ランス・ストロール 「自分のパフォーマンスには満足している」

2018年11月26日
F1 ランス・ストロール ウィリアムズ
ウィリアムズのランス・ストロールは、F1アブダビGPの決勝レースを13位で終えた。

今シーズン、ランス・ストロールは2度の入賞を果たして6ポイントを獲得し、ランキング18位でシーズンを終えた。

「全体的にスタートとレースにはとても満足している。自分のパフォーマンスには満足しているけど、今回のレースもポイントを獲得できるようなペースはなかった」とランス・ストロールはコメント。

バルテリ・ボッタス 「今シーズンは思い通りには進まなかった」

2018年11月26日
F1 バルテリ・ボッタス アブダビGP
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1アブダビGPの決勝レースを5位で終えた。

今シーズン、バルテリ・ボッタスは勝利を挙げることができなかったが、8回の表彰台を獲得し、247ポイントでランキング5位でシーズンを終えた。

「もっと良い結果でシーズンを終えられれば素晴らしかっただろうけど、今回のレースは一年を要約くしているかもしれない。スタートはうまくいったけど、そこから下り坂に入っていった」とバルテリ・ボッタスはコメント。

F1 アブダビGP 決勝 | ピレリ タイヤ戦略解説

2018年11月26日
F1 アブダビグランプリ ピレリ
ピレリが、2018年のF1世界選手権 最終戦 アブダビGP 決勝でのタイヤ戦略を振り返った。

ルイス・ハミルトンが、予測通りのウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1 ストップ戦略で、2018シーズン最終戦をポール・トゥ・ウィンで制した。この日、ピレリのタイヤサプライヤー契約が2023年まで延長されることが発表された。

ブレンドン・ハートレー 「僕のレースは1周目でほぼ終わってしまった」

2018年11月26日
F1 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、2018年の最終戦F1アブダビGPの決勝レースを12位でフィニッシュした。

ブレンドン・ハートレーは16番手からウルトラソフトタイヤでスタート。しかし、オープニングラップでフロントウイングにダメージを負ってピットインを余儀なくされ、1周終了時点でピットに戻り、フロントウイングを交換し、スーパーソフトタイヤに履き替えてコースへ戻り、19番手でセーフティカー先導の走行が3周終了まで続いた。

ピエール・ガスリー 「トロロッソとホンダのためにも完走したかった」

2018年11月26日
F1 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1アブダビGPの決勝レースをリタイアで終えた。

ピエール・ガスリーは17番手からスーパーソフトタイヤでスタート。ガスリーは予選でトラブルが発生したパワーユニット(PU)をストック品に交換し、レースに臨んだ。

トロロッソ代表 「ポイントを獲得してシーズンを締めくくりたかった」

2018年11月26日
F1 トロロッソ・ホンダ アブダビGP
スクーデリア・トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストが、F1アブダビGPの決勝レース、そして、1年を通じたピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーのパフォーマンスを振り返った。

F1アブダビGPでトロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーが12位でフィニッシュ、ピエール・ガスリーはトップ10まで浮上した直後にトラブルでリタイアとなり、ポイントを獲得できず。F1グランプリ全21戦を終え、コンストラクターズ選手権において33ポイントを獲得し、ランキング9位で2018年シーズンを終えた。

セバスチャン・ベッテル 「今シーズンを要約したようなレースだった」

2018年11月26日
F1 セバスチャン・ベッテル アブダビGP
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGPの決勝レースを2位表彰台で終えた。

今季、セバスチャン・ベッテルは5勝、5回のポールポジションを達成。合計320ポイントを獲得して、ドライバーズランキング2位でシーズンを終えた。

「今日のレースはシーズンをかなり要約していると思う。アップダウンがあって、最後はあと一歩のところまで近づいたけど、十分ではなかったというね」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

ルイス・ハミルトン 「今年はとても励みになる経験だった」

2018年11月26日
F1 ルイス・ハミルトン アブダビGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPで優勝を成し遂げ、自身5度目のワールドチャンピオンを獲得した2018年のF1シーズンに有終の美を飾った。

ルイス・ハミルトンは、今季11勝、11回のポールポジションを獲得。F1史上初となる400点越えとなる408ポイントを獲得してシーズンを終了した。

ホンダF1 「前進できた反面、向上すべき課題も多かった一年」

2018年11月26日
F1 ホンダ アブダビGP
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、F1アブダビGPの決勝レース、そしてトロロッソ・ホンダとして一年を振り返った。

トロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーが16番手からウルトラソフト、ピエール・ガスリーが17番手からスーパーソフトでスタート。ハートレーはオープニングラップでデブリを拾ってピットインを余儀なくされるが、ガスリーは入賞圏内まで順位を上げる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム