ダニエル・リカルド 「アロンソのレースクラフトはグリッドで1番」

2021年7月18日
ダニエル・リカルド 「アロンソのレースクラフトはグリッドで1番」 / F1イギリスGP スプリント予選
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1イギリスGPのスプリウント予選で抜群のスタートを見せたフェルナンド・アロンソのレースクラフトは「グリッドで一番」だと表現した。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、17周のスプリント予選のスタートで6台をオーバーテイクし、11番手から5番手に上昇するパフォーマンスで土曜日のハイライトのひとつを生み出した。

フェルナンド・アロンソ、圧巻のスタート 「リスクを冒す必要があった」

2021年7月18日
フェルナンド・アロンソ、圧巻のスタート 「リスクを冒す必要があった」 / F1イギリスGP スプリント予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPのスプリント予選で6つポジションを上げる圧巻のスタートを披露。「リスクを冒す必要があった」と振り返る。

金曜日の予選を11番手で終えたフェルナンド・アロンソは、タイヤ交換義務がなく、自由にスタートタイヤを選べるF1スプリント予選でソフトタイヤのスタートを選択した4名のドライバーのうちの1人だった。

フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンにチームメイトの選択権はないはず」

2021年7月13日
フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンにチームメイトの選択権はないはず」
フェルナンド・アロンソは、ルイス・ハミルトンがメルセデスF1から2022年のチームメイトを選ぶ権利を与えられているとは考えていない。

最近、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年からルイス・ハミルトンのチームメイトを務めるドライバー候補は、現職のバルテリ・ボッタス、または現在ウィリアムズF1でレースをしている育成ドライバーのジョージ・ラッセルに絞り込まれることになると明かしている。

アロンソ 「今後ウィリアムズとポイント争いをするかどうかは疑わしい」

2021年7月12日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「今後ウィリアムズとポイント争いをするかどうかは疑わしい」
フェルナンド・アロンソは、前戦F1オーストリアGPでジョージ・ラッセルと激しい戦いを繰り広げたが、今後アルピーヌが定期的にウィリアムズと戦うことになるとは考えてはいない。

予選を8番手で終えたジョージ・ラッセルは、レースでもウィリアムズF1との最初のチャンオンシップポイント獲得に向けて堅実な走りを見せていた。しかし、レース後半にタイヤ交換したフェルナンド・アロンソの猛チャージを受け、残りわずか4周で10位の座を奪われた。

フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンとの間には何も起こっていなかった」

2021年7月11日
フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンとの間には何も起こっていなかった」 2007年のマクラーレン時代を回顧
フェルナンド・アロンソは、悪名高いマクラーレンでの2007年シーズンは、実際にはルイス・ハミルトンとの間には何も問題はなく、原因はチームだったと振り返る。

現役F1ワールドチャンピオンとマクラーレンの秘蔵っ子としてF1デビューを果たしたルーキーのルイス・ハミルトンのペアはシーズンが進むにつれてうまくいかなくなった。

フェルナンド・アロンソ 「トラックリミットを守った自分は馬鹿らしい」

2021年7月8日
フェルナンド・アロンソ 「トラックリミットを守った自分は馬鹿らしい」 / F1オーストリアGP
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、先週末のF1オーストリアGPのオープニングラップでトラックリミットを順守し自分は「少し馬鹿らしいと感じた」と認めた。

レース後、フェルナンド・アロンソは、ダニエル・リカルド(マクラーレン)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)がオープニングのターン1で意図的にワイドに走って前に出て不当なアドバンテージを得たと不満を表明していた。

フェルナンド・アロンソ 「10位を奪った相手がラッセルなのは悲しかった」

2021年7月5日
フェルナンド・アロンソ 「10位を奪った相手がラッセルなのは悲しかった」 / F1オーストリアGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年F1オーストリアGPで自分が10位入賞のために追い抜いたのがジョージ・ラッセルだったことのは悲しいことだったと語る。

フェルナンド・アロンソとジョージ・ラッセルは先週末もレッドブル・リンクで戦っていた。だが、7位を争っていたときにラセルはエンジントラブルが発生してリタイアを余儀なくされている。

フェルナンド・アロンソ、ベッテルへの怒り収まらず「ペナルティは不十分」

2021年7月4日
フェルナンド・アロンソ、ベッテルへの怒り収まらず「ペナルティは不十分」 / F1オーストリアGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1オーストリアGPの予選Q2でセバスチャン・ベッテルにブロックされて14番手で終えたことで、週末は“事実上終わった”と語り、ベッテルに科せられたペナルティでは“不十分”だと怒りが収まらない。

予選Q2の最後のアタックでフェルナンド・アロンソは、セクター1とセクター2で自己ベストを更新してトップ10入りは確実かと思われたが、最終コーナーで低速で走行していたセバスチャン・ベッテルに捕まって14番手で予選を終えた。

フェルナンド・アロンソ 「周冠宇はFP1でパーフェクトに仕事をこなした」

2021年7月3日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「周冠宇はFP1でパーフェクトに仕事をこなした」 / F1オーストリアGP 金曜フリー走行
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、自分に代わってF1オーストリアGPのフリー走行1回目を担当してグランプリ週末デビューを果たした周冠宇がパーフェクトな仕事をこなしたと称賛する。

アルピーヌF1の育成ドライバーであり、現在F2選手権のポイントリーダーに立って中国人ドライバーのいる周冠宇は、エステバン・オコン(9番手)から0.434秒差の14番手タイムでセッションを終えた。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム