フェルナンド・アロンソ、アルピーヌF1 A521の新車発表会を欠席…自転車事故の影響
アルピーヌF1は、フェルナンド・アロンソが3月2日に開催される2021年F1マシン『A521』の新車発表会を大事をとって欠席することを発表した。

今月初め、フェルナンド・アロンソはスイスで自転車でトレーニング中に事故に巻き込まれ、顎を骨折して矯正手術を受けた。手術は成功し、2日間入院した後に帰国を許可されたアロンソは自宅で回復とシーズンの準備を進めている。

しかし、アルピーヌF1は、3月2日(火)にイギリスで開催される2021年F1マシン『A521』の公式プレゼンテーションにフェルナンド・アロンソが出席しないことを発表した。

「この機会にフェルナンド・アロンソがメディアの質疑応答に出席しないことを確認しなければならないことを残念に思う」とアルピーヌF1は述べた。

「衛生状態とそれに対応する適用規則により、彼は重要なシーズンの準備をしている間、コミュニケーションやマーケティング活動を行うことができない。代わりに、メディアが使用できるようにフェルナンドとのQ&Aを公開する。彼はバーレーンでの公式プレシーズンテストでメディアの取材に応じることになる」

アルピーヌF1の発言は曖昧なままだが、フェルナンド・アロンソは怪我にとって準備が遅れているようだ。イギリスへの渡航制限によって、アロンソは発表会に出席するためには隔離されなければならず、準備はさらに遅れることになる。

フェルナンド・アロンソのチームメイトであるエステバン・オコン、新しいチームボスのダビデ・ブリビオ、アルパピーヌのCEOであるローランロ・ッシ、エグゼクティブディレクターのマルチン・ブコウスキーは発表イベントに参加する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1マシン / アルピーヌ