メルセデスF1代表、カナダでのF1チーム代表会議で“大激怒”との報道

2022年6月22日
メルセデスF1代表、カナダでのF1チーム代表会議で“大激怒”との報道
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、モントリオールで行われたF1チーム代表会議で“大激怒”。その様相は2021年のチャンピオンシップを決定づけた物議を醸した裁定の後に伝説的ば爆発に並ぶものだったと報じられている。

FIA(国際自動車連盟)による“ポーパシング”の取り締まりを含めた問題を議論した会議で、情報筋によると、トト・ヴォルフは、レッドブルのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーに“感情を突然爆発させた”という。

メルセデスF1代表 「W13のポーパシング問題は解決した」

2022年6月21日
メルセデスF1代表 「W13のポーパシング問題は解決した」
メルセデスF1は、ポーパシング問題は解決したと考えており、現在の問題は車の走らせるために必要な合成と車高の低さによって引き起こされているだけだと語る。

メルセデスF1の2022年F1マシン『W13』はバウンシングとボトミングの両方の問題に苦しんでおり、シーズン序盤から苦戦を強いられている。

レッドブルF1、ペレスのギアボックス故障を説明「予選の事故の影響も」

2022年6月21日
レッドブルF1、ペレスのギアボックス故障を説明「予選の事故の影響も」 / カナダグランプリ 決勝
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、2022年F1第9戦カナダグランプリでセルジオ・ペレスが突然リタイアした原因を説明した。

マックスフェル・スタッペンはカナダグランプリで勝利を収めたが、チームメイトのセルジオ・ペレスにとっては良い日ではなかった。土曜日の予選でクラッシュした後、ペレスは13番グリッドからレースをスタートしたが、わずか8周でメカニカルな問題でコースから外れることを余儀なくされた。

ルイス・ハミルトン 「カナダではバウンシングが最大3Gまで軽減」

2022年6月21日
ルイス・ハミルトン 「カナダではバウンシングが最大3Gまで軽減」
ルイス・ハミルトンは、3位表彰台を獲得したカナダグランプリでのメルセデスF1のポーパシングは「最大限でも2G~3G」だったとし、ドライバーにとって大きな助けになったと明かした。

メルセデスF1は、アゼルバイジャングランプリの至る所でW13のポーパシングとバウンシングに苦しんだ。それはルイス・ハミルトンの身体に影響を与え、背中を痛めたハミルトンは、4位でフィニッシュした後、車から降りるのに苦しんだ。

2022年 F1カナダGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年6月21日
2022年 F1カナダGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン。47周目のセーフティカーで“フリー”なピットストップを行ったカルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)に対してタイヤ面で不利な立場での戦いとなり、最後のリスタート後は常にDRS圏内にいるサインツのプレッシャーに晒されたが、0.993秒の僅差でトップでチェッカーを受けた。

2022年 F1カナダGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2022年6月21日
2022年 F1カナダGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝で11位~DNFだったドライバーのコメント。

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、DRSトレインに入るとオーバーテイクが難しく、2回のバーチャルセーフティカー、1回のセーフティカーが入り、後方から戦略で挽回を目指すドライバーにとっては困難なレース展開となった。

レッドブルF1、探知犬の捜索で表彰台セレモニー後にガレージに入れず

2022年6月21日
レッドブルF1、探知犬の捜索で表彰台セレモニー後にガレージに入れず / F1カナダGP
レッドブル・レーシングのクルーたちは、探知犬の捜索によってF1カナダグランプリのレース後にガレージに戻ることを妨げられたとSky Sports F1のテッド・クラヴィッツは報告した。

F1カナダグランプリでは、マックス・フェルスタッペンが今季6勝目を挙げて、レッドブル・レーシングのクルーたちは栄光を楽しんだ。しかし、表彰台セレモニーを終えて、バドックに戻ったレッドブル・レーシングのクルーたちは、週末の荷造りに着手するためにガレージに入ることを待たされた。

フェルナンド・アロンソ 降格9位 「エンジントラブルが発生していた」

2022年6月21日
フェルナンド・アロンソ 降格9位 「エンジントラブルが発生していた」 / アルピーヌF1チーム F1カナダGP 決勝
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を9位で終えた。

土曜日の予選でセンセーショナルな2番グリッドを獲得したフェルナンド・アロンソだったが、ドライでは予選でポジションを外れていた車を抑えるのに苦戦。VSCのタイミングは味方せず、レース後半にはエンジントラブルも発生。

ベッテル、スポンサー都合でオイルサンド採掘非難ヘルメットを断念?

2022年6月21日
セバスチャン・ベッテル、スポンサー都合でオイルサンド採掘非難ヘルメットを断念? / F1カナダGP
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、スポンサーの都合でセバスチャン・ベッテルのオイルサンド採掘を非難するヘルメットの着用を止めさせられたとの報道を否定している。

セバスチャン・ベッテルは、F1プラットフォームを使用してさまざまな環境問題に注意を向けており、モントリオールのレースウィークエンドではカナダのオイルサンド採掘をターゲットにした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム