2021年02月のF1情報を一覧表示します。

ハースF1、2021年F1マシン『VF-21』で開発トークンを使用せず

2021年2月2日
ハースF1、2021年F1マシン『VF-21』で開発トークンを使用せず
ハースF1チームは、すでに開発の焦点全体を2022年シーズンに向けているいる。そのため、2021年F1マシン『VF-21』の開発にトークンは使用得ず、はルール変更に準拠するための必要最低限の変更しか行われないとチーム代表のギュンター・シュタイナーは語る。

ハースF1チームの2020年F1マシン『VF-20』は、新型コロナウイルスのパンデミックによる財政的な圧迫のため、シーズンを通して最小限の開発しか行われなかった。

ルイス・ハミルトンなくしてメルセデスF1の成功はなかった?

2021年2月2日
ルイス・ハミルトンなくしてメルセデスF1の成功はなかった?
元F1チームオーナーであるエディ・ジョーダンは、契約条件で合意に至っていないメルセデスF1が、ルイス・ハミルトンに代えてジョージ・ラッセルを起用しても、同じレベルの成功を享受できると考えているとすれば、それは“思い違い”だと語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、まだメルセデスとの新しい契約に合意していない。バーレーンでのプレシーズンテストまで6週間を切ったこともあり、その遅れの背景にある理由について多くの憶測を引き起こしている。

マクラーレンF1、MCL35Mは歴史的なオレンジ&白のカラーリング?

2021年2月2日
マクラーレンF1、MCL35Mは歴史的なオレンジ&白のカラーリング?
マクラーレンF1は、2021年F1マシン『MCL35M』でブルース・マクラーレン時代の歴史的なオレンジ×ホワイトのカラーリングを纏うかもしれないと噂になっている。

2017年、ロン・デニスを解任したマクラーレンは、シルバーから歴史的なオレンジにカラーリングを変更。シャシー名称も「MP4」から「MCL」に変更し、翌年にはマクラーレンの重要なカラーリングである“パパイヤオレンジ”を復活させた。

「ボッタスが2021年にハミルトンを倒すチャンスはない」と元F1ドライバー

2021年2月2日
「ボッタスが2021年にハミルトンを倒すチャンスはない」と元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、2021年にバルテリ・ボッタスが7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンを倒す“チャンスはない”だろうと語る。

ルイス・ハミルトンはまだメルセデスF1との契約を更新していないが、先週、バルテリ・ボッタスは、それが誰であっても2021年にメルセデスF1のチームメイトを“倒すことを目標としている”と宣言した。

メルセデスF1 「レッドブルとホンダF1の計画ために凍結を支持する」

2021年2月2日
メルセデスF1 「レッドブルとホンダF1の計画ために凍結を支持する」
メルセデスF1は、2022年のレッドブルのホンダF1エンジン計画をサポートするために開発の凍結を支持すると語る。

レッドブルは、F1から撤退するホンダのF1エンジンオペレーションを引き継ぐ計画は、ライバルチームが2022年のエンジン開発の“凍結”をサポートするかどうかに完全に依存していると述べている。

ファン・マヌエル・コレア、ARTと契約して2021年にFIA-F3でレース復帰

2021年2月2日
ファン・マヌエル・コレア、ARTと契約して2021年にFIA-F3でレース復帰
2019年のFIA-F2スパ大会でアントワーヌ・ユベールの命を奪ったクラッシュで重傷を負ったファン・マヌエル・コレアが、2021年にARTグランプリと契約してFIA-F3でレース復帰を果たすことが発表された。

21歳のファン・マヌエル・コレアは、2019年8月にスパ・フランコルシャンで開催されたFIA-F2のレース1でアントワーニ・ユベールが命を落とした多重クラッシュに巻き込まれて両脚を複雑骨折。26回にわたる手術を受けた。

F1:セバスチャン・ベッテル、次の登場時にはいつもの髪型に戻る?

2021年2月2日
F1:セバスチャン・ベッテル、次の登場時にはいつもの髪型に戻る?
セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンのF1ドライバーとして次に公の場に現れるときには“通常の髪型”に戻っているはずだと Bild は報じている。

今年からアストンマーティンF1に移籍したセバスチャン・ベッテルは、シルバーストンのファクトリーを初めて訪れて2021年F1マシンでシート合わせをしている動画が公開された。しかし、ベッテルの短く刈り込まれた髪の毛の頭頂部の薄さはF1界に衝撃とある種の娯楽を提供した。

角田裕毅、F1デビュー前から“ネクスト・フェルスタッペン”の呼び声

2021年2月1日
角田裕毅、F1デビュー前から“ネクスト・フェルスタッペン”の呼び声
角田裕毅は“新たなマックス・フェルスタッペン”と呼ぶことができる。そう伝えるのはマックス・フェルスタッペンの母国オランダのメディア racingnews365 だ。

ホンダとレッドブルのサポートを受ける20歳の角田裕毅は、今年アルファタウリ・ホンダからF1デビュー。2021年のF1グリッドでは最年少であり、2000年代生まれの最初のF1ドライバーになる。

ハースF1、VF-21のパーツは完成もエンジンをインストールできず

2021年2月1日
ハースF1、VF-21のパーツは完成もエンジンをインストールできず
ハースF1は、2021年F1マシン『VF-21』を予定どおり納車する予定ではあるが、そこには1つ問題がある。それはフェラーリのF1エンジンだ。フェラーリのエンジニアが英国が入国することができず、インストールができない状況となっている。

ハースF1は、チーム創設以来初めてバンベリーにあるファクトリーで新車を製造。通常、パーツはバンベリーからイタリアに送られていたが、今年は多くのパーツが同じままなので、逆の方法をとった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 34 | 35 | 36 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム