角田裕毅の2021年05月のF1情報を一覧表示します。

アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅 「怒りを抑えることが優先事項」

2021年5月31日
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅 「怒りを抑えることが優先事項」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1でのルーキーシーズンで自分の怒りを抑えることが主な優先事項のひとつだと認める。

今シーズン、ルーキーの角田裕毅の熱くしばしば汚い言葉が混じる無線でのメッセージは、良くも悪くもファンとオブザーバーから多くの注目を集めており、反応も様々だ。

レッドブルF1幹部、自信喪失の角田裕毅にイタリア引っ越しを命じる

2021年5月30日
レッドブルF1幹部、自信喪失の角田裕毅にイタリア引っ越しを命じる
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、不振の角田裕毅にアルファタウリ・ホンダF1の拠点のあるイタリアに引っ越することを命じた。

開幕戦F1バーレーンGPでは予選Q1を2番手通過、決勝では9位入賞と華々しいデビューを飾った角田裕毅だが、その後の4戦ではフリー走行や予選でのクラッシュ、決勝でのミスが目立ち、ノーポイントが続いている。

F1:角田裕毅 「汚い言葉はカーリンのメカニックに吹き込まれた」

2021年5月30日
F1:角田裕毅 「汚い言葉はカーリンのメカニックに吹き込まれた」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、汚い言葉のボキャブラリーはカーリン時代に身に着いたものだと説明した。

コース外では好感度の持てるキャラクターの角田裕毅だが、マシンに乗り込むとそれは一変する。激しい気性が顔を出し、『渋滞天国』といった初期のワードは楽しまれていたが、次第にネガティブなイメージがついていった。

アルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅に代えてアルボンを乗せるべき?

2021年5月29日
アルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅に代えてアルボンを乗せるべき?
レッドブルF1は、メルセデスとのタイトル争いにおいて少しでもチャンスを増やすために角田裕毅に代えてアレクサンダー・アルボンを起用するべきではないか?オランドの専門サイト racingnews365 が提起した。

レッドブル・ホンダF1は、今シーズンにチャンピオンシップの栄光を手にする可能性が最も高く、F1モナコGPの結果、チームとマックス・フェルスタッペンは両方のチャンピオンシップをリードしている。

角田裕毅 「F1での目標をあまりに高く設定しすぎていた」

2021年5月28日
角田裕毅 「F1での目標をあまりに高く設定しすぎていた」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1バーレーンGPでの有望なルーキーシーズンのスタートの後、F1での目標を高く設定しすぎていたと認める。

デビュー戦となった開幕戦F1バーレーンGPでは、FP1での無線での積極的な発言も好感をもたれ、予選Q1で2番手タイムをマークしてQ2に進出いて周囲を驚かせた。13番手からスタートした決勝では9位入賞。そのパフォーマンスは称賛を集めた。

アルファタウリ・ホンダF1、日本語版公式ウェブサイトをローンチ

2021年5月27日
アルファタウリ・ホンダF1、日本語版公式ウェブサイトをローンチ
スクーデリア・アルファタウリは、才能溢れる日本人ルーキーF1ドライバー角田裕毅の日本のファンからのリクエストに応えて、日本語版公式ウェブサイトalphataurif1team.comがローンチした。

スクーデリア・アルファタウリのデジタルチャンネルにおける新たなマイルストーンとなるウェブサイトは、日本におけるプレミアムファッションブランドAlphaTauri(アルファタウリ)2021年秋冬コレクションとeコマースサイトalphatauri.comと同時にローンチされた。

角田裕毅 「予選結果によって戦略的なギャンブルが必要になってしまった」

2021年5月27日
角田裕毅 「予選結果によって戦略的なギャンブルが必要になってしまった」 / F1モナコGP
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1モナコGPでの貧弱な予選結果によって、戦略的なギャンブルが必要になってしまったと振り返る。

2021年のF1モナコGPでは、ウィリアムズのニコラス・ラティフィ、ハースF1のニキータ・マゼピンとミック・シューマッハ、そして、角田裕毅の4人がF1マシンでの初走行となったが、4人全員が土曜日の予選でQ1で敗退。決勝でも下から4位は彼らだった。

ホンダF1 山本雅史MD 「角田裕毅は焦らず自分の走りを成熟させる時期」

2021年5月26日
ホンダF1 山本雅史MD 「角田裕毅は焦らず自分の走りを成熟させる時期」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、アルファタウリ・ホンダF1のルーキーである角田裕毅は、焦らずにF1での自分の走りを成熟させる時期であり、心配はしていないと語る。

今年、7年ぶりに日本人F1ドライバーとしてデビューを果たした角田裕毅は、開幕戦バーレーンGPで9位入賞という好スタートを切ったが、その後やクラッシュや無線やインタビューでの言動など、ネガティブな部分の方が話題になってしまっている。

角田裕毅 「FP2での走行不足でマシンへの自信を失っていた」

2021年5月25日
角田裕毅 「FP2での走行不足でマシンへの自信を失っていた」 / アルファタウリ・ホンダ F1モナコGP
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1モナコGPのFP2での接触で走行時間を失ったことでマシンへの自信を築くことができず、予選でパフォーマンスを発揮できなかったと認める。

角田裕毅は、FP2の中盤にプールサイドセクションの先でガードレールに接触し、11ラップの走行に留まった。ヘルムート・マルコは、モナコ初走行となる角田裕毅に走行距離を稼いで経験を積むためにウオールから距離を置くように“100回”伝えていたとして激怒した
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム