角田裕毅、2023年もスクーデリア・アルファタウリF1への残留が決定
スクーデリア・アルファタウリは、F1での最初の2年間の成功に続き、角田裕毅が2023年シーズンもチームに残留することを発表した。

すでに38回のF1レース週末を経験している角田裕毅は、チャンピオンシップへの道を加速させた。角田裕毅は下位フォーミュラを素早く駆け上がり、F1でのルーキーシーズン中に実力を証明し、 2021年の最終レースでトップ4フィニッシュを達成。

スクーデリア・アルファタウリのホームタウンであるファエンツァに引っ越した角田裕毅は、チームに完全に溶け込み、トラックの内外を問わず、毎日一歩一歩努力を続けている。

角田裕毅は「F1でドライブする機会を与え続けてくれたレッドブル、ホンダ、スクーデリア・アルファタウリに心から感謝したいです」とコメント。

「昨年、ファクトリーに近づくためにイタリアに引っ越したことで、チームの一員であると感じており、2023年に彼らとレースを続けることができてうれしく思います。

「もちろん、僕たちの2022年シーズンはまだ終わっていません。ミッドフィールドの戦いではまだ懸命にプッシュしているので、最高の結果で終えることに完全に集中し、来年を楽しみにしています」

スクーデリア・アルファツアのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは「昨年の加入以来見てきたように、裕毅は非常に才能のあるドライバーであり、今シーズンは大きく改善した」とコメント。

「彼が最近示したペースは、急激な学習曲線の明らかな証拠であり、彼がF1のシートに値することを証明しており、2022年の最後の6レースで彼から強力な結果が得られることを期待している」

「F1に完全に慣れるまでに少なくとも3年はかかるので、彼が自分のポテンシャルを最大限に発揮する時間を与えられたことを嬉しく思う。さらに、(ヘルムート)マルコと彼のドライバー プログラムは、若い才能をジュニア カテゴリーから育成し、育成できることを証明している」

「レッドブルとアルファタウリ、そしてホンダの継続的なサポートと、彼がもう1年間我々と一緒にいることを許可してくれたことに裕毅とともに感謝したいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ