レッドブルF1、コルトン・ハータのDTMサプライズ出場計画も中止
レッドブルF1は、コルトン・ハータを今週末にオーストリアで開催されるDTM(ドイツツーリングカー選手権)レースに出場させる計画を立てていたが、直前になってゲストエントリーは中止された。

計画が中止されたのレッドブルが、コルトン・ハータを2023年のアルファタウリのF1ドライバーに起用する計画を打ち切ったことと関連しているとみられる。

Motorsport-Total.comによると、レッドブルは9月23日~ 25日にレッドブル・リンクで開催されるホームイベントで、通常のAFコルセのフェリペ・フラガとニック・キャシディもライナンップに加えて、コルトン・ハータのために追加のフェラーリ488 GT3 をエントリーする予定だった。

レッドブルはワイルドカードでの出場を申請し、DTMにも承認されたと理解されている。計画では、レースのほんの数日前にコルトン・ハータのゲスト出場を一般に公開してサプライズを引き起こす予定だったが、レッドブルは後にそれを実施しないことを決定し、エントリーを撤回した。

エントリーを破棄した正確な理由は明らかにはなっていないが、レッドブルがコルトン・ハータを2023年のアルファタウリのF1ドライバーを起用す計画が打ち切ったこととに関係している可能性がある。もしかすると、レッドブル・リングでのDTMイベントで2023年のアルファタウリのF1ドライバーとして発表する計画だったのかもしれない。

レッドブルは、FIA(国際自動車連盟)がF1スーパーライセンスを取得するために必要な40ポイントのうち32ポイントしか持っていないコルトン・ハータに特例でF1スーパーライセンスを発給することを望んでいたが、FIAは特例を認めないことを明らかにし、レッドブルはコルトン・ハータと契約する計画を打ち切った。

分かっていることは、ゲストエントリーにはチャンピオンシップポイントの資格がないため、計画されていたDTM出場はハータがF1スーパーライセンスを獲得する助けにはならなかったということだ。 代わりに、レッドブルが常に何かを準備しているホームでのDTM イベントで素晴らしいマーケティングの機会を提供することが計画されていたはずだ。

レッドブルが、DTMドライバークルーの一部として別のカテゴリーの A-lister を採用したのはこれが初めてではない。今年初め、WRC で 9 度のチャンピオンに輝いたセバスチャン・ローブは、ポルティマンでのAFコルセ陣営に加わった。ニック・キャシディは、エンビジョンとのフォーミュラ E への取り組みと衝突したため、参加できなかった。

コルトン・ハータとの計画が実現していれば、GTカーに乗るのは初めてではなかった。過去にIMSA ウェザーテック スポーツカー チャンピオンシップで BMW から 7 回のスタートを切り、2019 年のロレックス 24 時間レースでのデビュー戦でクラス優勝を果たしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ / コルトン・ハータ