2022年09月のF1情報を一覧表示します。

メルセデスF1 「2026年はまったく新しいパワーユニットになる」

2022年9月22日
メルセデスF1 「2026年はまったく新しいパワーユニットになる」
メルセデスF1のエンジン部門のマネージングディレクターを務めるハイウェル・トーマスが、2026年の次世代F1パワーユニットについて語った。

F1の次世代パワー ユニットレギュレーションは、パッケージ全体の最適化に関して大きな課題をもたらす。2026年からF1はMGU-H を廃止することで現在のレギュレーションを簡素化し、電化と持続可能な燃料の導入が重視される。

ダニエル・リカルド 「2023年にF1にいられないことを受け入れている」

2022年9月22日
ダニエル・リカルド 「2023年にF1にいられないことを受け入れている」
ダニエル・リカルドは、2023年にF1から1年離れて過ごすかもしれないという考えを受け入れたと語った。

フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームからアストンマーティンに移籍したというニュースが流れたとき、マクラーレンを退団するダニエル・リカルドは2023年のシーズンのエンストンのチームへの復帰に結び付けられていた。

レッドブルF1、コルトン・ハータのDTMサプライズ出場計画も中止

2022年9月22日
レッドブルF1、コルトン・ハータのDTMサプライズ出場計画も中止
レッドブルF1は、コルトン・ハータを今週末にオーストリアで開催されるDTM(ドイツツーリングカー選手権)レースに出場させる計画を立てていたが、直前になってゲストエントリーは中止された。

計画が中止されたのレッドブルが、コルトン・ハータを2023年のアルファタウリのF1ドライバーに起用する計画を打ち切ったことと関連しているとみられる。

角田裕毅、2023年もスクーデリア・アルファタウリF1への残留が決定

2022年9月22日
角田裕毅、2023年もスクーデリア・アルファタウリF1への残留が決定
スクーデリア・アルファタウリは、F1での最初の2年間の成功に続き、角田裕毅が2023年シーズンもチームに残留することを発表した。

すでに38回のF1レース週末を経験している角田裕毅は、チャンピオンシップへの道を加速させた。角田裕毅は下位フォーミュラを素早く駆け上がり、F1でのルーキーシーズン中に実力を証明し、 2021年の最終レースでトップ4フィニッシュを達成。

ホンダ、もてぎでの「Honda Racing THANKS DAY 2022」開催を発表

2022年9月22日
ホンダ、もてぎでの「Honda Racing THANKS DAY 2022」開催を発表
ホンダは、2022年11月27日(日)に栃木県のモビリティリゾートもてぎにて「Honda Racing THANKS DAY(ホンダ・レーシング・サンクスデー)2022」を開催することを発表した。

ファンの皆様から好評を博しているこのイベントは今年で14回目を数える。また、同会場(2019年開催時の名称はツインリンクもてぎ)での開催は2019年11月以来3年ぶりとなる。

ハースF1チームに元キミ・ライコネンの担当レースエンジニアが加入

2022年9月22日
ハースF1チームに元キミ・ライコネンの担当レースエンジニアが加入
ハースF1チームは、元マクラーレンとルノーのエンジニアであるマーク・スレイドをケビン マグヌッセンのフルタイムのレース エンジニアとして採用した。

マーク・スレイドはエンジニアリングチームの一員としてマクラーレンでほぼ20 年を過ごし、メルセデスF1チームでミハエル・シューマッハのレースエンジニアを務めた後、様々なチーム名へと移り変わった「チーム・エンストン」で10年間勤務した。

フェラーリF1、ミック・シューマッハのアカデミーでの将来を議論

2022年9月22日
フェラーリF1、ミック・シューマッハのアカデミーでの将来を議論
フェラーリF1は、ミック・シューマッハのフェラーリ・ドライバー・アカデミーへの継続的な参加について議論する予定だとしている。

現在、ハースF1チームでドライブしているミック・シューマッハは、2019年に育成プログラムに参加して以来、スクーデリアのサポートを享受している。

ジョージ・ラッセル 「デ・フリースの代役F1参戦の方が難しかったはず」

2022年9月22日
ジョージ・ラッセル 「デ・フリースの代役F1参戦の方が難しかったはず」
ニック・デ・フリースがF1イタリアGPで初めてのF1グランプリに参加するために突然呼び出されたときにどのような経験していたかを知っている人がいれば、それは間違いなくジョージ・ラッセルだ。

両方のドライバーは長年メルセデスの育成ドライバーであり、ジョージ・ラッセルがタイトルを獲得した2018年のF2チャンピオンシップで互いに競い合っていた。翌年、ニック・デ・フリースはF2でチャンピオンを獲得している。

フェラーリF1 「新世代F1マシンのパフォーマンス変動の謎は解けていない」

2022年9月22日
フェラーリF1 「新世代F1マシンのパフォーマンス変動の謎は解けていない」
フェラーリF1は、F1の新たなグラウンドエフェクトの時代にパフォーマンスが大きく変動した理由を理解する上で直面した「本当の謎」を解くことができてないと認める。

新世代の2022F1マシンは、今年、多くのサプライズをもたらしている。F1チームは、はるかに良い結果を期待していたレースの週末に後れを取っている場合がある。逆に良そうをはるかに超えたパフォーマンスを発揮するチームもある。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 |...| 54 | 55 | 56 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム