フェルナンド・アロンソ 「今のWECレースはそこまで魅力的ではない」

2021年8月23日
フェルナンド・アロンソ 「今のWECレースはそこまで魅力的ではない」
フェルナンド・アロンソは、耐久レースは“大好き”だが、今のWEC(FIA 世界耐久選手権)のトップカテゴリーであるハイパーカーはスピードが遅くなっているため、「そこまで魅力的ではない」と語る。

LMP1に代わる新しいハイパーカークラスの導入は、WECの将来に望ましい効果をもたらしており、2023年以降、いくつかの新しいメーカーが参戦を予定している。

ベッテル、アロンソに敬意「シューマッハを倒すなど不可能と思っていた」

2021年8月22日
F1:セバスチャン・ベッテル、アロンソに敬意「シューマッハを倒すなど不可能と思っていた」
セバスチャン・ベッテルは、当時は不可能だと思っていたミハエル・シューマッハを倒したフェルナンド・アロンソに最大限の敬意を払っている。

セバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソは、過去10年間の初めにレースでの勝利とワールドチャンピオンを目指して、長年にわたって多くの戦いを楽しんできた。

【動画】 フェルナンド・アロンソ、ル・マン24時間レースでF1デモ走行

2021年8月21日
【動画】 フェルナンド・アロンソ、ル・マン24時間レースでF1デモ走行
フェルナンド・アロンソは、2021年 ル・マン24時間レースの決勝に先立ち、アルピーヌF1チームのF1マシンでデモ走行を実施し、歴史を築いた。

F1は、1967年のF1フランスGPで短いブガッティサーキットを使用したことがあるが、F1マシンがル・マン24時間レースの舞台となる8.5マイルのサルト・サーキットのフルトラックを走るのは現代では初めてとなる。

フェルナンド・アロンソ、自身のブランド『Kimoa』の株式を売却

2021年8月21日
フェルナンド・アロンソ、自身のブランド『Kimoa』の株式を売却
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、自身が創設したアパレルブランド『Kimoa(キモア)』の株式を米国のSimplyEVの親会社に売却した。

SimplyEVは、オンラインショッピングと店舗ネットワークを急速に拡大している小売業者。今回の合意により、SimplyEVの親会社であるRevolution Brands InternationalがKimoaの70%の株式が買収。フェルナンド・アロンソは25%の持ち株を保持し、グローバルアンバサダーの役割を果たす。

フェルナンド・アロンソ 「F1復帰への批判がより大きな称賛を生んだ」

2021年8月20日
フェルナンド・アロンソ 「F1復帰への批判がより大きな称賛を生んだ」
フェルナンド・アロンソのF1復帰は簡単なものではなかったが、その状況に役立ったのは彼への批判的な声だったと語る。

F1から2シーズン離れた後、2021年にフェルナンド・アロンソは、ルノー時代の2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを獲得したアルピーヌF1チームからF1復帰を果たした。

フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンとル・マン24時間で組みたい」

2021年8月19日
フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンとル・マン24時間で組みたい」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、将来的にマックス・フェルスタッペンと組んでル・マン24時間レースに参戦するというアイデアを語った。

フェルナンド・アロンソは、F1を離れていた2年間にトヨタとFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦し、ル・マン24時間レースを2回制している。

フェルナンド・アロンソ 「シューマッハは他のドライバーとは違った存在」

2021年8月19日
F1:フェルナンド・アロンソ 「シューマッハは他のドライバーとは違った存在」
フェルナンド・アロンソは、ミハエル・シューマッハに対してF1内で他のドライバーにも当てはまらない畏敬の念を抱いたと語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、フェラーリF1に所属した2000年代にそのうちの5回を獲得したが、フェルナンド・アロンソは彼の周りにいることで、当時のF1を支配していたにも関わらず、シューマッハが人間であることに気づいたと語る。

フェルナンド・アロンソ、ル・マン24時間でアルピーヌF1カーでデモ走行

2021年8月18日
フェルナンド・アロンソ、ル・マン24時間でアルピーヌF1カーでデモ走行
フェルナンド・アロンソは、今週末のル・マン24時間レースに先立ち、サルト・サーキットでアルピーヌのF1マシンでデモ走行を行う。

F1は、1967年のF1フランスGPで短いブガッティサーキットを使用したことがあるが、F1マシンが世界耐久選手権の目玉として使用されてきた8.5マイルのフルトラックを走るのは現代では初めてと思われる。

フェルナンド・アロンソ 「僕とベッテルの名前はF1史に永遠に記憶される」

2021年8月18日
フェルナンド・アロンソ 「僕とベッテルの名前はF1史に永遠に記憶される」
フェルナンド・アロンソは、自分とセバスチャン・ベッテルのF1キャリアは、歴史の中で永遠に記憶されるだろうと語る。

フェルナンド・アロンソは2回、セバスチャン・ベッテルは4回と2人で6回のワールドチャンピオンを獲得している。近年はミッドフィールドのチームで経験を求められているが、二人は長年にわたって健全なライバル関係を築いてきた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム