2018年06月のF1情報を一覧表示します。

ハースF1チーム:F1オーストリアGP 金曜フリー走行レポート

2018年6月30日
F1 ハースF1チーム オーストリアGP
ハースF1チームは、F1オーストリアGPの金曜フリー走行でロマン・グロージャンが7番手タイム、ケビン・マグヌッセンが8番手タイムだった。

ロマン・グロージャン (7番手)
「かなり良い一日だった。かなりクールなトラックだ。ここに来るのはいつも本当に楽しい。山間部にあるレイアウトがダウ式だし、雰囲気も素晴らしい。雨が降らなかったのも良いことだ。マイレージを稼げるので晴れていた方が好ましいし、ファンにとっても僕たちにとっても全員にとって良いことだ」

レッドブル:F1オーストリアGP 金曜フリー走行レポート

2018年6月30日
F1 レッドブル・レーシング オーストリアGP
レッドブルは、F1オーストリアGPの金曜フリー走行でダニエル・リカルドが4番手タイム、マックス・フェルスタッペンが5番手タイムだった。

ダニエル・リカルド (4番手)
「かなり楽しかったね。ここはクイックラップだけど、その1分と少しがずっと楽しい。ショートラップなのでタイムもとても接近するしね。午前中の方が午後よりも少し強力だったと思うし、まだもう少しタイムを見い出せる」

メルセデス:F1オーストリアGP 金曜フリー走行レポート

2018年6月30日
F1 メルセデス オーストリアGP
メルセデスは、F1オーストリアGPの金曜フリー走行でルイス・ハミルトンがトップタイム、バルテリ・ボッタスが2番手タイムだった。

ルイス・ハミルトン (1番手)
「これまでのところは良い一日だった。まったく問題のないかなりストレートな一日だった。オーストリアには多くのコーナーはない。とても速いトラックだし、全てのタイヤがとても近い。硬い方のタイヤの方が僕には適しているように思う」

フェラーリ:F1オーストリアGP 金曜フリー走行レポート

2018年6月30日
F1 フェラーリ オーストリアGP
フェラーリは、F1オーストリアGPの金曜フリー走行でセバスチャン・ベッテルが3番手タイム、キミ・ライコネンが6番手タイムだった。

セバスチャン・ベッテル (3番手)
「僕たちは常にクルマを改善することができるけど、今日は満足している。クルマはかなり良かったし、明日何ができるか見ていくつもりだ。このトラックでは縁石が幾分“アグレッシブ”なのは確かだけど、今日はまったく問題なかったし、明日やレースでも問題にならないことを願っている」

フェラーリ、シャルル・ルクレールに2年契約をオファーとの報道

2018年6月30日
F1 フェラーリ シャルル・ルクレール
フェラーリが、シャルル・ルクレールにキミ・ライコネンの後任として2年契約をオファーしたと La Gazzetta dello Sport が報じている。

今年、ザウバーからF1デビューしたフェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレール(20歳)は、非力なザウバーのマシンで過去5戦で4度の入賞を果たす大活躍を見せており、経験豊富なチームメイトのマーカス・エリクソンを上回るパフォーマンスを見せている。

ケビン・マグヌッセン、フェラーリ移籍の噂に「そんなオファーはない」

2018年6月30日
F1 ケビン・マグヌッセン フェラーリ フォーミュラ1
ケビン・マグヌッセンは、自分とフェラーリを結びつける噂を明確に否定した。

フェラーリは、2019年にキミ・ライコネンに代えて育成ドライバーのシャルル・ルクレールを昇格させるとの噂が過熱しているが、パドックの噂好きはケビン・マグヌッセンも候補者だとしている。

だが、フェラーリの“Bチーム”のひとつであるハースでドライブするケビン・マグヌッセンは、実際には2019年のハースとの契約延長が“目前”だと語っている。

【F2】 第6戦 予選:J.ラッセルが2戦連続PP、牧野10位・福住17位

2018年6月30日
フォーミュラ2 福住仁嶺 牧野任祐
FIA F2選手権 第6戦 オーストリアの予選がレッドブル・リンクで行われ、ジョージ・ラッセル(ART Grand Prix)が2戦連続となるポールポジションを獲得。牧野任祐(RUSSIAN TIME)は10番手、福住仁嶺(BWT Arden)は17番手で予選を終えた。

FIA F2選手権第6戦が、オーストリアのレッドブル・リンクで初日を迎えた。6月29日(金)の午後1時からスタートした45分間のプラクティスでは、福住仁嶺、牧野任祐がともに順調に周回を重ねていく。

トロロッソ 「ハートレーのマシン導入したエアロは期待通りに機能」

2018年6月30日
F1 トロロッソ・ホンダ
スクーデリア・トロ・ロッソのチーフエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、F1オーストリアGP初日のトロロッソ・ホンダの作業を振り返った。

トロロッソ・ホンダは、F1オーストリアGPに新しいエアロパーツを導入。初日はブレンドン・ハートレーのマシンに搭載され、期待通りに機能したため、2日目からはピエール・ガスリーのマシンにも搭載去れることになった。

ピエール・ガスリー 「マシンの手応えも良好でポジティブ」

2018年6月30日
F1 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1オーストリアGP初日のフリー走行を9番手タイムで終えた。

午前11時、気温19℃、ドライコンディションで迎えたP1で、ピエール・ガスリーはスーパーソフトタイヤを装着して走行。PUやマシンのセッティングのプログラムを順調に消化。このセッションで、ガスリーは1分06秒394で10番手につけた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 52 | 53 | 54 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム