メルセデスF1 「レッドブルのF1エンジン部門の設立方法は本当に賢い」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ホンダF1の知的財産を引き継ぎ、メルセデスF1のスタッフを引き抜いて新たにF1エンジン部門を設立したレッドブルF1のやり方は“非常に賢い”と語る。

昨年、ホンダF1は2021年がレッドブルにエンジンを供給する最終年になることを発表。ライバルチームのカスタマーに戻ることを望まないレッドブルF1は、ホンダのIPを引き継ぎ、独自にエンジンを運用する『レッドブル・パワートレインズ』を設立した。

レッドブルF1は、2022年の初年度にホンダのスタッフを使用すると同時に、メルセデスのF1エンジン部門から多くのスタッフを引き抜いた。

トト・ウォルフは、レッドブルF1のやり方は“非常に賢い”と語る。また、レッドブルは、今後他の自動車メーカーをF1エンジンプロジェクトに招き入れるためのドアを開いたままにしている。

「レッドブルやクリスチャンがやっていることは本当に賢い」とトト・ヴォルフは Motorsport-Total.com に語った。「ホンダのノウハウやIPに頼ることができる一方で、自分の力に頼ってエンジン部門を設立することもできる」

「大手自動車メーカーをパートナーとして獲得するための扉を閉ざしてもいない。もちろん、それはレッドブルが現在持っている学習曲線からも恩恵を受ける」

今後数年間で、レッドブルF1がフォルクスワーゲンとパートナーシップを結び勢力を拡大するとの噂がなされている。

また、トト・ヴォルフは、メルセデスからレッドブルが“大枚をはたいて”スタッフを引き抜いたことに触れた。

「お金によって誰かを失った場合、それはコアチームがどのようなことができているか、そして、どのような価値観が重要かを振り返ることが重要かもしれない」とトト・ヴォルフは説明する。

「それは必ずしも最高の小切手であるとはらない。失う人材もいれば、勝ち取る人材もいるだろう。しかし、結局のところ、私はメルセデスの哲学を信じており、我々は本当に良い雇用主であると信じている」

「プレッシャーが高い場所だが、楽しいこともたくさんある。我々はそれを誇りに思うことができる。我々はそれに頼らなければならない」

「行ったり来たりは常にあるものだ。だが、このように言っておこう。私はクリスチャンがどこの生まれかを理解している。彼は構造を構築したいと思っている。そこでは大きな小切手を書かなければならないときもある。しかし、それは問題ないことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス