2021年05月のF1情報を一覧表示します。

フェルスタッペン 「ハミルトンはタイトルをかけて戦う必要がなかった」

2021年5月27日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「ハミルトンはタイトルをかけて戦う必要がなかった」
マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンとの間の舌戦は先週末のF1モナコGPで激化した。日曜日のレースウィナーであるフェルスタッペンは、ハミルトンの最近のタイトルは誰とも本当の意味でのバトルせずに獲得したものだと挑発した。

レッドブル・ホンダとメルセデス、そして、2人のドライバーとの間のは心理戦は本格化している。Gazzetta dello Sport から、今シーズン、7回のF1ワールドチャンピオンを倒すための精神力がないという見方について質問されたとき、マックス・フェルスタッペンの感情は爆発した。

ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルが切望する複数年契約を準備

2021年5月27日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルが切望する複数年契約を準備
ウィリアムズF1のCEOを務めるヨースト・カピトは、ジョージ・ラッセルと新しい長期契約を結びたいと思っているが、ラッセルのF1での将来に関する決定はメルセデスに委ねられていると認める。

ジョージ・ラッセルとウィリアムズF1との現在の契約は2021年シーズン末で期限切れとなる。2019年にF1デビューを果たして以来、印象的なパフォーマンスを見せているラッセルは、2022年にメルセデスF1への移籍の可能性が噂されている。

F1、モナコGPの伝統的なレイアウトの変更を検討

2021年5月27日
F1、モナコGPの伝統的なレイアウトの変更を検討
F1は、モナコGPの伝統的なレイアウトに変更を加えることができるかどうかを検討している。

先週、魅力的なモナコ公国でのレースに出場した7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、テレビ観戦するファンは、F1モナコGPを“楽しんでいない”と表現した。

「それが何年も続いている。僕たちはそれを変えなければならないと思う」とルイス・ハミルトンは語った。

「ルクレールをポールからスタートさせようとしたフェラーリは正しい」

2021年5月27日
「ルクレールをポールからスタートさせようとしたフェラーリは正しい」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、日曜日のF1モナコGPでシャルル・ルクレールがポールポジションからスタートできるようにギアボックスを交換しないというリスクを犯したフェラーリは正しい判断をしたと考えている。

シャルル・ルクレールは、土曜日にポールポジションを獲得すると同時にマシンをクラッシュ。フェラーリは5グリッド降格を避けるためにギアボックスを交換しないことを決断。これを過度なギャンブルだったと考える人もいる。

ホンダF1 山本雅史MD 「角田裕毅は焦らず自分の走りを成熟させる時期」

2021年5月26日
ホンダF1 山本雅史MD 「角田裕毅は焦らず自分の走りを成熟させる時期」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、アルファタウリ・ホンダF1のルーキーである角田裕毅は、焦らずにF1での自分の走りを成熟させる時期であり、心配はしていないと語る。

今年、7年ぶりに日本人F1ドライバーとしてデビューを果たした角田裕毅は、開幕戦バーレーンGPで9位入賞という好スタートを切ったが、その後やクラッシュや無線やインタビューでの言動など、ネガティブな部分の方が話題になってしまっている。

メルセデスF1 「レッドブルのF1エンジン部門の設立方法は本当に賢い」

2021年5月26日
メルセデスF1 「レッドブルのF1エンジン部門の設立方法は本当に賢い」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ホンダF1の知的財産を引き継ぎ、メルセデスF1のスタッフを引き抜いて新たにF1エンジン部門を設立したレッドブルF1のやり方は“非常に賢い”と語る。

昨年、ホンダF1は2021年がレッドブルにエンジンを供給する最終年になることを発表。ライバルチームのカスタマーに戻ることを望まないレッドブルF1は、ホンダのIPを引き継ぎ、独自にエンジンを運用する『レッドブル・パワートレインズ』を設立した。

ミカ・ハッキネン 「メルセデスのF1マシンはモナコ向けに作られていない」

2021年5月26日
ミカ・ハッキネン 「メルセデスのF1マシンはモナコ向けに作られていない」
元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、メルセデスのF1マシンはモナコ向けに作られていないとし、困難だった週末のことは忘れてしまうべきだと考えている。

開幕4戦ではレッドブル・ホンダと最速を争ってきたメルセデスF1だが、モンテカルロ市街地コースでは、レッドブル・ホンダだけでなく、フェラーリに匹敵することもできなかった。

レッドブルF1代表 「メルセデスF1の覇権は終わりを迎える」

2021年5月26日
レッドブルF1代表 「メルセデスF1の覇権を終わりを迎える」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1のすべてのサイクルは終わりを迎えるものであり、メルセデスF1の覇権は終わりを迎えると強気だ。

メルセデスF1は、2014年にF1がパワーユニット時代に突入して以来、両方のチャンピンシップを7連覇するという前人未踏の記録を打ち立てた。しかし、F1モナコGPを終えて、メルセデスはついにチャンピオンシップで首位の座を明け渡すことになった。

ダニエル・リカルド 「ノリスのデータを見て匹敵できる確信はない」

2021年5月26日
マクラーレンF1のダニエル・リカルド 「ノリスのデータを見て匹敵できる確信はない」
マクラーレンF1で奮闘しているダニエル・リカルドは、チームメイトのランド・ノリスのデータを見て、それに匹敵できるようになるか確信が持てていないと語る。

今年、ルノーからマクラーレンに移籍したダニエル・リカルドは、速さを見せる瞬間はあるものの、まだ本調子とは言えない状況が続いている。

先週末のF1モナコGPは、2018年の勝利を含め、ダニエル・リカルドがパフォーマンスを発揮してきたレースだった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 |...| 74 | 75 | 76 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム