F1ハンガリーGP:フェルナンド・アロンソがDRIVER OF THE DAY

2021年8月2日
F1ハンガリーGP:フェルナンド・アロンソがDRIVER OF THE DAY
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソが、2021年F1ハンガリーGPの“ドライバー・オブ・ザ・デー”に選ばれた。

“ドライバー・オブ・ザ・デー”はグランプリで活躍したドライバーをファン投票で決定。フェルナンド・アロンソは、レース終盤にルイス・ハミルトン(メルセデス)を10周以上にわたって抑え、チームメイトのエステバン・オコンのF1初優勝をアシストして5位でフィニッシュ。いぶし銀とも言える正統派のディフェンスが光った。

F1:40歳を迎えるフェルナンド・アロンソ 「日サロで焼いてこようかな」

2021年7月28日
F1:40歳を迎えるフェルナンド・アロンソ 「日サロで焼いてこようかな」
40歳の誕生日を目前に控えたフェルナンド・アロンソは、2005年にベネトンでF1初優勝を成し遂げたような良いフィーリングでF1に向かい合うことができていると語る。

今週の木曜日に40歳になるフェルナンド・アロンソは、同じく元F1ワールドチャンピオンで41歳のキミ・ライコネンに次いで2番目に年齢の高いベテランドライバーだ。

アロンソ 「フェルスタッペンにはハミルトンにはないカリスマ性がある」

2021年7月27日
F1:フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンにはハミルトンにはないカリスマ性がある」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、マックス・フェルスタッペンの“カリスマ性”が彼をF1で最も魅力的なドライバーにしており、ルイス・ハミルトンにはそれが欠けていると語る。

若手の頃のフェルナンド・アロンソは、その熱い走りから日本でも“赤き皇帝”ミハエル・シューマッハのに対して“蒼きマタドール”と呼ばれていた。絶大な人気を誇り、スペインのF1人気に貢献したアロンソもまもなく40歳になる。

フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」

2021年7月26日
フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンに戻っていれば、F1復帰はもっと容易に進んでいたと考えている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、マクラーレンでポイント獲得さえ難しい不遇の4シーズンを過ごした後、2018年シーズンの終わりにF1を離れた。

フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンに何かを期待してF1を観ていた」

2021年7月25日
フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンに何かを期待してF1を観ていた」
フェルナンド・アロンソは、F1を離れていた昨年、マックス・フェルスタッペンが何かエキサイティングなことを起こしてくれることを期待してテレビを見ていたと明かす。

2001年にF1キャリアを開始したフェルナンド・アロンソは、2019年と2020年にF1を離れて他のモータースポーツカテゴリーで活躍した後、今年、アルピーヌでF1復帰を果たした。

フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンへのペナルティは厳しいと思う」

2021年7月20日
フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンへのペナルティは厳しいと思う」 / F1イギリスGP 決勝
フェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPでのマックス・フェルスタッペンとのオープニングラップの衝突に対するルイス・ハミルトンへのペナルティは厳しいと考えている。

ルイス・ハミルトンは、コプスでインサイドを突いてマックス・フェルスタッペンと接触。フェルスタッペンを51Gの衝撃でバリアにクラッシュし、ハミルトンはスチュワードから10秒のタイムペナルティを受けた。

フェルナンド・アロンソ、好レースにご満悦「Q4と呼ぶべき!」

2021年7月18日
フェルナンド・アロンソ、好レースにご満悦「Q4と呼ぶべき!」 / アルピーヌ F1イギリスGP スプリント予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年F1イギリスGPのスプリント予選を7位で終えた。

新品のソフトタイヤで11番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソは、そのギャンプルが吉と出て、オープニングラップで6つポジションを上げ、最終的に7位でレースを終えた。

ダニエル・リカルド 「アロンソのレースクラフトはグリッドで1番」

2021年7月18日
ダニエル・リカルド 「アロンソのレースクラフトはグリッドで1番」 / F1イギリスGP スプリント予選
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1イギリスGPのスプリウント予選で抜群のスタートを見せたフェルナンド・アロンソのレースクラフトは「グリッドで一番」だと表現した。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、17周のスプリント予選のスタートで6台をオーバーテイクし、11番手から5番手に上昇するパフォーマンスで土曜日のハイライトのひとつを生み出した。

フェルナンド・アロンソ、圧巻のスタート 「リスクを冒す必要があった」

2021年7月18日
フェルナンド・アロンソ、圧巻のスタート 「リスクを冒す必要があった」 / F1イギリスGP スプリント予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPのスプリント予選で6つポジションを上げる圧巻のスタートを披露。「リスクを冒す必要があった」と振り返る。

金曜日の予選を11番手で終えたフェルナンド・アロンソは、タイヤ交換義務がなく、自由にスタートタイヤを選べるF1スプリント予選でソフトタイヤのスタートを選択した4名のドライバーのうちの1人だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム