2021年03月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 角田裕毅、ペレスのグリッドに着きそうになりバック

2021年3月30日
【動画】 角田裕毅、ペレスのグリッドに着きそうになりバック / F1バーレーンGP決勝
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1デビュー戦となったバーレーンGPのスタート直前に小さなミスを犯していた。

フォーメーションラップ中、11番グリッドのセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)のマシンが突然シャットダウン。なんとか再始動することができ、ピットレーンスタートで最後尾からスタートすることになった。

ホンダF1:2021年 開幕戦 F1バーレーンGP 決勝レポート

2021年3月30日
ホンダF1:2021年 開幕戦 F1バーレーンGP 決勝レポート
フェルスタッペンが2位に入り、ホンダとしては通算200回目の表彰台登壇。デビュー戦の角田裕毅は9位入賞を果たす
2021年の開幕戦バーレーンGPの決勝は、首位争いが最終ラップまで続く激しい戦いとなり、レッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタッペンが0.7秒差で2位フィニッシュを果たした。これが、ホンダとしては通算200回目の表彰台登壇となる。

フェルナンド・アロンソ、リタイアの原因は“サイドイッチの包み紙”

2021年3月30日
フェルナンド・アロンソ、リタイアの原因は“サイドイッチの包み紙” / F1バーレーンGP決勝
アルピーヌF1は、F1バーレーンGPでのフェルナンド・アロンソのリタイアは、ブレーキダクトにサンドイッチの袋が引っかかってブレーキがオーバーヒートしたためだと説明した。

2年ぶりのF1復帰戦となったフェルナンド・アロンソは、決して競争力が高くはないアルピーヌのF1マシンで激しいミッドフィールドでのバトルを展開していたが、マシンにデブリが詰まったことでブレーキがオーバーヒートしたことが原因で33周目にレースをリタイアした。

マックス・フェルスタッペン 「正々堂々とハミルトンにポジションを返した」

2021年3月29日
マックス・フェルスタッペン 「正々堂々とハミルトンにポジションを返した」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP決勝
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1バーレーンGPでルイス・ハミルトンにポジションを返したのは“仕方ないこと”だと受け入れており、そこから学ぶべき教訓はたくさんあると振り返った。

F1バーレーンGPの週末、マックス・フェルスタッペンは3つすべてのプラクティスセッションを制し、予選ではルイス・ハミルトンに0.388差をつけてポールポジションを獲得。優勝への期待が高まった。

2021年 F1バーレーンGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2021年3月29日
2021年 F1バーレーンGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はメルセデスF1のルイス・ハミルトン。2番グリッドからスタートしたハミルトンは、早めのピットインでアンダーカットに成功して逃げ切り、通算96勝目を挙げた。2位には0.7秒の僅差でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。3位にはメルセデスのバルテリ・ボッタスが続いた。

Juju、アメリカUS F4選手権への参戦を見送り「多岐にわたる問題」

2021年3月29日
Juju、アメリカUS F4選手権への参戦を見送り「多岐にわたる問題」
Jujuこと野田樹潤が、2021年に予定していたアメリカUS F4選手権開幕戦より参戦を見送ることが発表された。

Noda レーシング コンサルタンツは「諸事情による多岐にわたる問題により、これ以上続けることは、問題解決へ向けても改善されず、慢性的にドライバーへの負担は増える一方であると判断しました」と説明した。

【動画】 角田裕毅、最終ラップでランス・ストロールをオーバーテイク

2021年3月29日
【動画】 角田裕毅、最終ラップでランス・ストロールをオーバーテイク / アルファタウリ・ホンダ F1バーレーンGP決勝
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、7年ぶりの日本人F1ドライバーであり、F1バーレーンGPではデビュー戦でポイントを獲得した史上65人目のF1ドライバーとなった。しかし、角田裕毅は9位に大喜びしているわけではない。

FIA-F2での活躍からデビュー前からミック・シューマッハ以上の注目を集めていた角田裕毅。13番グリッドからのスタートで1周目に15番手まで順位を落としたが、セバスチャン・ベッテル、フェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネンとのバトルを制して10番手に浮上。前のランス・ストロールを追った。

ホンダF1 田辺豊治TD会見 「勝利を逃したのは残念。展開的にも悔しい」

2021年3月29日
ホンダF1 田辺豊治TD 会見 「勝利を逃したのは残念。展開的にも悔しい」 / F1バーレーンGP決勝
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝を振り返った。

前日の予選ではマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がホンダF1エンジンに30年ぶりに開幕ポールポジションをもらたした。ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)も5番グリッドにつけ、二人ともミディアムタイヤでのスタートでレースへの期待が高まった。

メルセデスF1代表 「予選ペースは負けている。レースの神が味方した」

2021年3月29日
メルセデスF1代表 「予選ペースは負けている。レースの神が味方した」 / F1バーレーンGP決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPでの勝利をレースの神々が我々の味方をしてくれた」と表現した。

予選ではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに約0.4秒差をつけられて敗北したメルセデス。だが、レースでは孤軍奮闘のレッドブルに対して、序盤にトラックボジションを重視したアンダーカットを狙う戦略を実施。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 59 | 60 | 61 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム