2022年09月のF1情報を一覧表示します。

ニコラス・ラティフィ 「デ・フリースに敗れたことが決定要因ではない」

2022年9月30日
ウィリアムズF1退団のニコラス・ラティフィ 「デ・フリースに敗れたことが決定要因ではない」
ニコラス・ラティフィは、F1イタリアGPで代役のニック・デ・フリースに敗れる前から、ウィリアムズが向かっていた「方向性を知っていた」と語る。

ウィリアムズは先週、レースドライバーとして3年間務めた後、2022年シーズンの終わりにニコラス・ラティフィからチームを離れることを発表した。

マックス・フェルスタッペン 「特別な思い出がある日本でF1王座を決めたい」

2022年9月30日
マックス・フェルスタッペン 「特別な思い出がある日本でF1王座を決めたい」
マックス フェルスタッペンは、今週末のシンガポールグランプリでF1ワールド チャンピオンシップを獲得するのは「少し非現実的」だと考えている。

レッドブル・レーシングのドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、今シーズンの多くを支配した後、2度目のF1ワールドチャンピオンに向けて順調に進んでおり、それを締めくくる最初の機会はマリーナベイ市街地コースで訪れる。

セルジオ・ペレス 「過去数戦を分析して正しい方向に戻るアイデアを得た」

2022年9月30日
セルジオ・ペレス 「過去数戦を分析して正しい方向に戻るアイデアを得た」 / F1シンガポールGP
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が、2022年F1第17戦シンガポールグランプリに向けての意気込みを語った。

シーズン序盤は、チームメイトのマックス・フェルスタッペンよりもRB18を乗りこなしていたセルジオ・ペレスだったが、マシン開発が進むにつれてマシンのフィーリングはペレスから離れていった。

角田裕毅、メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」とスポンサー契約

2022年9月30日
角田裕毅、メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」とスポンサー契約
メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」は、2022年末までの約4か月間、アルファタウリF1のドライバーである角田裕毅とスポンサーシップを提携したことを発表した。

バルクオムは、メンズビューティという文化を作り上げていく上で、新たなカルチャーを創出する次世代のトップアスリート及びパフォーマーをサポートするべく、2013年のブランド設立当時より、世界で活躍する男性アスリート・団体への協賛活動を継続的に行ってきた。

ピエール・ガスリー、アルピーヌF1移籍の可能性は「皆さんご存じの通り」

2022年9月30日
ピエール・ガスリー、アルピーヌF1移籍の可能性は「皆さんご存じの通り」
ピエール・ガスリーは、2023年にフェルナンド・アロンソの後任としてアルピーヌF1チームに移籍する可能性について「今後2~3週間で僕の将来について明確な答えが得られるはずだ」と語った。

ピエール・ガスリーは、2023年にアルファタウリF1とレースする契約を結んでいるにもかかわらず、夏休みの初めにフェルナンド・アロンソがアストンマーティンに移籍するという衝撃的な決定によってドライバーマーケットの“シリーシーズン”がスタートすると激しい議論の対象となった。

2026年F1エンジン、ハイブリッド重視で大幅にスピードが低下?

2022年9月30日
2026年F1エンジン、ハイブリッド重視で大幅にスピードが低下?
F1のチーフテクニカルオフィサーであるパット・シモンズは、2026年のまったく新しいF1エンジンレギュレーションによって、F1がギアをシフトダウンするのではないかという懸念を軽視した。

レッドブルとの交渉決裂を受けて、ポルシェは現在F1から離れているが、アウディは2026年にサインアップしており、ホンダが完全な復帰を検討しているという噂が流れている。

マクラーレン、F1シンガポールGPではノリス1台のみアップグレード投入

2022年9月30日
マクラーレン、F1シンガポールGPではノリス1台のみアップグレード投入
マクラーレンは、F1シンガポールGPでランド・ノリスにのみアップグレードを投入するが、チームメイトのダニエル・リカルドは何も問題ないと語る。

新しいアップグレードパッケージには新しいフロアとサイドポッドが含まれているが、シンガポールではランド・ノリスが優先され、ダニエル・リカルドには来週末の日本で投入される。

ルイス・ハミルトン、フェルスタッペンの独走状態に「F1ファンに同情」

2022年9月30日
ルイス・ハミルトン、フェルスタッペンの独走状態に「F1ファンに同情」
ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンが今週末のシンガポールグランプリで5レースを残して2022年のF1ワールドチャンピオンを獲得する可能性があることを考えると「F1ファンに同情している」と語る。

マックス・フェルスタッペンが、シンガポールGPで優勝し、ファステストラップも獲得した場合、シャルル・ルクレールが8位以下、チームメイトのセルジオ・ペレスが5位以下であれば、フェルスタッペンのタイトルを獲得する。

角田裕毅 「残留が確定してレース週末と自分の準備だけに集中できる」

2022年9月30日
角田裕毅 「残留が確定してレース週末と自分の準備だけに集中できる」 / F1シンガポールGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第17戦シンガポールGPへの意気込みを語った。

9月22日(木)、スクーデリア・アルファタウリは2023年も角田裕毅が残留することを発表。残留が確定したことで、今週末のシンガポール、そして、母国レースの日本グランプリではレース週末にだけ集中できると角田裕毅は語る。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 54 | 55 | 56 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム