2021年05月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1幹部 「メルセデスの警告ベルがあちこちで鳴っていた」

2021年5月26日
レッドブルF1幹部 「メルセデスの警告ベルがあちこちで鳴っていた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、日曜日のF1モナコGPのマックス・フェルスタッペンの勝利にご満悦だ。

F1モナコGPの結果は、レッドブル・ホンダF1とマックス・フェルスタッペンは、両方のチャンピオンシップで首位に立っただけでなく、メルセデスが自滅した日に素晴らしいチーム努力の賜物でもあった。

「カルロス・サインツはフェラーリF1のナンバー1の座を引き継ぐ」

2021年5月26日
「カルロス・サインツはフェラーリF1のナンバー1の座を引き継ぐ」とイタリアメディア
フェラーリF1の地元イタリアのメディアは、素直であり、薄情でもある。これまでシャルル・ルクレールを未来のスターと担ぎ上げていた彼らは、F1モナコGPで表彰台を獲得したカルロス・サインツがルクレールから“ナンバー1”の座を引き継ぐ可能性があると方向転換した。

今年、マクラーレンからフェラーリに移籍したカルロス・サインツは、加入前からシャルル・ルクレールの“ナンバー2”として起用された見方が強かった。しかし、開幕以降、特にF1モナコGPでのパフォーマンスはその見方を変えさせるのに十分だった。

F1:予選でクラッシュしたドライバーの最速タイムは抹消すべき?

2021年5月26日
F1:予選でクラッシュしたドライバーの最速タイムは抹消すべき?
F1は予選でクラッシュしたドライバーの最速タイムを抹消するというルールを導入すべき。そう主張するのはメルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフだ。

F1モナコGPでは、1回目のアタックでタイムシートのトップに立ったシャルル・ルクレール(フェラーリ)が最後のアタックでクラッシュ。それ以降にアタックを予定していたドライバーたちのチャンスを奪った。

「悪いのはクラッシュしたシャルル・ルクレール」と元F1王者

2021年5月26日
「悪いのはクラッシュしたシャルル・ルクレール」と元F1王者
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、シャルル・ルクレールは、F1モナコGPの決勝でスタートすることさえできなかったドライブシャフトの故障について“自分を責めることしかできない”と考えている。

予選でポールタイムを記録していた最終ラップでフェラーリをクラッシュさせたシャルル・ルクレールには、有名な“ラスカスゲート”のような意図的な動きだったのではないかとの疑問を引き起こした。

メルセデスF1代表 「レッドブルの曲がるリアウイングに負けた訳ではない」

2021年5月26日
メルセデスF1代表 「レッドブルの曲がるリアウイングに負けた訳ではない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1モナコGPでレッドブル・ホンダの違法とされる“曲がるリアウイング”に負けた訳ではないと主張する。

F1モナコGPの週末は“曲がるリアウイング”が大きな話題のひとつだった。FIA(国際自動車連盟)は、その違法性を認め、F1フランスGPから剛性テストに新たな基準値を設けることを発表しているが、次戦F1アゼルバイジャンGPでは適用されないため、トト・ヴォルフはバクーでの一戦が“真空”の状態になるとして批判した。

フェラーリF1、レース後にバルテリ・ボッタスのホイール取り外しに協力

2021年5月26日
フェラーリF1、レース後にバルテリ・ボッタスのホイール取り外しに協力 / F1モナコGP
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェラーリF1が、F1モナコGPでバルテリ・ボッタスがリタイアする原因となったマシンから外れなくなったホイールを取り外すのを手伝おうとしてくれたことを明かした。

F1モナコGPでは、バルテリ・ボッタスのホイールをメルセデスのメカニックが外せないという奇妙な光景が見られた。ボッタスがリタイアしたことで、コンストラクターズ選手権でメルセデスは首位の座をレッドブルに明け渡すことになった。

エクレストン、マックス・モズレーの死は「兄弟を亡くしたようなもの」

2021年5月26日
F1:バーニー・エクレストン、マックス・モズレーの死は「兄弟を亡くしたようなもの」
バーニー・エクレストンは、元FIA会長のマックス・モズレーの死は“兄弟を亡くした”ようなものだと語った。

マックス・モズレーの家族は「昨夜、癌との長い戦いの末に亡くなりました」と声明で発表。81歳だった。

元F1の最高経営責任者であるバーニー・エクレストン(90歳)は、2009年のFIA会長選でマックス・モズレーの辞任を支持したことは最大の後悔のひとつだと語った。

ピエール・ガスリー 「ベッテルが残したスペースは2センチだった」

2021年5月25日
ピエール・ガスリー 「ベッテルが残したスペースは2センチだった」 / F1モナコGP
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーによると、F1モナコGPでのピットストップ時の攻防でセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が残したスペースは“2cm”だったと語った。

36周目にピットインしたセバスチャン・ベッテルは、コースに合流してマスネに向かう上り坂でピエール・ガスリーを追い抜いたが、テレビスタッフは数少ないホール・トゥ・ホイールの瞬間を移さず、テレビを見ていたファンをイライラさせた。

メルセデスF1、レッドブルのリアウイングを次戦アゼルバイジャンで抗議?

2021年5月25日
メルセデスF1、レッドブルのリアウイングを次戦アゼルバイジャンで抗議?
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブル・ホンダが“曲がるウイング”を搭載し続けることを許可された場合、次戦F1アゼルバイジャンGPで異議申し立てを行うつもりだと語る。

F1スペインGPの予選後、レッドブル・ホンダ RB16Bのリアウイングが負荷がかかると曲がって見える映像が確認され、厳しく監視された。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 |...| 74 | 75 | 76 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム