ドライバーとなる。

「レッドブルとはジュニア・プログラムの時代からお互いに知っている」とチャンドックはコメント。

カルン・チャンドック、ベルギーGPでのレース復帰を望む

2010年7月29日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、ベルギーGPでヒスパニア・レーシングのレースシートに戻ることを望んでいる。

ヒスパニア・レーシングは、今週末のハンガリーGPでもカリン・チャンドックに代えて、山本左近がレースに手中上することを発表した。

カルン・チャンドックは、先週末のドイツGP同様、イギリスのラジオ解説者の仕事でハンガリーに向うことになっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム