ピエール・ガスリー 9位入賞 「100戦目だったので特別な1戦になった」

2022年8月29日
ピエール・ガスリー 9位入賞 「100戦目だったので特別な1戦になった」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ベルギーGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1ベルギーグランプリの決勝で9位入賞を果たした。

他のドライバーのペナルティにより8番グリッドからスタートするはずだったピエール・ガスリーだが、グリッド上で問題が発生してピットレーンスタートに。それでも、力強い走りで9位フィニッシュを果たし、100戦目の節目となるレースを入賞で終えた。

レッドブルF1代表 「過去最高の成果だ。ホンダの貢献にも感謝したい」

2022年8月29日
レッドブルF1代表 「過去最高の成果だ。ホンダの貢献にも感謝したい」 / ベルギーグランプリ 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの決勝を振り返った。

レッドブル・レーシングはスパ・フランコルシャンを完全制覇。14番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、チームメイトのセルジオ・ペレスに17.8秒差をつけて圧勝。チームはシーズン4回目・チーム通算21回目のワンツーフィニッシュを決めた。

角田裕毅 13位 「自分の走りや車のフィーリングにはかなり満足」

2022年8月29日
角田裕毅 13位 「自分の走りや車のフィーリングにはかなり満足」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ベルギーGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1ベルギーグランプリの決勝を13位でフィニッシュした。

決勝前にパワーユニット交換を選択してピットレーンスタートとなった角田裕毅は、ハードタイヤでの第1スティントでまずまずのペースを発揮。最後は周冠宇(アルファロメオ)との抜きつ抜かれつのバトルを制し、13位でチェッカーを受けた。

フェラーリF1代表、“プランF”を擁護 「戦略決定は勇敢である必要がある」

2022年8月29日
フェラーリF1代表、“プランF”を擁護 「戦略決定は勇敢である必要がある」 / ベルギーグランプリ 決勝
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッチア・ビノットは、F1ベルギーグランプリの残り2周でファステストラップを獲得するためにシャルル・ルクレールをピットインさせるという判断を擁護。チームは戦略決定で「勇敢」であり続けなければならないと主張した.

シャルル・ルクレールは、そのまま行けば、5位フィニッシュは固かったが、44周中42周目の終わりにファステストタイムを確保するためにソフトタイヤに交換するよう指示を受けた。

マックス・フェルスタッペン 今季9勝目「今週末全体が驚異的だった」

2022年8月29日
マックス・フェルスタッペン 今季9勝目「今週末全体が驚異的だった」 / レッドブル・レーシング F1ベルギーGP 決勝
マックス・フェルスタッペンは、2022年F1ベルギーGPの決勝で14番グリッドからスタートしながら、チームメイトのセルジオ・ペレスに17.8秒差をつけて圧勝し、スパ・フランコルシャンを制覇。レッドブル・レーシングはシーズン4回目・チーム通算21回目のワンツーフィニッシュを決めた。

選手権をリードするマックス・フェルスタッペンはスタンドを埋め尽くしたオレンジアーミーの前で圧倒的なドライブを披露。

バルテリ・ボッタス、33歳の誕生日に不運なもらい事故で0周リタイア

2022年8月29日
バルテリ・ボッタス、33歳の誕生日に不運なもらい事故で0周リタイア / アルファロメオ F1ベルギーGP 決勝
バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)は、2022年F1ベルギーグランプリの決勝を0周リタイアで終えた。

決勝日の8月28日(日)が33歳の誕生日だったバルテリ・ボッタス。ペナルティによって13番グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタスは、スピンしたニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)を避けきれずに接触されてスピン。グラベルから抜け出すことができずリタイアに終わった。

ルイス・ハミルトン 「アロンソとの接触は間違いなく僕のせい」

2022年8月29日
ルイス・ハミルトン 「アロンソとの接触は間違いなく僕のせい」 / メルセデス F1ベルギーGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、F1ベルギーグランプリのオープニングラップでのフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)との接触での自分の非を認めた。

ルイス・ハミルトンは、スタート直後にケメル・ストレートでフェルナンド・アロンソのスリップストリームに入り、レ・コンブでアウトサイドから抜きにかかった。

シャルル・ルクレール 「ミスよりもレッドブルとのペース差に苛立つ」

2022年8月29日
シャルル・ルクレール 「ミスよりもレッドブルとのペース差に苛立つ」 / スクーデリア・フェラーリ F1ベルギーGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第14戦ベルギーグランプリの決勝を6位でフィニッシュ。最終ラップでピットレーンでのスピード違反による5秒のペナルティよりもレッドブル・レーシングとのペース差に苛立っていると語った。

15番グリッドから、シャルル・ルクレールは、ブレーキダクトに挟まった捨てバイザーの引き裂きを回避するためにセーフティカー期間中に早めにストップしたにもかかわらず、14周目までに5 位までポジションを上げていた。

2022年 F1ポイントランキング (第14戦ベルギーGP終了時点)

2022年8月29日
2022年 F1ポイントランキング (第14戦ベルギーGP終了時点)
2022年F1第14戦ベルギーグランプリが終了。マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングが両方のチャンピオンシップでリードを広げた。

14番グリッドから大逆転勝利を収めたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、2位に浮上したチームメイトのセルジオ・ペレスとの差を93ポイント。3位に転落したシャルル・ルクレール(フェラーリ)との差を98ポイントに広げた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム