ケータハム、小林可夢偉のチームメイトにマックス・チルトンを起用?

2014年11月17日
マックス・チルトン
小林可夢偉と共に今週末のF1アブダビGPでケータハムから参戦するドライバーとして、マックス・チルトンの名前が挙がっている。

今シーズン、マックス・チルトンはマルシャから参戦していたが、先月マルシャはケータハムと同様に管財人の管理下に置かれ、アメリカGPとブラジルGPを欠場していた。

ケータハム、小林可夢偉の最終戦F1アブダビGP出場を発表

2014年11月17日
小林可夢偉
ケータハムは、最終戦F1アブダビGPに小林可夢偉が出場することを発表した 。

管財人の管理下に入り、アメリカとブラジルを欠場したケータハムだか、クラウドファンディングにより資金をつ募り、最終戦アブダビGPには出場できることを発表していた。

小林可夢偉は「おかげさまでアブダビGPに出場できることになりました」とコメント。

ロベルト・メルヒ 「ケータハムでレースをする契約がある」

2014年11月17日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、最終戦アブダビGPでケータハムでF1デビューする有効な契約があると考えている。

スペイン出身のロメルト・メルヒ(23歳)は、ケータハムで3回の金曜フリー走行を経験。シーズン中盤には小林可夢偉に代わってレースデビューを果たすとみられていた。

ロベルト・メルヒの父は、マーカス・エリクソンもしくは小林可夢偉がレースに出場できない場合、息子がレースをすることで合意していると AUTOSPORT にコメント。

ケータハム、全スタッフを解雇

2014年11月16日
ケータハム
ケータハムは、最終戦アブダビGPでF1グリッドに復帰すると発表したまさにその日、全スタッフを解雇していたことが明らかになった。

破産申請し、管財人の管理下に置かれたケータハムは、アメリカGPとブラジルGPを欠場。チーム解散を回避すべく、新たなオーナー探しと最終戦アブダビGP参戦の道を模索。クラウドファンディングでファンから資金を募り、物議を醸した、

アンドレ・ロッテラー 「ケータハムでのF1復帰は考えていない」

2014年11月15日
アンドレ・ロッテラー
アンドレ・ロッテラーは、ケータハムから最終戦アブダビGPのシートに関するオファーはないとし、求められても断ると述べた。

アンドレ・ロッテラーは、F1ベルギーGPで小林可夢偉に代わってケータハムでF1デビューを果たした。

数日前、マーカス・エリクソンはケータハムとの契約を解消しており、誰が最終戦アブダビGPで走るかはまだわかっていない。

ケータハム、最終戦F1アブダビGPへの参戦を発表

2014年11月15日
ケータハム
ケータハムは、最終戦アブダビGPに参戦することを発表した。

破産申請したケータハムは、F1アブダビGPに参戦するためにファンからクラウンドファンディングで資金を募っていた。

目標額として設定した235万ポンド(約4億3,000万円)にはまだ79%と到達していないが、ケータハムは募金によって参戦が可能になったと述べた。

ケータハム、クラウドファンディングの不足分は他から調達?

2014年11月14日
ケータハム
ケータハムのクラウドファインディングによる募金の締め切りが14日(金)と迫っているが、目標額としている235万ポンド(約4億3,000万円)の達成は難しそうだ。

破産申請をしたケータハムは、最終戦アブダビGPのグリッドに並んで公式エントリー権を維持しようと奮闘しているが、自らが課した期限を前に、現時点での募金額は目標の57%にとどまっている。

アリス・パウエル、ケータハムでのフリー走行を出場を目指す

2014年11月13日
アリス・パウエル
女性ドライバー、アリス・パウエルの祖父は、お金を支払えば孫娘がアブダビGPで走れるかもしれないと語った。

先月末、破産申請したケータハムは、2戦を欠場。管財人はクラウドファンディング・プロジェクトを立ち上げ、最終戦アブダビGPに参戦できるよう235万ポンド(約4億2800万円)の寄付を募っている。

マーカス・エリクソン、ケータハムとの契約を解消

2014年11月13日
マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、最終戦アブダビGPを待たずにケータハムとの契約を解消したことを発表した。

ケータハムは管財人の管理下に置かれ、アメリカGPとブラジルGPを欠場。最終戦アブダビGP参戦にむけてクラウドファンディングで資金を募っている。

マーカス・エリクソンは自身の公式サイトで声明を発表。最終戦を待たずにケータハムとの全ての契約を解除したことを明らかにした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム