ダニエル・リカルド 「2023年にF1にいられないことを受け入れている」
ダニエル・リカルドは、2023年にF1から1年離れて過ごすかもしれないという考えを受け入れたと語った。

フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームからアストンマーティンに移籍したというニュースが流れたとき、マクラーレンを退団するダニエル・リカルドは2023年のシーズンのエンストンのチームへの復帰に結び付けられていた。

しかし、その後、ダニエル・リカルドにアルピーヌF1への復帰のシナリオが展開されることについてまったく言及されていない。ウィリアムズとハースF1チームのシート獲得の可能性は残っているが、他のドライバーがそれらの機会を狙っているようだ。

したがって、2023年はF1からサバティカルを取得するというアイデアが、ダニエル・リカルドの計画の最前線にあるようだ。

ダニエル・リカルドは「来年グリッドにいることができないとしても受け入れている。それについて問題はない」とダニエル・リカルドはFox Sportsに語った。

「正しくなかったり、意味がないのに、グリッドに僕を並べるためだめに、僕は何でもするつもりはないし、僕のマネジメントチームも何でもするつもりはないことで同意している」

「もちろん、今年はチャレンジングだったし、グリッドにいるなら、それが楽しめる場所で、自分が成功できると感じ、自分が成功できると感じる環境であることを知りたい」

「F1にいるためだけに車に飛び込みたくない」

前戦F1イタリアGPで、ダニエル・リカルドはマクラーレンで3レース連続ノーポイントに終止符を打つかに見えた。しかし、8番手走行中の残り8周で水漏れが発生し、ポイント争いから脱落した。

「このような日は確かにかなりイライラする」とダイエル・リカルドはレース後に語った。

「だけど、24、48時間くれれば、それを乗り越えて、来年に向けて何がベストを理解しようとするよ」

「自信過剰でも生意気でもないけど、それが意図されていないのであれば、それでまったく問題ない。あまり誇りに思うことでもないけどね」

「シートを確保することを諦めた訳ではないのは確かだけど、現時点では、それが僕の頭の中にあるところだ」

2022年シーズンの残り6戦で、ダニエル・リカルドは現在F1のドライバーズランキングで14位につけており、チームメイトのランド・ノリスに69ポイント、7ポジション差をつけられている。

ダニエル・リカルド F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン