カルン・チャンドック:F1ヨーロッパGPプレビュー

2010年6月19日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、F1ヨーロッパGPへの意気込みを語った。

カルン・チャンドック (ヒスパニア・レーシング)
「バレンシアはチームにとって今年2度目のホームレースだし、いつも雰囲気がかなり良くて非常に特別だ。このサーキットでのイベントを楽しみにしているし、すでにGP2でレースをしたことがある。トラックは、モナコやモントリオールと違って非常にワイドでランオフエリアもたくさんあるので、典型的なストリートサーキットではないね」

カルン・チャンドック、シート喪失の可能性?

2010年6月13日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、スポンサーからの資金が尽きた場合、ヒスパニア・レーシングのシートを失う可能性があると報じられている。

インド紙 Hindustan Times は、ヒスパニア・レーシングのチーム代表コリン・コレスが、チャンドックの後任ドライバーと交渉中であると報じた。

候補のひとりとして、クリスチャン・アルバースの名前が挙げられている。アルバースは、ミナルディ、ミッドランド、スパイカーでF1経験があり、DTMやル・マンでもコリン・コレスのチームに在籍していたことがある。

カルン・チャンドック、2011年のフォース・インディア移籍を狙う

2010年6月11日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、2011年に苦戦するヒスパニア・レーシングからフォース・インディアに移籍することへの彼なりの考えを語った。

カルン・チャンドックは、今シーズンこれまでブルーノ・セナと並んで競争力を示していることに満足しているが、同郷のビジェイ・マリヤが率いるフォース・インディアのドライバーになることはより多くの意味があると語る。

カルン・チャンドック:F1カナダGPプレビュー

2010年6月7日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、F1カナダGPへの意気込みを語った。

カルン・チャンドック (ヒスパニア・レーシング)
「モントリオールでは一度もレースをしたことがないので、サーキットを経験できることを本当に楽しみにしている。雰囲気は独特なものになるとパドックのみんなに教えられた。トラック字立ちはたくさんのバンプや縁石があってかなりトリッキーだし、典型的なストリートサーキットだね」

カルン・チャンドック 「ジェフ・ウィリスがHRTの将来を握っている」

2010年5月26日
ジェフ・ウィリス
カルン・チャンドックは、ヒスパニア・レーシングの技術コンサルタントを務めるジェフ・ウィリスが、チームの今後の進歩のために重要な存在になると考えている。

ジェフ・ウィリスは、今年ヒスパニア・レーシングが良い状態でグリッドに着くためにアドバイザーとして雇われた。

序盤戦のF110のパフォーマンス不足に失望して離脱をほのめかしていたウィリスだが、シャシーの改善に取り組むためにチームに留まった。

カルン・チャンドック:F1トルコGPプレビュー

2010年5月25日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックが、F1トルコGPへ向けての意気込みを語った。

カルン・チャンドック (ヒスパニア・レーシング)
「モナコでは力強さを示せたので、イスタンブールでレースをするのを楽しみにしている。途中で終えなければならなかったのは残念だけど、チームは良い仕事をしていたので誇りに思っていいと思う。トルコはモナコとは完全に異なるチャレンジだ。ここ数年にわたってGP2でうまくやれていたし、2007年はリタイアを強いられるまでレースをリードしていた。」

ビジェイ・マリヤとバーニー・エクレストン、チャンドックの実力を認めず?

2010年5月20日
カルン・チャンドック
ビジェイ・マリヤとバーニー・エクレストンは、カルン・チャンドックをトップドライバーとして認めていないようだ。

F1公式サイトの対談で、両者はグリッドにインディアン人のトップドライバーを望んでいることを認めた。

フォース・インディアのチームオーナーであるビジェイ・マリヤは、現在、ドイツ人のエイドリアン・スーティル、イタリア人のヴィタントニオ・リウッツィ、スコットランド人のポール・ディ・レスターいうドライバーラインナップを揃えている。

カルン・チャンドック 「HRTの将来は心配していない」

2010年5月20日
カルン・チャンドッック
カルン・チャンドッックは、ヒスパニア・レーシングの将来について「心配していない」と主張している。

F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、ヒスパニア・レーシングが財政的に困難な状況になることを示唆しており、最近の報道では来月のカナダGPまでにスペアパーツが尽きてしまうとも言われている。

実際、チーム代表のコリン・コレスは、バーニー・エクレストンが、風洞や独自マシンを設計するための施設の使用を含めたヒスパニア・レーシングの2011年の技術計画に協力していると認めている。

カルン・チャンドック 「接触は見た目ほど酷くはなかったよ」

2010年5月18日
カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、モナコGPでのヤルノ・トゥルーリとの接触は見た目ほど酷くはなかったと語る。

モナコGPの決勝レースの残り3周、ヤルノ・トゥルーリはラスコスでカルン・チャンドックを追い越そうとした。しかし、両者は接触し、トゥルーリのマシンはチャンドックのマシンの上に飛び上がり、危うく大惨事になるところだった。

幸いにもトゥルーリのマシンは、チャンドックのヘルメットに直撃することはなく、チャンドックは無傷で済んだ。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム