レッドブルF1代表 「メルセデスF1の覇権を終わりを迎える」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1のすべてのサイクルは終わりを迎えるものであり、メルセデスF1の覇権は終わりを迎えると強気だ。

メルセデスF1は、2014年にF1がパワーユニット時代に突入して以来、両方のチャンピンシップを7連覇するという前人未踏の記録を打ち立てた。しかし、F1モナコGPを終えて、メルセデスはついにチャンピオンシップで首位の座を明け渡すことになった。

2010年から2013年までレッドブルはダブルタイトルを4連覇したが、その後、メルセデスが2014年からその覇権を引き継いで、今日まで支配的な期間を収めてきた。

しかし、2021年のF1世界選手権ではレッドブル・ホンダF1がタイトル脅威として再び浮上し、F1モナコGPで勝利したマックス・フェルスタッペンはキャリアで初めてドラバーズ選手権のポイントリーダーとなった。また、セルジオ・ペレスも4位でフィニッシュしたことで、レッドブル・ホンダF1はコンストラクターズ選手権でも首位の座を奪った。

メルセデスF1の覇権はついに終わりを迎えたのか? クリステャン・ホーナーは、彼らが永遠に勝つことはできないと保証する。

「すべてのサイクルは終わりを迎える。メルセデスが永遠に勝つことはない。それが我々が確信できる唯一のことだ」とクリスチャン・ホーナーは Daily Mail に語った。

「彼らがこのレースに勝てないと保証することはできないが、常に勝つとは限らない」

ここまで、メルセデスとレッドブル・ホンダのタイトル争いは心理戦が大きな部分を占めてきた。メルセデスF1のトト・ヴォルフは、メディアを通してレッドブル・ホンダF1を優勝候補に仕立てプレッシャーをかけようと試みてきた。

「マシンを運転しているのはマックスだ。レッドブルが今シーズンの優勝候補だという戯言がいろいろ聞かれる」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「メルセデスは7回連続でチャンピオンだ。昨年は彼らのマシンが優勢だったが、今年のマシンはそれから引き継がれている。確かにレギュレーションは彼らに少し影響を与えた。しかし、彼らがまだ我々より速いマシンを持っているのを見ることができる」

「マックスは、できる限り多くを引き出すために素晴らしい仕事をしている。正直、ルイスを抑えられるのは彼だけだ。彼はただマシンの乗って、100パーセントを尽くす。彼はその点で少しマンセル風だ。彼は攻撃的なドライバーであり、それ以上のことは考えていない。それが彼をとてもエキサイティングなドライバーにしている」

「今シーズン、彼はバーレーンにポジションを返還しなければならなかったときを含めて、ルイスを4回追い抜いている。彼はそれをすることを恐れてない。他にそれができる人はいない」

クリスチャン・ホーナーは、今でも、レッドブルのような飲料会社がF1で勢力になる可能性はほとんどないとしたルイス・ハミルトンの何年もコメントを忘れてはいない。

「ある有名な英国人ドライバーがかつて言ったように、レッドブルは単なるエナジードリンクだ。そして、彼らはマクラーレンやフェラーリと競争することはできないと思っていた。だが、我々は、絶対にできることを示してきたたと思う」とクリスチャン・ホーナーは断言した。

「我々は自分たちの運命をコントロールしている。シャシー部門とエンジン部門が同じ屋根の下にあるチームは他にはフェラーリだけだ。メルセデスはブラックリーとブリックスワースに分かれており、現在は株式保有も異なる。これは、レッドブルにとって長期的な戦略的利点だ」

レッドブルF1のトップへの復帰は、マックス・フェルスタッペンを取り巻く絶え間ない憶測を考慮しすれば、非常にタイムリーだった。

報道では、マックス・フェルスタッペンはパフォーマンス関連の終了条項を持っており、レッドブルは強力な2021年を過ごせなければ、彼を維持することに苦労するだろうと事実を隠そうとはしてこなかった。

メルセデスでは、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの両方が今シーズン限りで契約が期限を迎えるが、メルセデスがレッドブルのスタードライバーであるマックス・フェルスタッペンを引き抜く可能性があるという長年の憶測が続いていり。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1のトト・ヴォルフは彼自身のドライバーの状況を管理する方法を理解する必要があると皮肉る。

トト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルの両方のマネジメントを担当しており、2022年にそのうちの一人をメルセデスのシートから外さなければならない。

「我々はマックスと契約を結んでいる。トトが2番目のシートをどうするかを見るのは興味深いだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は両方のドライバー(ボッタスとラッセル)を管理し、雇用しているため、少し対立している。実際に彼は誰と交渉しているのか?」

「ジョージがバーレーンのマシンに飛び乗って、ボッタスと同じように運転したとき、それは彼が経験することができる最高で最悪のことだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス