佐藤琢磨、100戦記念レースも接触の影響でリタイア / インディカー

2015年8月3日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー100戦目の記念すべきレースとなった第14戦 ミッドオハイオの決勝レースをリタイアで終えた。

予選16番手だった佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、1回目のピットストップをレイホールたちと同様に早めに行ったが、その直後に他車と接触。ダメージの修復で周回遅れに陥り、レースに戻ったものの再びマシンを損傷し、ピットでレースを終えた。

ネルソン・ピケJr. ペンスキーでインディカーをテスト

2015年8月3日
ネルソン・ピケJr.
ネルソン・ピケJr.は、来週、ソノマで開催される特別なルーキーテストでチーム・ペンスキーとともにインディカーをテストする。

トロントでインディ・ライツに1回限りの参戦をしたネルソン・ピケJr.は、インディカ・タイツで少なくとも50%を走行した場合にチームにつき追加で2日間のテスト日を得られるというシリーズ規約6.2.3の機会を得る。

佐藤琢磨、予選16番手から決勝に臨む / インディカー

2015年8月2日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第14戦 ミッドオハイオの予選を16番手で終えた。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、インディカーにデビューした2010年のミッド・オハイオで予選3番手になり、2011年には予選9番手から4位フィニッシュを記録している。

金曜日の2回のプラクティスでともにトップ5入りしていた佐藤琢磨は、予選を前にした土曜日午前中のプラクティスでは13番手だったが、ソフトタイヤを使用する予選では上位での戦いが期待されていた。

佐藤琢磨、インディ参戦100戦記念スペシャル・ヘルメットで参戦

2015年7月31日
佐藤琢磨 インディ参戦100周年記念スペシャル・ヘルメット
佐藤琢磨は、今週末に開催されるインディカー 第14戦ミッドオハイオでインディカー100戦目を迎えることを記念した「インディ参戦100戦記念スペシャル・ヘルメット」でレースに臨む。

2011年にインディカーに転向した佐藤琢磨は、今週末、8月2日に開催されるミッドオハイオ戦で参戦100戦目を迎える。

アレックス・ザナルディ、インディ500参戦の夢を諦めず

2015年7月31日
アレックス・ザナルディ
アレックス・ザナルディは、インディ500参戦を目指していることを明らかにした。

2度のCARTチャンピオンであるアレックス・ザナルディは、2001年にラウジッツリンクでのレースでの事故で両足を切断。その後、WTCCでレースに復帰した後、ハンドサイクルでの活動に専念し、2012年のロンドンパラリンピックではイタリア代表として金メダルを2個、銀メダルを1個獲得している。

インディカー:ミッドオハイオから新型レインタイヤを導入

2015年7月31日
インディカー
インディカーは、今週末のミッドオハイオから新型レインタイヤを導入する。

新しいタイヤは、12ヶ月前に導入された先代のタイヤを改善するべく、タイヤ供給元のファイアストーンが開発作業に取り組んできた。

テキサスのブリヂストンの実験場では、いくつかの実験的なコンパウンドがテストされ、評価されてきた。テストではロードコースとストリートコースでのウェット走行の経験のあるインディカーチームが負荷とスピードに関するデータとの供給に協力した。

インディカー:デリック・ウォーカーの辞任を発表

2015年7月28日
インディカー
インディカーは、デリック・ウォーカーが、競技委員長の役割を辞任したことを発表した。

元チーム代表のデリック・ウォーカーは、2013年に競技委員長に就任。2015年のエアロキット導入を初め、新しいイベントやレースコントロール技術への投資、現在のマシンの安全性改善など、インディカーレースの様々な領域に注力してきた。

佐藤琢磨 「これほど嫌な気分を味わったことはない」 / インディカー

2015年7月27日
佐藤琢磨
佐藤琢磨が、インディカー 第13戦 アイオワのレース週末を振り返った。

前戦が終わってまだ6日しか経っていないというのに、ベライゾン・インディカー・シリーズの一行はミルウォーキーよりもさらに全長が短いアイオワ・スピードウェイを訪れたが、佐藤琢磨にとって残念な結果に終わったことには変わりなかった。

佐藤琢磨、サスペンショントラブルで19位 / インディカー

2015年7月19日
佐藤琢磨
佐藤琢磨は、インディカー 第13戦 アイオワの決勝レースを19位で終えた。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、8列目イン側の15番グリッドからスタート。序盤はタイヤの空気圧がコンディションにマッチしていなかったためにスピードに乗りきれず、ピットストップごとに調整を行ってハンドリング向上を目指した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム