フェルナンド・アロンソ 「F1はモナコ専用タイヤの開発を検討すべき」

2021年5月29日
フェルナンド・アロンソ 「F1はモナコ専用タイヤの開発を検討すべき」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1モナコGPを盛り上げるために、特別なタイヤや特別なルールの導入を検討した方がいいかもしれないと語る。

現代のF1マシンのサイズとスピード、そして、タイトで曲がりくねったモナコのストリートサーキットのレイアウトの組み合わせの結果、先週末のF1モナコGPは事実上オーバーテイクのない行列のレースとなった。

フェルナンド・アロンソ 「2年ぶりのF1復帰は予想以上に難しい状況」

2021年5月28日
フェルナンド・アロンソ 「2年ぶりのF1復帰は予想以上に難しい状況」
フェルナンド・アロンソは、2年ぶりにF1復帰することに予想以上に苦戦していると認めるが、それでもF1マシンを運転する喜びを弱めることはないと語る。

今年アルピーヌF1で復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、開幕5戦で予選Q3進出は2回しか果たしておらず、決勝でもポイントフィニッシュは2回に留まっている。

フェルナンド・アロンソ 「僕の未勝利のF1表彰台は葬式のようなだった」

2021年5月27日
フェルナンド・アロンソ 「僕の未勝利のF1表彰台は葬式のようなだった」
フェルナンド・アロンソは、数年前の表彰台のいくつかは敬意を表されておらず、“葬式”のような雰囲気をもたらしていたと語る。

フェルナンド・アロンソは、これまで97回の表彰台を獲得。最後の表彰台フィニッシュはフェラーリの最終シーズンとなる2014年のF1ハンガリーGPだった。

フェルナンド・アロンソ、F1復帰後初のQ1敗退「ペースがなかった」

2021年5月23日
フェルナンド・アロンソ、F1復帰後初のQ1敗退「ペースがなかった」 / アルピーヌ F1モナコGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの予選でF1復帰後初となるQ1敗退を喫して17番手だった。

フェルナンド・アロンソは、2年間のブランクの後、スピード取り戻すこと苦労し、予選が弱点であることを認めている。決してモナコが苦手ではないアロンソは、トラフィックや自信の欠如ではなく、ペースがなかったと語る。

アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「ウォールに軽くキスしただけ」

2021年5月22日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「ウォールに軽くキスしただけ」 / F1モナコGP
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1モナコのFP1でウォールに接触したが、“軽くキスしただけ”だと振り返る。

フェルナンド・アロンソは、FP1に最終コーナーでバリアに接触し、A521のフロントウイングを破損させた。しかし、2010年のFP3での大クラッシュと比較すれば、軽く“キス”しただけだと語る。

フェルナンド・アロンソ 「トラフィックのマネジメントが予選の鍵を握る」

2021年5月21日
フェルナンド・アロンソ 「トラフィックのマネジメントが予選の鍵を握る」 / アルピーヌ F1モナコGP 木曜フリー走行
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの木曜フリー走行を12番手で終えた。

「モナコでの木曜日はいつものように激しい一日だった。合計で64周を走れたのでいい仕事ができたと思うし、マシンへの自信を高めることはとても有益なことなので、それについては満足している」とフェルナンド・アロンソはコメント。

フェルナンド・アロンソ 「現在のベストドライバーはフェルスタッペン」

2021年5月17日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「現在のベストドライバーはフェルスタッペン」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、現在のF1グリッドにおけるベストドライバーはマックス・フェルスタッペンだと考えており、その重要な要因のひとつとしてオーバーテイクへの意欲を挙げた。

2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを2連覇したフェルナンド・アロンソは、ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトンなどの強者たちと競争してきた。

アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ、パワステを微調整してモナコへ

2021年5月13日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ、パワステを微調整してモナコへ
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1への再適応を進めており、次戦F1モナコGPにむけてパワーステアリングシステムを微調整する。

2年ぶりにF1復帰したフェルナンド・アロンソだが、チームメイトのエステバン・オコンのスピードに匹敵することに苦労している。だが、アルピーヌF1は2022年の準備に焦点を当てており、アロンソも現在のマシンに大きな変更を加えることは“意味がない”と同意する。

アルピーヌF1 「アロンソがF1復帰にここまで苦労するとは予想外だった」

2021年5月12日
アルピーヌF1 「アロンソがF1復帰にここまで苦労するとは予想外だった」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、フェルナンド・アロンソにとってF1復帰がこれほど難しいものになるとは予想していなかったと認める。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2021年にここまで苦労している唯一のドライバーではない。実際、この冬にチームを移籍したすべてのトップドライバーがスピードを上げるのに時間がかかっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム