「ルクレールをポールからスタートさせようとしたフェラーリは正しい」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、日曜日のF1モナコGPでシャルル・ルクレールがポールポジションからスタートできるようにギアボックスを交換しないというリスクを犯したフェラーリは正しい判断をしたと考えている。

シャルル・ルクレールは、土曜日にポールポジションを獲得すると同時にマシンをクラッシュ。フェラーリは5グリッド降格を避けるためにギアボックスを交換しないことを決断。これを過度なギャンブルだったと考える人もいる。

実際、最終的にシャルル・ルクレールのマシンはレースのスタート前に故障し、決勝に出場することができなかった。

しかし、1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ビルヌーブは、シャルル・ルクレールはリタイアについて「自分のせいにすることしかできない」と語った。フェラーリは、実際のトラブルはギアボックではなく、ドライブシャフトハブの亀裂だったが、それでも予選でのクラッシュのダメージの結果であることを確認している。

ジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリがポールポジションを維持するためにギャンブルをしたのは正しいと RTBG に語った。

「モナコにはマシンがすべてが多かれ少なかれ順番通りであることを期待してリスクを冒す価値があった」とジャック・ヴィルヌーブは語った。

「シャルルはポールからスタートして、勝つ可能性は非常に高かった。それがモナコだ。リスクを冒さなければならない」

「彼らがギアボックスを変更したり、マシンを完全に乗り越えたりした場合、彼はペナルティを受けるか、ピットレーンからスタートすることになる。リスクは正当化された」

「壊れたのはトランスミッション自体ではなく、クラッシュによる損傷がなかったマシンの左側のコンポーネントの1つであったことに驚いている」

「しかし、それはまだ事故の結果であり、シャルルはそれについて自分自身を責めることしかできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1モナコGP / シャルル・ルクレール