フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンは若い頃の自分と重なる」

2021年10月15日
フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンは若い頃の自分と重なる」
フェルナンド・アロンソは、初のF1ワールドチャンピオンを目指しているマックス・フェルスタッペンを若い頃の自分と重ね合わせている。

フェルナンド・アロンソが2005年にミハエル・シューマッハとフェラーリの覇権に終止符を打ってルノーと初のF1ワールドチャンピオンを獲得したのは24歳のときだった。

F1レースディレクター、アロンソの“ペナルティ差別”発言に反論

2021年10月13日
F1レースディレクター、アロンソの“ペナルティ差別”発言に反論
F1レースディレクターのマイケル・マシは、FIAオフィシャルが、ドライバーによってペナルティを科すときに偏った決断を下すことが多いとの主張に反論した。

F1トルコGPで、これまでのシーズンのドライビング戦術について質問されたフェルナンド・アロンソは「今年、コース外のドライバーに追い抜かれたとき、僕は何度も馬鹿を見てきた」と語った。

フェルナンド・アロンソ 「ミック・シューマッハに彼の父の面影を感じる」

2021年10月13日
F1:フェルナンド・アロンソ 「ミック・シューマッハに彼の父の面影を感じる」
フェルナンド・アロンソは、ミハエル・シューマッハの息子がF1にいるのは「特別なこと」だと語る。

F1のレジェンドであるミハエル・シューマッハとフェルナンド・アロンソは約10年前にチャンピオンシップを争っていた。日曜日のF1トルコGPでは40歳のフェルナンド・アロンソと22歳のミック・シューマッハが接触事故を起こした。

アロンソ 「フェルスタッペンのF1タイトル獲得に手を貸す気はない」

2021年10月12日
フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンのF1タイトル獲得に手を貸す気はない」
フェルナンド・アロンソは、F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンを援護してほしいというレッドブルF1首脳からの誘いを丁寧に断った。

レース前、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのライバルであるルイス・ハミルトンがグリッドペナルティから挽回する際に何人かのドライバーをオーバーテイクするのに苦労することを期待していると語った。

フェルナンド・アロンソ、接触したミック・シューマッハに謝罪

2021年10月12日
フェルナンド・アロンソ、接触したミック・シューマッハに謝罪 / F1トルコGP 決勝
フェルナンド・アロンソは、ミック・シューマッハにF1トルコGPの序盤にヒットしたことを謝罪した。

ウェットコンディションとなったF1トルコGP。フェルナンド・ピエール・ガスリーにヒットされてスピン。バックマーカーまで順位を落としたアロンソは、ミック・シューマッハと接触してスピンさせた。

スチュワードは、フェルナンド・アロンソに5秒加算ペナルティを適用し、さらにレース後に2ポイントのペナルティポイントを科した。

F1トルコGP決勝:アロンソとガスリーにそれぞれペナルティポイント

2021年10月11日
F1トルコGP決勝:アロンソとガスリーにそれぞれペナルティポイント
F1トルコGPの決勝でフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、序盤の2件のインシデントについてそれぞれに過失があるとして、ペナルティポイントを科した。

ウエットコンディションで行われたF1トルコGPだが、セバスチャン・ベッテルがスリックタイヤのギャンブルに失敗した以外はあまり波乱のないレースとなった。

フェルナンド・アロンソ、ダブルイエロー無視の疑いで召喚もお咎めなし

2021年10月10日
フェルナンド・アロンソ、ダブルイエロー無視の疑いで召喚もお咎めなし / F1トルコGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1トルコGPの予選でダブルイエロー区間で減速しなかったとしてスチュワードに召喚されたが、ペナルティは回避した。

インシデントは、Q1の早い段階でフェルナンド・アロンソの前を走るドライバーがコントロールを失ったときに発生した。アロンソはダブルイエロー区間通過してラップタイムをセットした。これはラップを完全に放棄することを求めるレースディレクターのガイドラインと矛盾する。

フェルナンド・アロンソ、F1を非難 「ドライバーごとにルールが異なる」

2021年10月8日
フェルナンド・アロンソ、F1を非難 「ドライバーごとにルールが異なる」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは「ドライバーごとにルールが異なる」としてF1を非難した。

フェルナンド・アロンソは、F1ロシアGPのオープニングラップのターン2のエスケープロードに逃れた。レース前にグリッドに向かうアロンソは同じことをしていた。

FIAはアドバンテージを得られなかったと判断して調査をしなかったが、この一件は、レース後にソーシャルメディアで注目を集めた。

「アロンソはハミルトンから挑戦を受けるなど想像すらできなかった」

2021年10月3日
「アロンソはハミルトンからう挑戦を受けるなど想像すらできなかった」と元メルセデスF1責任者
メルセデスF1の元責任者を務めたノルベルト・ハウグは、フェルナンド・アロンソは2007年にルイス・ハミルトンとチームメイトになった際、ルーキーから挑戦を受けることになるを“想像できていなかった”と語る。

2007年、マクラーレンはドライバーラインナップを一新し、2回のF1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソのチームメイトとして“秘蔵っ子”として育成してきたルイス・ハミルトンをデビューさせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム