カルン・チャンドック、ローテーション方針を尊重

2010年7月21日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、今週末のドイツGPで彼を乗せないというヒスパニア・レーシングの決定を尊重していると主張する。

カルン・チャンドックは、ホッケンハイムでリザーブドライバーの山本左近にシートを明け渡すことになった。

ヒスパニア・レーシングには、カルン・チャンドック、ブルーノ・セナ、山本左近、クリスチャン・クリエンという4名のドライバーが所属しており、ドライバーを交替で起用することを計画しているようだ。

カルン・チャンドック 「HRTとの関係が終わったわけではない」

2010年7月18日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、2010年シーズン後半にヒスパニア・レーシングでF1グリッドに戻れることを願っている。

カルン・チャンドックは、次戦ドイツGPで山本左近にシートを譲ることとなった。

「今年後半にはレースに戻れると思っている」とカルン・チャンドックは BBC にコメント。

カルン・チャンドック 「残りのシーズンについては決まっていない」

2010年7月17日
カルン・チャンドック
F1ドイツGPのシートを失ったカルン・チャンドックは、2010年の残りのレースのことはわからないが、不参戦は短期間であると楽観的に考えている。

イギリスGPでブルーノ・セナの代わりに山本左近を走らせた一週間後、ヒスパニア・レーシングは今度はカルン・チャンドックに変えてドイツGPに山本左近を出走させることを発表した。

カルン・チャンドックは、現時点でドイツGP以降の計画についてはわからないが、彼のシーズンが終わったとは思っていないと述べた。

山本左近、カルン・チャンドックに代わってドイツGPに参戦

2010年7月17日
山本左近
山本左近が、カルン・チャンドックに代わってヒスパニア・レーシングからドイツGPに参戦することが発表された。

先週末のイギリスGPで、ヒスパニア・レーシングはブルーノ・セナの代わりに500万ドル(約4億3,000万円)のスポンサー資金を持つとされる山本左近を出走させた。

ヒスパニア・レーシングは16日に声明を発表。「シルバーストンで非常にポジティブなパフォーマンスをみせた」山本左近に、ドイツGPではブルーノ・セナとともに「マシンをドライブするさらなるチャンス」を与えると述べた。

カルン・チャンドック、F1インドGPのプロモーターとスポンサー契約

2010年7月13日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、来年のF1インドGP初開催にむけてグレーター・イノダにサーキットを建設しているジャイピー・スポーツ・インターナショナルとスポンサー契約を結んだ。

この契約は、20万ドル(約1770万円)とされ、残りのシーズンのチャンドックのマシンにジャイピー・グループのロゴが掲載される。

チャンドック自身もジャイピー・グループの大使として活動する。

カルン・チャンドック:F1イギリスGPプレビュー

2010年7月3日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、シルバーストンで行われるF1イギリスGPへの意気込みを語った。

カルン・チャンドック (ヒスパニア・レーシング)
「僕はブラックリーから5分くらいの場所に住んでいてホームレースでもあるので、シルバーストンでのレースをいつも楽しみにしている。サーキットのレーススクールで勉強していたので、F1で戻れるなんて最高だ。だから、トラックは知っているし、F3とGP2ですでに何度か表彰台を達成している。でも、今年は改修によってレイアウトが違っている」

カルン・チャンドック、イタリアGP後にシートを喪失?

2010年6月26日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、イタリアGPを最後にヒスパニア・レーシングのシートを失うと報じられている。

最近、カルン・チャンドックのスポンサーマネーが底をついたため、2010年シーズン末を待たずにシートを失う危険があると噂されていた。

ドイツの Speedweek は9月のイタリアGPがカルン・チャンドックの最後のレースになるかもしれないと報じている。

カルン・チャンドック、シート喪失の噂を否定

2010年6月22日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、ヒスパニア・レーシングのシートを失うかもしれにないとの報道を否定した。

報道では、カルン・チャンドックのスポンサー資金が底をつき、ヒスパニア・レーシングのチーム代表コリン・コレスは潜在的な後任と交渉されているとされていた。

噂では、クリスチャン・アルバース、ナレイン・カーティケヤン、パストール・マルドナド、そしてヒスパニア・レーシングでリザーブドライバーを務める山本左近とクリスチャン・クリエンなどの名前が挙げられていた。

カルン・チャンドック 「アロンソに謝罪したい」

2010年6月20日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、F1カナダGPでチャンスを犠牲にしてしまった件でフェルナンド・アロンソと話をすることを望んでいる。

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンと優勝を争っていたが、戦略でプッシュする必要があるときにカルン・チャンドックに引っかかり、そのラップだけで2秒ロスした。

フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロは、ヒスパニア・レーシングのバックマッカーによってタイムを失い、アロンソの優勝の機会を逃したと批判。再び新チームへの“口撃”を行った。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム