レッドブル、AFコルセと組んで2021年のDTMに2台体制で参戦…アルボンはアルファタウリF1カラー
レッドブルは、AFコルセと組んで2021年のDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦することを発表。レッドブルF1のリザーブドライバーであるアレクサンダー・アルボン、リアム・ローソン、ニック・キャシディーをドライバーに起用し、2台のフェラーリ488 GT3EVOを走らせる。

先月、レッドブルはF1チームのリザーブドライバーとなったアレクサンダー・アルボンが、レッドブル・ジュニアチームのリアム・ローソンとともにDTMに参戦することを発表。

発表時には、マシンとチームについての詳細は発表されなかったが、WEC(FIA 世界耐久選手権)でフェラーリのファクトリーチームを運営するAFコルセとタッグを組み、2台のフェラーリ488 GT3EVOを走らせることを発表した。

2台のフェラーリ488 GT3EVOには異なるカラーリングが施される。フル参戦するリアム・ローソンのマシンにはレッドブルのカラーリングを採用。一方、アレクサンダー・アルボンは、アルファタウリ・ホンダF1と同じファッションブランドであるアルファタウリのネイビー×ホワイトのカラーリングが施される。

レッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンが、2021年に何戦出場するかはまだ不明だが、欠場する場合にはニック・キャシディーが2台目のマシンのドライバーを担当する。

スーパーフォーミュラとSUPER GTのチャンピオンであるニック・キャシディは、2020/21年のフォーミュラEにヴァージン・レーシングから参戦することが決定している。

「DTMは、フィールドで非常に才能のあるドライバーとエキサイティングなレースを備えた素晴らしいシリーズだ」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「オートスポーツBRDCヤングドライバーアワードにノミネートされた2015年に一度だけ“ティントップ”を運転したことがあるけど、それらはシングルシーターとは大きく違った」

「ダウンフォースが大幅に減り、タイヤが大きく異なるため、異なるドライビングスタイルが必要になる。慣れるまで少し時間がかかるだろうけど、既存のF1コミットメントがないときの新しいレースチャレンジを楽しみにしている」

DTMの代表であるゲルハルト・ベルガーは「レッドブルとフェラーリはどちらも、モータースポーツの世界とそれ以外の世界で絶対的な成功を収めている世界をリードするプレーヤーだ。DTMのユニークなプロジェクトでこれら2つのトップブランドを統合し、権威あるチャンピオンシップを勝ち取る勢力として参戦することを非常に嬉しく思う」

「3人のハイクラスなドライバーの前例のないコラボレーションは特に有望だ。F1ドライバーとして表彰台を獲得したアレックス・アルボン、GTプロで複数のレース優勝者のニック・キャシディ、若い才能のリアム・ローソンが1つのチームにいる。これは完璧な組み合わせだ。次のDTMシーズンでも興奮度を高く保たれるだろう」

2021年のDTMシーズンは、ホッケンハイムとラウジッツリングでの2回のプレシーズンテストの後、6月19〜20日にモンツァで開幕。カレンダーは、ドイツとヨーロッパの他の地域で均等に分割された8ラウンドを特徴としている」

レッドブル DTM リアム・ローソン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / DTM(ドイツツーリングカー選手権) / アレクサンダー・アルボン / アルファタウリ