アロンソ 「ライコネンのF1引退を語れるほど彼のことを知らない」

2021年9月3日
フェルナンド・アロンソ 「ライコネンのF1引退を語れるほど彼のことを知らない」
フェルナンド・アロンソは、今季限りでキミ・ライコネンがF1から引退することで寂しくはなるだろうと語るが、20年のキャリアで交差し、時にはチームメイトとして多くの戦いをしてきたにも関わらず、ライコネンのことはあまり知らないと語る。

キミ・ライコネンは、F1オランダGPに先立って今季限りでF1を引退することを発表。フェルナンド・アロンソは、同じ2001年にF1に参戦した同期であり、長年にわたってライバルだった。

フェルナンド・アロンソ 「F1の競争力がなくなったら自分が最初に認める」

2021年9月2日
フェルナンド・アロンソ 「F1の競争力がなくなったら自分が最初に認める」
フェルナンド・アロンソは、少なくとも2023年までF1を続けることを望んでいるが、もはやF1をやっていくための十分な競争力がなくなった場合、それを認めるのは自分が“最初に人”になるだろうと語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2年間のブランクを経てアルピーヌでF1復帰。抜本的にレギュレーションが変更される2022年までチームとの契約を延長した。

フェルナンド・アロンソ 「ル・マンのトラックはF1マシンには適していない」

2021年9月1日
フェルナンド・アロンソ 「ル・マンのトラックはF1マシンには適していない」
フェルナンド・アロンソは、今年のル・マン24時間レースでF1マシンで初めてサルト・サーキットを走行したが、トラックはF1マシンには適していないと感じている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2021年のル・マン24時間レース前に行われたアルピーヌのデモ走行の一部として、アルピーヌのカラーリングが施されたルノーのF1マシンで走行し、歴史に名を刻んだ。

フェルナンド・アロンソ、何もできず11位「ある意味で衝撃的」

2021年8月30日
フェルナンド・アロンソ、何もできず11位「ある意味で衝撃的」 / F1ベルギーGP 決勝
フェルナンド・アロンソは、F1ベルギーGPでセーフティカー先導の2周でポイントを付与するという決定に呆然とした。

スパ・フランコルシャンではレース当日に大雨が降り、F1ベルギーGPを成功させるために2回のスタートが試みられたが、どちらもコンディションの犠牲になった。

【動画】 必見! アロンソが超リアルな新型ヘルメットカメラで走行

2021年8月28日
【動画】 必見! アロンソが超リアルな新型ヘルメットカメラで走行 / F1ベルギーGP フリー走行2回目
アルピーヌF1のフェルアンド・アロンソは、F1ベルギーGPのフリー走行2回目に新しいヘルメットカメラを搭載してセッションを実施。これまでとは比べ物にならないほどリアルなドライバー目線を届けた。

ヘルメットのバイザーの中に搭載されたカメラからの映像は、まさにコックピット内のフェルナンド・アロンソの目線そのもの。

フェルナンド・アロンソ 「アルピーヌF1との延長決断は1分もかからなかった」

2021年8月28日
フェルナンド・アロンソ 「アルピーヌF1との契約延長決断は1分もかからなかった」
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1との2022年の契約延長を決断するのに“1分もかからなかった”と語る。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1との2022年の契約オプションを行使して残留が決定。F1ベルギーGPに先立った記者会見はチームに残留するという決断は難しいものだったかと質問された。

ジェンソン・バトンが語る「ハミルトンやアロンソにあって僕にないもの」

2021年8月27日
ジェンソン・バトンが語る「ハミルトンやアロンソにあって僕にないもの」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、ルイス・ハミルトンやフェルナンド・アロンソにはできて、自分にはできないと感じているものを語った。

3人は全員がF1ワールドチャンピオンであり、ルイス・ハミルトンは7回、ルイス・ハミルトンは2回、そして、ジェンソン・バトンは2009年にブラウンGPで獲得した1回となっている。

アルピーヌF1、フェルナンド・アロンソの2022年の残留を正式発表

2021年8月26日
アルピーヌF1、フェルナンド・アロンソの2022年の残留を正式発表
アルピーヌF1は、フェルナンド・アロンソが2022年もチームに残留することを正式に発表した。2回のF1ワールドチャンピオンは当初の契約で2年目もチームにとどまるオプションが与えられていたがアロンソはそれを行使した。

フェルナンド・アロンソは、F1から2年間のサバティカルを終えた後、今年アプピーヌからF1復帰。チームでの彼のパフォーマンスは多くの人を驚かせ、前回のF1ハンガリーGPではルイス・ハミルトンとのバトルの末、4位というシーズンベストリザルトを達成している。

フェルナンド・アロンソ 「23歳の自分は“片手で倒せる”」

2021年8月26日
フェルナンド・アロンソ 「23歳の自分は“片手で倒せる”」
40歳になったフェルナンド・アロンソは、ドライバーとして成熟しており、F1ワールドチャンピオンを獲得した23歳頃の自分を“片手で倒せる”と語る。

今年2年ぶりにアルピーヌからF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、序盤はF1マシンに適応することに苦労しているようだった。しかし、徐々にスピードを上げると、F1ハンガリーGPではルイス・ハミルトンとのバトルで素晴らしいディフェンスを見せ、チームメイトのエステバン・オコンのF1初優勝をアシストした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム