2022年09月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1首脳 「アンドレッティはコルトン・ハータの残留を望んだ」

2022年9月22日
レッドブルF1首脳 「アンドレッティはコルトン・ハータの残留を望んだ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2023年にコルトン・ハータをアルファタウリに乗せるという計画を打ち切った理由について語った。

FIAとF1チームの大部分は、インディカーのスター選手であるコルトン・ハータが2023年にアルファタウリと契約できるように、厳格なF1スーパーライセンスシステムの免除を認めることに反対した。

アルピーヌF1、新型フロア投入で「ダウンフォースの大幅なステップ」

2022年9月22日
アルピーヌF1、新型フロア投入で「ダウンフォースの大幅なステップ」
アルピーヌF1チームは、次戦F1シンガポールGPでA522に投入する「ダウンフォースの大幅なステップ」を果たす新しいフロアから恩恵を受けると語る。

このアップデートは、マクラーレンとわずか18ポイント差でコンストラクターズランキング4位を争ってシーズン最終段階に向かうアルピーヌF1チームにとってタイムリーな展開となるだろう。

F1のCEOが語るアンドレッティの参入に消極的な理由

2022年9月22日
F1のCEOが語るアンドレッティの参入に消極的な理由
F1のCEOであるステファノ ドメニカリは、F1は10 チームを超えて拡大する必要はないと主張している。

過去数年間、F1はグリッド上で10 のチームで運営されてきたが、関係者から11番目のチームとして参加することに関心が集まっている。F1にふさわしい才能を収容するには利用可能なシートが少なすぎるという議論があることを考えると、一部のファンは新しいチームを含めることを強く求めている。

MotoGP:ホンダ 2022年 第16戦 日本GP プレビュー

2022年9月22日
MotoGP:ホンダ 2022年 第16戦 日本GP プレビュー
2022年 MotoGP(ロードレース世界選手権) 第16戦 日本GPが、9月23日(金)~25日(日)の3日間、栃木県・モビリティリゾートもてぎで開催される。過去2年間は、コロナ禍の中で大会が中止になったが、今年は3年ぶりの開催となる。

もてぎでは、1999年に初めて日本GPが開催された。その後、2000年から03年までの4年間は、春には鈴鹿サーキットで日本GP、秋にはもてぎでパシフィックGPと日本で2大会開催が実現。04年からはもてぎだけの開催となり、以後、日本GPの舞台として定着した。

レッドブルF1 「フェラーリはモンツァに賭けて他のレースを犠牲にした」

2022年9月22日
レッドブルF1 「フェラーリはモンツァに賭けて他のレースを犠牲にした」
レッドブル・レーシングのF1チーフエンジニアであるポール・モナハンは、フェラーリが他のレースを犠牲にしてモンツァを優先した可能性があると考えている。

もちろん、それによってスクーデリア・フェラーリが望んでいたことが実現できたわけではない。レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、フェラーリの聖地であるモンツァでシーズン11勝目を果たした。

レッドブルF1代表 「ピアストリと育成契約を結ばなかったことを後悔」

2022年9月22日
レッドブルF1代表 「ピアストリと育成契約を結ばなかったことを後悔」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、数年前にオスカー・ピアストリと育成ドライバー契約を結ぶするチャンスを逃していたことを明らかにし、それを「後悔している」と述べた。

現F2チャンピオンのオスカー・ピアストリは、過去数週間、マクラーレンとアルピーヌF1チームが関与した契約物語の中心にいたが、FIAの契約承認委員会の裁定により、2023年に年マクラーレンでF1デビューを果たすことが決定した。

フェルナンド・アロンソはマクラーレンF1の人員に現金入り封筒を配った

2022年9月22日
フェルナンド・アロンソはマクラーレンF1の人員に現金入り封筒を配った
マクラーレンF1チームの元メカニックであるマーク・プリーストリーは、フェルナンド・アロンソが現金でいっぱいの茶封筒を配ったことがあるので、ルイス・ハミルトンよりも彼のガレージにいることが好ましかったと主張した。

ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソがチームメイトだったのはわずか1年間だけだったが、そのパートナーシップはお互いを苛立たせた。

レッドブルF1育成の荒尾創大、フランスF4最終戦でタイトル争いへ

2022年9月21日
レッドブルF1育成の荒尾創大、フランスF4最終戦でタイトル争いへ
ホンダおよびレッドブルF1育成ドライバーである荒尾創大は、フランスF4シーズン最終戦で総合優勝を狙えるポジションを維持した。

フランスF4選手権は、海外戦の第2ラウンド、バレンシアの近くにあるリカルド・トルモサーキットで3レース開催された。

フェラーリF1代表 「ロバート・シュワルツマンはF1シートに値する」

2022年9月21日
フェラーリF1代表 「ロバート・シュワルツマンはF1シートに値する」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、スクーデリア・フェラーリの開発ドライバーであるロバート・シュワルツマンを力強く称賛。F1のシートに値すると主張している。

23歳のロバート・シュワルツマンは、来月オースティンで開催されるF1アメリカGPのフリー走行1回目にF1グランプリ週末デビューを果たすが、最終戦F1アブダビGPにも出走する予定となっている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 13 | 14 | 15 |...| 54 | 55 | 56 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム