2022年09月のF1情報を一覧表示します。

BMW、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の正式カラーリングを披露

2022年9月23日
BMW、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の正式カラーリングを披露
BMWは、LMDh車両『BMW M Hybrid V8』の最終的なカラーリングを木曜日の夜にロサンゼルスのピーターセン博物館で開催された特別イベントで披露した。

カラーリングは、BMW Group Designworks によって設計され、BMW M部門の有名な色と「キドニー」グリルの周りの照明システムを備えている。カラーリングの一部である黒い部分のほとんどは、本来のカーボンファイバー仕上げのままであり、BMW は、従来の塗装作業と比較して、20~30%の重量を節約できると見積もっている。

マクラーレン 「F1のアメリカでの成功はドライバーやチームに依存しない」

2022年9月23日
マクラーレン 「F1のアメリカでの成功はドライバーやチームに依存しない」
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、アメリカでのF1での成功が、アメリカ人ドライバーやアメリカを拠点とするチームの存在に依存するとは考えていないが、「それが実現するのを楽しみにしている」と語る。

現在、F1はアメリカで人気が高まっており、2023年のF1カレンダーでは、オースティンとマイアミにラスベガスが加わり、3つのアメリカのレースが発表されている。

角田裕毅はガスリー移籍の場合アルファタウリF1のリーダーになれるか?

2022年9月23日
角田裕毅はガスリー移籍の場合アルファタウリF1のリーダーになれるか?
角田裕毅が2023年にアルファタウリF1に残留するというニュースは、F1ドライバー市場の“シリーシーズン”では最も予想された発表の1つだった。

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストは、6月に残留が発表されたピエール・ガスリーとともに角田裕毅が残留する計画であることを何度か示唆していたが、レッドブルの承認待ちとなっていた。

MotoGP:ヤマハ 2022年 第16戦 日本GP プレビュー

2022年9月23日
MotoGP:ヤマハ 2022年 第16戦 日本GP プレビュー
Monster Energy Yamaha MotoGP、3年ぶりの日本GPに挑む
第15戦アラゴンGPを終えたMonster Energy Yamaha MotoGPはスペインから日本へ向けて出発。第16戦から第19戦までの4大会はアジア・オセアニアが舞台となる「フライアウェイ・レース」で、その1戦目が日本のモビリティリゾートもてぎで開催される。ファビオ・クアルアラロとフランコ・モルビデリは、ヤマハのホームGPとなる重要な一戦に意欲を燃やしている。

ザウバー、アウディとのF1パートナーシップの発表を予告?

2022年9月23日
ザウバー、アウディとのF1パートナーシップの発表を予告?
ザウバーは重大発表を控えているようだ。F1チームの Twitter チャンネルでの“歴史的な発表”をほのめかしている。

アルファロメオとザウバーF1チームは、2023 年末に両社のパートナーシップが終了することを発表している。アウディが2024年からその役割を引き継ぎ、スイスのチーム内で主要な支配権を獲得する可能性があることは周知の事実だ。

ニコ・ロズベルグ 「ノリスを倒せなければピアストリの選択は裏目に出る」

2022年9月23日
元F1王者ニコ・ロズベルグ 「ノリスを倒せなければピアストリの選択は裏目に出る」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、マクラーレンに加入するというオスカー・ピアストリの決定は勇敢な動きだが、ランド・ノリスを倒せなければ、最終的に裏目に出る可能性があると考えている。

オスカー・ピアストリは来シーズン、アルピーヌからF1に参戦する予定だった。評価の高い21歳のオスカー・ピアストリは、2020年から彼の活動をサポートしてきたアルピーヌによる指導の最終段階に論理的に到達していた。

フェラーリF1 「コスト上限がアイデアを制限することはない」

2022年9月23日
フェラーリF1 「コスト上限がアイデアを制限することはない」
フェラーリF1は、コスト上限によってアップグレードの頻度は制限される可能性はあっても、それによって良いアイデアが制限されることはないと考えている。

2022年シーズン全体でのマシン開発は、これまでのシーズンとは異なり、コスト上限によってチームは新しいパーツを構築するコストとアップデートの欲求とのバランスを取らなければならない。

F1ラスベガスGP、F1史上最も遅い時間にレースをスタート

2022年9月23日
F1ラスベガスGP、F1史上最も遅い時間にレースをスタート
F1ラスベガスGPは、F1史上最も遅い時間にレースをスタートする。

F1関係者は、土曜日の夜に開催されることが発表されていたF1ラスベガスGPが現地時間22時にスタートすることを確認した。日本時間では11月19日(日)の14時のスタートとなる。

レッドブルF1 「サイドポッドコンセプトはパズルの一部にすぎない」

2022年9月23日
レッドブルF1 「サイドポッドコンセプトはパズルの一部にすぎない」
メルセデスF1チームは、2023年F1マシン『W14』の基本的な“コンセプト”を決定するプロセスを進めている。

2023年F1マシンの“コンセプト”は、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンにとって特に懸念事項であり、彼が新しいチームメイトのジョージ・ラッセルよりも現在のシングルシーターに苦しんでいるのはほぼ間違いない事実だ。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 |...| 54 | 55 | 56 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム