ケータハム、2015年に参戦してもエンジンは2014年仕様?

2014年11月23日
ケータハム
ケータハムは、2015年のF1グリッドに並べたとしても、エンジンは2014年仕様のものを使わなければならないかもしれない。

破産申請によりアメリカGPとブラジルGPの欠場を余儀なくされたケータハムは、管財人であるフィンバー・オコンネルが暫定チーム代表となり、アブダビGPで復帰を果たした。

ケータハム:小林可夢偉は19番手 (F1アブダビGP予選)

2014年11月23日
ケータハム F1アブダビGP 予選
ケータハムは、F1アブダビGPの予選で、小林可夢偉が19番手、ウィル・スティーブンスが20番手だった。

小林可夢偉 (19番手)
「ここまでいい形で週末を過ごせています。クルマのフィーリングも昨日から改善されいい一日でした。最後のセクターで少しタイムをロスしましたが、リザルトに影響があるわけでもなく今日のパフォーマンスに満足していいと思います」

ケータハム:F1アブダビGP 初日のコメント

2014年11月22日
ケータハム F1アブダビGP
ケータハムは、F1アブダビGP初日のフリー走行で、小林可夢偉が18番手タイム、ウィル・スティーブンスが19番手タイムだった。

小林可夢偉 (18番手)
「再び走ることができて嬉しいです。アブダビに来ることを可能にしてくれたファンの方々に本当に感謝しています。今日はノートラブルの金曜日となり、しっかりと走り込むことができました。これはいつもそうですが、週末の準備に非常に役立ちます」

ケータハム、2015年のチーム存続に残された時間は3週間

2014年11月21日
ケータハム
ケータハムの管財人は、今後週間で買い手を見つけられれば、2015年もチームがF1グリッドに残れると考えている。

ケータハムは、最終戦F1アブダビGPでレースに復帰したが、チーム代表代理を務めるフィンバー・オコンネルは、2015年F1マシンの作業はストップしており、プロジェクトを再開するための時間は尽きてきていると述べた。

ウィル・スティーブンス 「ケータハムでの参戦は価値あるもの」

2014年11月21日
ウィル・スティーブンス
ウィル・スティーブンスは、F1アブダビGPでケータハムでレースをすることが、2015年にF1でフルタイムの役割を得るための望みを押し上げる最高の方法だと考えている。

ウィル・スティーブンスは、FIAからF1参戦に必要なスーパーライセンスを承認され、木曜日の午後にケータハムからF1デビューすることが決定した。

ケータハム、小林可夢偉のチームメイトにウィル・スティーブンスを起用

2014年11月21日
ウィル・スティーブンス
ケータハムは、ウィル・スティーブンスをF1アブダビGPのレースドライバーに起用することを発表した。

深刻な財政難によって経営破綻したケータハムは、アメリカGPとブラジルGPを欠場。しかし、管財人の管理下のもとでクラウドファンディングによって資金を調達し、最終戦アブダビGPへの復帰を表明。レースドライバーを務めていた小林可夢偉が走ることを発表していた。

ルーベンス・バリチェロ、ケータハムでのF1復帰を否定

2014年11月20日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、最終戦F1アブダビGPでのケータハムからのF1復帰を否定した。

ケータハムは、最終戦アブダビGPでの復帰を発表。ドライバーに関しては、小林可夢偉が走ることが決定しているが、チームメイトに関してはまだ発表されていない。

報道では、ルーベンス・バリチェロがスポンサーを用意し、衝撃的なF1復帰を果たす可能性があると伝えられていた。

ケータハム、最終戦にむけてアブダビで準備をすすめる

2014年11月18日
ケータハム
ケータハムが、最終戦の舞台となるアブダビに到着した。

アメリカとブラジルの2戦を欠場している間に管財人はクラウドファンディングで資金を集めていたが、ケータハムがアブダビにたどり着くと予測する者は少なかった。

実際、ケータハムがF1アブダビGPでの復帰と小林可夢偉のレース出場を発表したのはつい数日前のこと。

小林可夢偉 「思い残すことのないレースにしたい」

2014年11月17日
小林可夢偉
小林可夢偉が、ケータハムから参戦する最終戦F1アブダビGPへの意気込みを自身のTwitterで述べた。

2012年末でザウバーのシートを失った小林可夢偉は、AFコルセからWECに1年参戦したあと、今年ケータハムでF1復帰。

2014年を“最後のチャンス”“集大成”と位置づけて挑んだ小林可夢偉だったが、マシンの競争力不足に加え、シーズン途中でトニー・フェルナンデスがチームを売却。F1ベルギーGPではシートを失い、その後もレースに復帰するも財政難により、パーツも揃わない状態でのレースを強いられた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム