佐藤琢磨 「大きな期待を抱いていたので残念だった」 / インディカー

2016年6月11日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が、インディカー第7戦・8戦 デトロイトのレース週末を振り返った。

ベライゾン・インディカー・シリーズで唯一のダブルヘッダー戦となるデトロイトGPは、これまで佐藤琢磨にとって宝の山も同然のレースだった。ところが今年は土曜日が11位で日曜日が10位に終わり、まずまずのポイントを稼ぎ出したものの、#14 AJフォイト・レーシング・ダラーラ・ホンダを駆る佐藤琢磨にはやや不満な結果に終わった。

佐藤琢磨、10位でフィニッシュ / インディカー 第8戦

2016年6月6日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第8戦 デトロイトの決勝レースを10位でフィニッシュした。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、1周目のスタート直後に発生した多重アクシデントに巻き込まれた。すぐ目の前で起きた事故に反応し、ブレーキングで回避した佐藤琢磨だったが、後方から2台がぶつかってきたためにスピン。さらには1台が彼のフロントノーズにぶつかってきた。

佐藤琢磨は、デトロイトのレース1は11位 / インディカー 第7戦

2016年6月5日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第7戦 デトロイトの決勝レースを11位で終えた。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)はデトロイトのコースで、2014年にはポールポジションを獲得し、昨年はレース2で2位フィニッシュを達成。今年のレース1も予選11番手から上位入賞を狙ってスタートしたが、マシンセッティングがコンディションにマッチしておらず、スタート直後から少しずつポジションを下げていく、苦しい戦いを余儀なくされた。

佐藤琢磨 「100回目という記念のインディ500に参加できて嬉しかった」

2016年6月4日
佐藤琢磨 インディ500
佐藤琢磨が、第100回 インディ500のレース週末を振り返った。

ときには、フィニッシュできなかったことが本当に辛いレースがある。とりわけ、それが記念すべき第100回のインディ500で、好結果が期待できそうな状況であればなおさらだろう。

しかし、残り36ラップ、あと100マイル(約160km)に満たない距離を走りきればいいだけになったとき、佐藤琢磨の身にまさにそんな不運が降りかかった。

佐藤琢磨、デトロイト・レース1の予選で11番グリッドを獲得

2016年6月4日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第7戦 デトロイトの予選で11番グリッドを獲得した。

快晴の空の下、全長2.35マイル(約3.76km)、14のターンを有するベルアイル・サーキットでデトロイトGPレース1の予選が実施された。No.14 ABCサプライ・ホンダを駆る佐藤琢磨はここで第1セグメントを突破、11番グリッドからレース1に挑むことが決まった。

佐藤琢磨、無念のクラッシュリタイア / インディ500

2016年5月30日
佐藤琢磨 2016 インディ500
佐藤琢磨は、インディ500の決勝レースをリタイアで終えた。

予選12番手だった佐藤琢磨は、気温の高いレースコンディションに照準を合わせたセッティングが、思い通りの性能を発揮せず、スタート直後からハンドリングの悪いマシンに悩まされ、一時は22番手までポジションを落とした。

佐藤琢磨、インディ500の予選は16番手

2016年5月22日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディ500の予選を16番手で終えた。

第100回目となるインディ500の予選が開催された。例年であれば決勝に出走できる33台分の枠を決めるセッションとなるが、今年はエントリー台数がちょうど33台だったため、ファスト9に駒を進めるのは誰かという点に関心は集中した。

ただし、AJフォイト・レーシングは残念ながらファスト9への進出はかなわなかった。

佐藤琢磨、プラクティス4日目で225.044mphを記録

2016年5月20日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディア500のプラクティス4日目にスリップストリームを活用して225.044mph(約360.1km/h)を記録、26番手となった。

昨日のセッションでは、これよりもわずかに速いスピードをマークしていたが、いまは忍耐強く作業に取り組むべきときで、今週はAJフォイト・レーシングが走らせる3台が収集したデータから様々なことを学ぶことになる。

佐藤琢磨、インディ500初日は223.826mphで20番手

2016年5月17日
佐藤琢磨 インディ500 2016
佐藤琢磨は、インディ500のプラクティス初日に223.826mphで20番手だった。

17日(火)、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで“オープニング・デイ”プラクティスが実施され、佐藤琢磨、ジャック・ホークスワース、アレックス・タグリアーニの3人はAJフォイト・レーシングのマシーンを駆り、今後行われるオントラックならびにオフトラックの作業への取り組みを開始した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム