ジョージ・ラッセル 「デ・フリースの代役F1参戦の方が難しかったはず」
ニック・デ・フリースがF1イタリアGPで初めてのF1グランプリに参加するために突然呼び出されたときにどのような経験していたかを知っている人がいれば、それは間違いなくジョージ・ラッセルだ。

両方のドライバーは長年メルセデスの育成ドライバーであり、ジョージ・ラッセルがタイトルを獲得した2018年のF2チャンピオンシップで互いに競い合っていた。翌年、ニック・デ・フリースはF2でチャンピオンを獲得している。

しかし、ジョージ・ラッセルがウィリアムズF1チームとF1グリッドの後方で3シーズンを過ごす契約を結んだのに対し、ニック・デ・フリースはメルセデスのフォーミュラEチームでレースすることを選択し、2021年のタイトルを獲得した。

だが、ニック・デ・フリースの視野は今では完全にF1に戻っており、今年はウィリアムズ、メルセデス、アストンマーティンと3つの異なるチームのフリー走行セッションに参加している。

モンツァでアストンマーティンとの最後の作業を終えた後、土曜日の朝、パドッククラブでカプチーノを飲みながらリラックスしていたニック・デ・フリースは、できるだけ早くキャンピングカーに来るようにウィリアムズから連絡が入った。

アレクサンダー・アルボンが体調を崩し、ニック・デ・フリースは、最終プラクティスの1時間を切ってにウィリアムズからF1イタリアGPの予選と決勝に出場することを告げられた。

ジョージ・ラッセルはニック・デ・フリースに共感し、2020年にウイリアムズと36戦を戦った後、ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示した後、チャンピオンチームのメルセデスF1チームから出場することを伝えられた瞬間を思い出した。

ジョージ・ラッセルは、その時点でF1でのレース経験があり、F1サキールGPのほぼ1週間前に出場を伝えられたことで準備を整えることができた。そのため、40分前に伝えられたニック・デ・フリースとは異なり、これから起こることについて頭を悩ませる必要はなかった。

「正直、たぶん僕よりも彼の方が難しかったと思う」とジョージ・ラッセルは認めた。

「当時、僕はもちろんフルタイムのレースドライバーだったからね」

ニック・デ・フリースは前日にアストンマーティンでトラックを走行していたという利点があったように見えたが、ジョージ・ラッセルは、その日に克服しなければならなかった別のハードルだったかもしれないと示唆した。

「金曜日のアストンマーチンからウィリアムズに飛び乗った…別の車だ。シートポジションが違う」とジョージ・ラッセルは説明した。

「当時、メルセデスとフォース・インディアでテストを行ってF2を運転していたときのことを覚えている。それらの車がどのように反応するかについて異なるフィーリングに慣れるまで、かなりの周回を要した」

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1チームとの初レースを9位でポイントで終えた。偶然にも、ニック・デ・フリースはF1イタリアGPの日曜日に同じ結果を出した。彼のマシンがウィリアムズだったことを考えると、おそらくより重要な成果だ。

サキールの後、ジョージ・ラッセルは、シーズンの残りのレースと2021年全体のためにウィリアムズに戻った後、2022年の初めに最終的にフルタイムでメルセデスに昇格する前にさらに4ポイントを獲得した。

ジョージ・ラッセルはまだレースに勝っていないが、今年、モンツァでシーズン7回目の表彰台を獲得し、ドライバーズチャンピオンシップの順位で4位という驚くべき安定した走りを楽しんでいる。

問題は、ニック・デ・フリースが同様の軌跡をたどり、モンツァでの印象的なデビュー戦のパフォーマンスを利用して、2023年のF1グリッドでフルタイムのスポットを確保するかどうかだ。

また、アレクサンダー・アルボンが虫垂炎の発作と術後の合併症から回復し、月末にシンガポールでのレースに間に合うように準備できるかどうかはまだ定かではない。

そうでないとしても、ニック・デ・フリースが再びウィリアムズのステアリングを握るチャンスがあるかどうかは定かではない。ウィリアムズの公式リザーブドライバーはジャック・エイトケンだが、彼は先週他の場所で戦っていたため、チームはメルセデスとのドライバーシェアリング契約の下でニック・デ・フリースに目を向けた。

皮肉なことに、2020 年のF1サキールGPでジョージ・ラッセルの代役としてF1 デビューを飾ったのはジャック・エイトケンあったが、FW43ではその機会にポイントを獲得することができなかった。

ニック・デ・フリース ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / ニック・デ・フリース