「カルロス・サインツはフェラーリF1のナンバー1の座を引き継ぐ」とイタリアメディア
フェラーリF1の地元イタリアのメディアは、素直であり、薄情でもある。これまでシャルル・ルクレールを未来のスターと担ぎ上げていた彼らは、F1モナコGPで表彰台を獲得したカルロス・サインツがルクレールから“ナンバー1”の座を引き継ぐ可能性があると方向転換した。

今年、マクラーレンからフェラーリに移籍したカルロス・サインツは、加入前からシャルル・ルクレールの“ナンバー2”として起用された見方が強かった。しかし、開幕以降、特にF1モナコGPでのパフォーマンスはその見方を変えさせるのに十分だった。

フェラーリF1には、ミック・シューマッハというレジェンドのミハエル・シューマッハの息子がアカデミードライバーとして控えている。しかし、カルロス・サインツはまだそれを心配する必要がはないとイタリアメディアは考えている。

「彼が引き続き結果を出し、ルクレールとうまく連携し、いくつかのレースに勝ち、フェラーリがワールドチャンピオンを戦うのを手伝うなら、カルロスは何年もの間マラネロにとどまる運命にあるだろう」と La Gazzetta dello Sport のライターであるルイージ・ペルナは伝えた。

「それが実現した場合、ミックはまだF1で証明することがたくさんあるので、ミック・シューマッハを恐れる必要はない」

26歳のカルロス・サインツが、3歳年下のシャルル・ルクレールの地位を奪う可能性について、別のイタリア人ジャーナリストであるダニエレ・スパリシは「それは彼次第だ」に伝えた。

「ルクレールはより純粋な才能とキラー本能を持っている。だが、サインツは最初からすでに同じレベルで彼と戦い、彼をプッシュし、彼を困難にしている」とダニエレ・スパリシは語った。

「天才、スターと見なされているルクレールと一緒にこれらすべてを行うことは、カルロスが多くの才能を持っていることを意味している」

「私は、彼ら(フェラーリ)は2つの異なるドライバーであることに同意しる。ルクレールは非常に攻撃的で、カルロスははるかに計算力がある。しかし、F1には、多くの計算力のあるドライバーが勝利し、非常にうまくやっている」

イタリアのテクニカルジャーナリスト、パオロ・フィリセッティは「カルロスはフェラーリのナンバー1になると思う」と述べた。

「コース上でナンバー1のポジションを獲得しているので、そうならない理由はない。カルロスがフェラーリのナンバー2になっていないことも明らかだと思う」

「誰もがタイトルを獲得するために話しているドライバーとして、カルロスは、ルクレール、フェルスタッペン、ハミルトンに加わることが不可能だと考える理由がわからない」

「ミックがカルロスにとって差し迫った危険だとは思わない」

「確かにミックは父親の名前を持っているが、彼がどのように成熟するかはまだ分からない。ミックは何か実質的なものを見せ始めることが重要であり、フェラーリが将来的にマーケティング上の理由だけでドライバーを選ばないことを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ