「セルジオ・ペレスはフェラーリ加入を見据えてルノー移籍を断った」

2016年10月27日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、近い将来のフェラーリ加入を見据えてルノーへの移籍を断った。

そう語るのは、現在、フォース・インディアでセルジオ・ペレスのチームメイトを務め、2017年のルノーの複数年契約のオファーを受け入れたニコ・ヒュルケンベルグだ。

「現段階の僕のキャリアにとって正しいステップだと思う」とニコ・ヒュルケンベルグは Auto Motor und Sport にコメント。

セルジオ・ペレス:2016 F1メキシコGP プレビュー

2016年10月26日
セルジオ・ペレス F1 メキシコ
セルジオ・ペレスが、F1メキシコGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「メキシコシティは僕のグアダラハラからはかなり遠いけど、職業上、とてもよく行く場所だ。大好きな都市だし、行くところはたくさんある。最高のレストランや多くの観光スポットがあるし、やることもたくさんある。大きな都市だし、街から街へ移動するときの渋滞は冒険のような気分になるときもあるよ!」

セルジオ・ペレス 「ルノーがヒュルケンベルグを狙うのはわかっていた」

2016年10月21日
セルジオ・ペレス ニコ・ヒュルケンベルグ
セルジオ・ペレスは、自身が移籍を断ったルノーの獲得リストの上位にニコ・ヒュルケンベルグがいたことはわかっていたと述べた。

マレーシアでセルジオ・ペレスが2017年もフォース・インディアに残留することを発表した後、ルノーはニコ・ヒュルケンベルグに素早く狙いを変え、日本GP後に複数年契約を結んだ。

セルジオ・ペレス:2016 F1アメリカGP プレビュー

2016年10月18日
セルジオ・ペレス F1 USGP
セルジオ・ペレスが、F1アメリカGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「メキシコがカレンダーに加わるまで、オーストティンは僕にとってホームレースのように感じていたし、あそこにいくのはいつも嬉しい。家に近いし、サーキットで家族や友人との時間を過ごすことができる。いつもゲストがいるし、オースティンでレースを観るためにメキシコから来てくれるたくさんのファンもいる」

セルジオ・ペレス 「日本のファンに匹敵できるのは世界でもごくわずか」

2016年10月4日
セルジオ・ペレス F1 日本
セルジオ・ペレスが、F1日本GPにむけて鈴鹿サーキットと日本について語った。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「日本への旅行はいつもとても楽しいし、毎年、レース前には数日、東京を訪れる。世界で最も素晴らしい都市のひとつだし、東京を探索するのが大好きなんだ。日本の文化はとても興味深いし、僕は日本食が本当に好きなんだ! いつも良い時間を過ごしているよ」

フォース・インディア、2017年のセルジオ・ペレス残留を正式発表

2016年10月3日
セルジオ・ペレス
フォース・インディアは、2017年もセルジオ・ペレスがチームに残留することを正式に発表した。

ここ数週間、セルジオ・ペレスのスポンサーとチームの契約調整が難航しており、ルノーやウィリアムズ、果てはハースへの移籍までもが浮上していた。

しかし、セルジオ・ペレス自身は、F1マレーシアGPの週末にフォース・インディア残留の意向を明かしていた。

セルジオ・ペレス、2017年の契約の遅れに苛立ち

2016年9月30日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、来週末の日本GPまでに契約が決まらないようであれば、フォース・インディア以外の選択肢も考えなければならないかもしれないと認めた。

ここ数カ月、セルジオ・ペレスは、2017年にルノーやウィリアムズ移籍が噂されていたが、今ではそうした話は影を潜めており、フォース・インディア残留がほぼ確実な情勢となっている。

セルジオ・ペレス、8グリッド降格ペナルティ / F1シンガポールGP

2016年9月18日
セルジオ・ペレス フォース・インディア
セルジオ・ペレスは、予選Q2でイエローフラッグを無視したとして決勝レースでの8グリッド降格ペナルティを科せられた。

Q2終盤、ロマン・グロージャンのクラッシュにより、セクター2にダブルイエローフラッフが振られ、ターン3ではジェンソン・バトンがコースオフしたことでイエローフラッグが振られていた。

セルジオ・ペレス、2017年の契約交渉が難航

2016年9月16日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、今週末のシンガポールGP前には発表したいと述べていた2017年の計画を事情により延期することになったと述べた。

フォース・インディアは、セルジオ・ペレスには2017年も自分たちとレースをする契約があると主張していたが、それはペレスのスポンサーとチームが条件面で同意できればの話であり、ペレス自身はより魅力的な選択肢が現れれば移籍の可能性もあると述べていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム