メルセデスF1 「2026年はまったく新しいパワーユニットになる」
メルセデスF1のエンジン部門のマネージングディレクターを務めるハイウェル・トーマスが、2026年の次世代F1パワーユニットについて語った。

F1の次世代パワー ユニットレギュレーションは、パッケージ全体の最適化に関して大きな課題をもたらす。2026年からF1はMGU-H を廃止することで現在のレギュレーションを簡素化し、電化と持続可能な燃料の導入が重視される。

また、ルールは、新しいメーカーをスポーツに誘い込もうとして設計された。そして、それはすでに機能しており、アウディは(少なくとも)エンジンサプライヤーになることを約束しており、ポルシェは、レッドブルと提携することが期待されていたが交渉は決裂。それでもまだ関心を示している。

メルセデス AMG ハイパフォーマンス パワートレインのマネージングディレクターを務めるハイウェル・トーマスは「それでも2026年の変更はかなり広範囲だ。まったく新しいパワーユニットだ」と説明する。

「我々は挑戦を楽しみにしており、パワーユニットの電化の増加、これまでのMGU-Kのサイズの増加に興奮している」

「それは非常に重要であり、非常に異なるものであり、ロードカー環境で起こっていることとうまくリンクしている」

「そして、もちろん、それに伴い内燃エンジンの出力が低下するが、持続可能な燃料での走行への転換は別の課題になるだろう」

「燃料の変更は、このレギュレーションセットの大きな部分を占めることになるだろう」

「スポーツとすべての人にとって、良いタイミングで環境問題に取り組むことが非常に重要だ」

メーカーの負担を軽減するため、F1 は現在のパワーユニットを2025年末まで凍結した。これは、ほとんど効果がないがコストを押し上げる並行開発プログラムを防ぐために実施された。

採用できる開発の規模にも制限があり、特にテストベンチ時間は制限される。F1で使用するパワーユニットの公認を検討しているメーカーは、これらの規則を順守しなければならない。

つまり、アウディのような企業は、2026年に正式にF1に参加する前に、プロジェクトに無制限のリソースを投入することはない。

逆に、メルセデスのような企業は、ルールセットが完成していなくても、F1の将来について知っていることを理解するためにすでにリソースを投資してきた。それは今、加速するだけのプロセスだ。

「2026 年に向けて取り組んでいるプロジェクト チームがある」とハイウェル・トーマスは確認した。

「我々は、既存のプログラムにも引き続き力を入れている」

「フォーミュラEなど、いくつかのプロジェクトが終わりに近づいている。これは、他の人々を2026年のプログラムに移すことができることを意味する。これはエキサイティングなことだ」

「現在のレギュレーションに伴うことの1つは、現在から2026 年までのレギュレーションで、ダイナモ時間などを削減することで、エンジニアリングの量と既存のプロダクトに取り組んでいるビジネスの量を減らすことを非常に奨励している」

「したがって、それは少し移動可能なごちそうだ」

「我々はすでにかなりの規模のプロジェクトチームを抱えており、誰もがそうしているように、しばらくの間取り組んできた」

「そして、前進するにつれて、2026年は遠く離れているが、非常に急速に近づいているため、さらに前進する必要がある」

レッドブル・パワートレインズ はメルセデスと同様の立場にあるが、事実上の新しいメーカーであるため、その詳細は異なる。

将来的には別のブランドと提携する可能性はあるが、現時点では、レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリの両方のために自社製エンジンを開発している。

「まだ先のように思えるかもしれないが、エンジンの観点から言えば、まだ事実上明日のようなものだ」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「これらのレギュレーションをめぐっては、行き来がたくさんあったが、それは単なる技術仕様ではない。競技規制もそうであり、もちろん金融規制の導入もそうだ」

「これらすべてのことと同様に、妥協点を見つける必要がある。レギュレーションがリリースされたこと、圧縮比が固定され、他のアーキテクチャが固定されたエンジンを正確に設計していることを知っていることを嬉しく思う。そこは議論が始まった場所からわずかに移動した」

「しかし、2026年に向けて取り組めるように、今、その明確さを持っているのは良いことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン