スーパーフォーミュラにレッドブルカラーのマシンが登場

2017年2月12日
スーパーフォーミュラ レッドブル
2017年、スーパーフォーミュラにレッドブルカラーのマシンが登場する。

今年、GP2王者でレッドブルの育成ドライバーであるピエール・ガスリーがスーパーフォーミュラに参戦。現時点でまだ所属チームは未発表だが、ホンダ系チームから参戦することは確定している。

そんななか、レッドブルは同社の伝統カラーであるネイビー・イエロー・レッドのカラーリングを施したスーパーフォーミュラマシンの画像をTwitterに投稿。

エクソンモービル 「レッドブルに優れたパフォーマンスをもたらす」

2017年2月10日
エクソンモービル レッドブル
エクソンモービルは、レッドブルとの新たなパートナーシップに自信を見せている。

今シーズン、レッドブルは燃料と潤滑油をトタルからエクソンモービルに変更。エクソンモービルは、長年マクラーレンとパートナーシップを結んでいた。

近年、エンジンメーカーにとって燃料はレースにおける重要な要素だとなっており、メルセデスとペトロナスのパートナーシップはF1のベンチマークとなっている。

平川亮、レッドブルとアスリート契約 「Super GTに、翼をさずける」

2017年2月2日
平川亮
平川亮が、レッドブルとアスリート契約を結んだことが明らかになった。

レッドブルは「Super GTに、翼をさずける」のキャプションとともに同社のキャップとTシャツを着用した平川亮の写真をアップした。

トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)のメンバーである平川亮は、日本のSUPER GTでの勝利経験を持つほか、全日本F3でのチャンピオンも獲得。

レッドブル、“日本最高峰のモータースポーツ”への参加を予告

2017年2月1日
レッドブル モータースポーツ
レッドブルは、“日本最高峰のモータースポーツ”に参加することを予告する動画を公開した。

動画の舞台は富士スピードウェイ。白にネイビーのラインが入ったレーシングスーツを着用したドライバーが、靴ひもを結び、レッドブルの缶をあけてピットレーンへ。メインストレートにドライバーが缶を置くと『Red Bull Joins Ultimate Japanese Motorsports 2017』の文字が現れて動画は終了する。

ピエール・ガスリー、ホンダ系チームでスーパーフォーミュラに参戦

2017年2月1日
ピエール・ガスリー スーパーフォーミュラ ホンダ
ピエール・ガスリーが、ホンダ系チームから今年のスーパーフォーミュラに参戦することが明らかになった。

レッドブルのジュニアドライバーで2016年のGP2チャンピオンであるピエール・ガスリーは、今年、日本でスーパーフォーミュラにすでに参戦することを発表している。

ダニエル・リカルド 「メルセデス移籍の誘惑に駆られた」

2017年1月31日
ダニエル・リカルド
ダニエル・リカルドは、2017年にメルセデス移籍を“検討したくなった”が、レッドブルには今シーズンのタイトル争いを“賭けるだけの価値がある”と語る。

レッドブルは、エンジンとシャシーのパフォーマンスのバランスを補填することを狙った新F1レギュレーションへの移行によって最も利益を得るのではないかとの見方もある。

エイドリアン・ニューウェイ 「フェルスタッペンの走りはマンセルを思い出す」

2017年1月31日
ナイジェル・マンセル
レッドブルのエイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンの走りを見ていると、全盛期のナイジェル・マンセルを思い出すと語る。

「マックスは刺激的なニューカマーだった。彼のクルマの運転の仕方は、ナイジェルのドライビングスタイルを思い起こさせた」とエイドリアン・ニューウェイは語る。

レッドブル、エクソンモービルとのパートナーシップを始動

2017年1月27日
レッドブル エクソンモービル
レッドブルとエクソンモービルがパートナーシップを始動。米国ヒュースンのエクソンモービルのキャンパスで1万人のスタッフの前でダニエル・リカルドがレッドブル RB7ショーカーを走らせた。

ショーカーには、フロントウィングの翼端板に「エッソ(Esso)」のロゴ、リアウィングの翼端板には「Mobil 1」のロゴが掲載された。

レッドブル・エアレース千葉2017:GLAYが大会アンバサダーに就任

2017年1月26日
GLAY レッドブル・エアレース 千葉 2017
レッドブル・エアレース千葉2017が、2017シーズンの第3戦として、6月3日(土)、4日(日)に千葉県立幕張海浜公園で開催されることが決定。大会アンバサダーには「GLAY」が就任した。

レッドブル・エアレース千葉2017は、昨年同様に今年も、白熱のレースはもちろんそれ以外にもさまざまなアトラクションが楽しめる総合エンターテインメントとして、魅力的なコンテンツが用意される。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム