フェルナンド・アロンソ、チームメイトに敗北「十分な速さがなかった」

2021年4月18日
フェルナンド・アロンソ、チームメイトに敗北「十分な速さがなかった」 / アルピーヌ F1エミリア・ロマーニャGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの予選で15番手。久々にチームメイトに敗北を喫した。

F1復帰に向けて、自分が最高のドライバーである証として「予選でチームメイトに負けていなかった」ことを挙げていたフェルナンド・アロンソ。

フェルナンド・アロンソ 「現代のF1マシンで走行するイモラは素晴らしい」

2021年4月17日
フェルナンド・アロンソ 「現代のF1マシンで走行するイモラは素晴らしい」 / アルピーヌ F1エミリア・ロマーニャGP 初日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、現在のF1マシンで走行するイモラ・サーキットは“素晴らしい”経験だと語る。

フェルナンド・アロンソは、2005年と2006年のF1サンマリノGPでミハエル・シューマッハと激しいバトルを繰り広げており、イモラを知らないわけではない。そして、ターボハイブリッドF1カーでの走行は彼を失望させなかった。

F1:フェルナンド・アロンソ、レース引退まで自叙伝の発表を延期

2021年4月16日
F1:フェルナンド・アロンソ、レース引退まで自叙伝の発表を延期
フェルナンド・アロンソは、プロのレーサーとして引退するまで自叙伝を発表するのを延期していると語る。

当初、フェルナンド・アロンソは、2018年にF1を離れた際にこの本を出版するつもりだったが、今年アルピーヌからF1に復帰する前に、FIA世界耐久選手権(WEC)やインディカーなど様々なカテゴリーでレースを続けた。

クビアトがイモラ入りしただけでアルピーヌF1のドライバーに感染の噂

2021年4月15日
ダニール・クビアトがイモラ入りしただけでアルピーヌF1のドライバーに感染の噂 / F1エミリア・ロマーニャGP
F1パドックは新型コロナウイルスに神経質になっている。アルピーヌF1のリザーブドライバーがイモラ・サーキット入りしただけで、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンがどちらかが新型コロナウイルスに感染したとの噂が広まり、チームが否定する事態に発展した。

イタリアのメディアでの噂は水曜日の夜にスタート・アルパインのドライバーの1人が新型コロナウイルス検査でテストが出たため、イモラでの第2戦F1エミリア・ロマーニャGPでリザーブドライバーがダニールク・ビアトが代役を務めるとの噂が広まった。

フェルナンド・アロンソ、F1チーム内での“問題児”報道に「笑わせる」

2021年4月15日
フェルナンド・アロンソ、F1チーム内での“問題児”報道に「笑わせる」
フェルナンド・アロンソは、F1で仕事をするのが難しい“問題児”だという継続的なストーリーに反撃した。

先週、アルピーヌF1のモータースポーツアドバイザーを務めるアラン・プロストは、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソとチームメイトのエステバン・オコンの新しいダイナミクスを管理するためにチームは“非常に注意する必要がある”と語った。

フェルナンド・アロンソ 「バーレーンで不運が使い果たされたことを願う」

2021年4月15日
フェルナンド・アロンソ 「バーレーンが不運を使い果たされたことを願う」 / アルピーヌF1 2021年 F1エミリア・ロマーニャGP プレビュー
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権の第2戦としてイモラ・サーキットで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPへの意気込みを語った。

2週間前にバーレーンで2年ぶりのF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、予選Q3に進出するパフォーマンスを見せたが、決勝ではブレーキダクトにサンドイッチの包み紙が挟めるという不運でリタイアすることにあった。

フェルナンド・アロンソ 「アビテブールの離脱はF1復帰に影響しない」

2021年4月12日
フェルナンド・アロンソ 「アビテブールの離脱はF1復帰に影響しない」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年シーズンに先立ってルノーが実施したシリル・アビテブールの離脱を含めたマネジメント構造の変更を支持した。

シリル・アビテブールは、2014年からルノーに所属しており、離脱する兆候はまったく見られなかったため、2021年1月の発表はF1パドックを驚かせた。

アラン・プロスト 「アロンソとオコンの関係は危険をはらんでいる」

2021年4月9日
アルピーヌF1:アラン・プロスト 「アロンソとオコンの関係は危険をはらんでいる」
アルピーヌF1のアドバイザーを務めるアラン・プロストは、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンとの間のバランスが崩れれば、チームにとって命取りになる可能性があると考えており、ライバル関係に発展するのを抑制していくつもりだと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、1980年代後半を支配したマクラーレン・ホンダでアイルトン・セナとのF1史上最も激しいチームメイト関係を経験ており、チーム内のライバル関係についてすべて知っている。

アラン・プロスト 「アロンソは2021年に勝てないことを理解している」

2021年4月7日
アラン・プロスト 「アロンソは2021年に勝てないことを理解している」 / アルピーヌF1
アルピーヌF1のアドバイザーを務めるアラン・プロストは、フェルナンド・アロンソは2021年にレースに勝つことが“不可能”であることを承知していると語る。

フェルナンド・アロンソの長年のマネージャー兼メンターであるフラビオ・ブリアトーレは、2年ぶりにF1復帰を果たしたアロンソがアルピーヌF1との復帰戦に“失望している”と Adnkronos に語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム