レッドブルの二人、ニコ・ロズベルグの後任争いからは距離を置く

2016年12月6日
レッドブル F1
レッドブルとそのドライバーは、ニコ・ロズベルグに後任争いからは距離を置いている。

マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドは、F1のトップドライバーであり、空席ができた2017年のメルセデスのシートに関連がないわけではない。

だが、マックス・フェルスタッペンは「僕は来年もレッドブルで走るよ」と De Telegraaf にコメント。

レッドブル、エクソンモービルとの契約を発表

2016年12月2日
レッドブル エクソンモービル モービル1
レッドブルは、2017年シーズンから燃料と潤滑油のサプライヤーをエクソンモービル(ExxonMobil)に切り替えることを発表した。

エクソンモービルは、これまで21年間にわたってマクラーレンとパートナーシップを結んでいた。

レッドブルは、これまでエンジンサプライヤーであるルノーのパートナーであるトタル(Total)の燃料とオイルを使用してきた。

レッドブル 「ピエール・ガスリーにはまだF1での将来がある」

2016年11月30日
ピエール・ガスリー
今年のGP2チャンピオンに輝いたピエール・ガスリーには、まだ将来F1で走る可能性が残されているようだ。

ピエール・ガスリーは、先週末のアブダビでレッドブルのジュニアドライバーとしては初めてGP2のタイトルを獲得した。

しかし、レッドブルは2017年もトロ・ロッソでカルロス・サインツとダニール・クビアトを続投させることを決定しており、ピエール・ガスリーのF1昇格は見送られた。

レッドブル:充実のシーズン / F1アブダビGP

2016年11月28日
レッドブル F1 アブダビ 結果
レッドブルは、F1アブダビGPの決勝で、マックス・フェルスタッペンが4位、ダニエル・リカルドが5位でレースを終えた。

2016年、レッドブルは、ダニエル・リカルドが256ポイントを獲得して3位、マックス・フェルスタッペンが204ポイントを獲得して5位。合計468ポイントでコンストラクターズ選手権2位でシーズンを終えた。

レッドブル:「メルセデスに楽はさせない」 / F1アブダビGP 予選

2016年11月27日
レッドブル F1 アブダビ 予選結果
レッドブルは、F1アブダビGPの予選で、ダニエル・リカルドが3番手、マックス・フェルスタッペンが6番手だった。

ダニエル・リカルド (3番手)
「求めていた3番手につけてとても嬉しい。本当にいい気分だ。今朝は厳しかった。かなり早い段階で走行してマックスからほぼ1秒遅れだったので、見た目は良くなさそうだったんだど、路面はとても温まっていたので予選はどうなるかまったくわからなかった」

レッドブル、タグ・ホイヤーとのエンジンネーミング契約を延長

2016年11月26日
レッドブル タグ・ホイヤー
レッドブルは、タグ・ホイヤーとのエンジンネーミング契約を2年間延長したことを発表した。

今年、レッドブルはルノーのパワーユニットにタグ・ホイヤーのブランド名を掲げて参戦している。

レッドブルは、ルノーとのエンジン契約を2018年まで延長しており、希望すればルノーのエンジン名称を変更できる契約を結んでいた。

レッドブル:F1アブダビGP 金曜フリー走行レポート

2016年11月26日
レッドブル F1 速報 2016 アブダビ
レッドブルは、F1アブダビGP初日のフリー走行で、マックス・フェルスタッペンが4番手タイム、ダニエル・リカルドが5番手タイムだった。

マックス・フェルスタッペン (4番手)
「トラックでの今シーズン最後の金曜日は悪くなかった。クルマにいくつかの問題が発生したので、最後の走行中止するのは賢明だった。クルマをチェックできるし、朝までに確実に準備を整えられるからね。何も壊れていなかったし、心配するようなことはなくかった。念のため早めに止めただけだ」

マックス・フェルスタッペン 「ドライバーズ選手権4位を狙う」

2016年11月20日
マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、最終戦F1アブダビGPでドライバーズ選手権4位獲得を目標に定めている。

現在、マックス・フェルスタッペンは、4位のセバスチャン・ベッテルに5ポイント差の5位につけている。

チームメイトのダニエル・リカルドは3位を確定されており、マックス・フェルスタッペンは、レッドブルの二人がフェラーリを倒すことが目標だと述べた。

マックス・フェルスタッペン、アイルトン・セナとの比較にも冷静

2016年11月18日
フェリペ・ナッセ
マックス・フェルスタッペンは、アイルトン・セナと比較されても浮き足立つことはない。

F1ブラジルGPでのマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスは、同じように雨のレースとなった1993年のドニントンでのアイルトン・セナの驚異的な走り以来となるF1でのベストパフォーマンスだったとの呼び声が高い。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム