フェラーリF1、ミック・シューマッハのアカデミーでの将来を議論
フェラーリF1は、ミック・シューマッハのフェラーリ・ドライバー・アカデミーへの継続的な参加について議論する予定だとしている。

現在、ハースF1チームでドライブしているミック・シューマッハは、2019年に育成プログラムに参加して以来、スクーデリアのサポートを享受している。

フェラーリ・ドライバー・アカデミーは、F1に向けて若いドライバーを育成し、昇進させることを目的としており、これまでにジュール・ビアンキ、セルジオ・ペレス、ランス・ストロール、シャルル・ルクレールなどを支援してきた。

ほとんどの場合、プログラム内でのドライバーの在職期間は、F1への昇格と同時に終了する。シャルル・ルクレールの場合は、2018年にザウバーに加わる前の 2017年末に終了している。

ただし、必ずしもその関係の終わるわけではない。ミック・シューマッハは、ハースF1チームでデビュー後もフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーのままとなっている。

ハースF1チームは、フェラーリと技術面で密接な関係を築いているが、2023年の2人目のドライバーについてまだ決定を下しておらず、23歳のミック・シューマッハは、シートに関連する多数ドライバーの1人にすぎない。

「まず第一に、我々にとってフェラーリ・ドライバー・アカデミーは、我々のチームの非常に重要な柱です」とフェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは語り始めました。

「我々はそれに多くの投資を行っており、ドライバー アカデミーには引き続き多くの投資を行っていく」

「最高の才能を開発し、将来を見据えて、赤い車に最適な才能を見つけようとすることが重要だ」

「したがって、それは我々が確実に終了するプログラムではない。それどころか、我々は継続的に投資し、それを管理する方法を改善すると思う」

「ミックに関しては、シーズンの初めに言ったように、彼にとって今シーズン改善することが重要だ」

「我々は数レースで彼と一緒に座り、シーズンのバランスを取り、ハースと一緒にそれを行い、彼のベストな将来を決定する」

マッティア・ビノットのコメントは、ハースF1チームの代表ギュンター・シュタイナーのコメントと似ている。ハースムはミック・シューマッハにより高い一貫性を求めていることを示唆している。

ミック・シューマッハは、直近の2レースでチームメイトのケビン・マグヌッセンに先んじてフィニッシュするなど、その兆しが見えてきている。

実際、カナダでリタイアしてからの7レースで、ミック・シューマッハがケビン・マグヌッセンの後ろでフィニッシュしたのはフランスとベルギーの2回だけだ。

だが、それがミック・シューマッハがハースF1チームに残留するために十分かどうかは不明であり、与えられたフェラーリの構造内での彼の位置は不明である。フェラーリF1では、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツの両方が2024年まで契約を結んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ミック・シューマッハ