カルン・チャンドック
韓国インターナショナルサーキットで初めてF1マシンで走行を行ったカルン・チャンドックが、サーキットの印象を語った。

10月24日に決勝レースが予定されているF1韓国GPだが、サーキット建設が遅れ、キャンセルになるとの懸念もある。

しかし、レッドブルのF1マシンで14周を走行したチャンドックは、サーキットの準備は間に合うだろうと語る。

「施設、ガレージ、チームビルディングはかなり完成しているようだ。それに大きいね」とチャンドックは語る。

「チームがそれらを完全に満たすために30%くらい多くの備品を持ち込む必要があるね! グランドスタンドもそれなりに完成しているようにみえる」

「トラック自体は、アスファルトや縁石にもう少し作業が必要だけど、オーガナイザーはスケジュールの範囲内だと考えているし、時間通りに準備ができると確信している。ロケーションは素晴らしい、海を見渡すことができる」

カルン・チャンドックはトラック自体にも感銘を受けており、オーバーテイクのチャンスもたくさんあるだろうと語る。

「本当に面白いレイアウトだよ」

「トラックはコーナーがうまく混ざり合っているし、ロングストレートが低速ヘアピンに繋がっているセクター1では多くのオーバーテイクが見られると思う」

「ターン1とターン2のあとのストレートは本当に長いし、上海のようにたくさんのスリップストリームがみられるかもしれない」

「ターン7の前からスタートフィニッシュラインまでずっと流れるような高速コーナーのセクションがあるので、レッドブル・レーシングのスタッフにはセクター2とセクター3は嬉しいだろうね。面白いレイアウトだよ」

レッドブルは、イベントに約4000人の観客を動員したと発表。イベントではフォーミュラBMWと地元のツーリングカーのマシンもサーキットにトライした。

「確かにここにはF1への熱意がある。あまり宣伝されていなかったけど、今日はイベントにたくさんの人や多くのメディアがきていた。関心の高さを示しているよね」

「オーガナイザーはかなりの量のチケット売ったといっているので、良いレースになるだろう」

カルン・チャンドック F1デモ走行 カルン・チャンドック 囲み取材 韓国インターナショナルサーキット


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルン・チャンドック | F1韓国GP