2021年05月のF1情報を一覧表示します。

F1オーストリアGP:レッドブル・リンクに1日最大39000人を入れる裏技

2021年5月30日
F1オーストリアGP:レッドブル・リンクに1日最大39000人を入れる裏技
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・リンクのユニークな設計によってF1オーストリアGPのスタンドをファンでいっぱいになることを期待していると語る。

レッドブル・リンクでのF1オーストリアGPは、当初から2021年のF1カレンダーに掲載されていたが、F1カナダGPのキャンセルされ、代替開催が予定されていたF1トルコGPも新型コロナウイルスの再流行によって中止となったため、今年もダブルヘッダーで開催することになった。

ルイス・ハミルトン、F1引退後は俳優の道へ?

2021年5月30日
ルイス・ハミルトン、F1引退後は俳優の道へ?
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1引退後は俳優のキャリアにむけてトレーニングをしたいと語る。

ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハと並んでF1史上最多の7回のF1ワールドチャンピオンを獲得したドライバーとしてF1の歴史にしっかりと名を残している。

マックス・フェルスタッペン 「まだポイントリーダーに固執していない」

2021年5月30日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「まだポイントリーダーに固執していない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1キャリアで初めてポイントリーダーとなったが、トップでいることを気にするのは最終レースが終わったときだと語る。

開幕4戦ではルイス・ハミルトンが3勝を挙げており、1勝のマックス・フェルスタッペンは14ポイント差を追いかけてF1モナコGPに挑んだ。しかし、ハミルトンが7位に終わったレースでフェルスタッペンは圧勝し、逆転して4ポイントのリードした。

レッドブルF1幹部 「メルセデスは自分のフロントウイングに目を向けるべき」

2021年5月30日
レッドブルF1幹部 「メルセデスは自分のフロントウイングに目を向けるべき」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1アゼルバイジャンGPでフレキシブルウイングを抗議することを示唆しているメルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフに「自分たちのフロントウイングに目を向けるべき」だと警告する。

F1スペインGPでルイス・ハミルトンがレッドブル・ホンダが“ベンディウイング(曲がるウイング)”を走らせていると発言して以降、リアウイングの安定性についての議論が巻き起こった。

MotoGP:ヤマハ 2021年 第6戦 イタリアGP 予選レポート

2021年5月30日
MotoGP:ヤマハ 2021年 第6戦 イタリアGP 予選レポート
クアルタラロが好調をキープし、ポルトガルGP以来の優勝を目指す
Monster Energy Yamaha MotoGPのファビオ・クアルタラロが、ラップレコードを更新して4戦連続となるポールポジションを獲得。Q1に出場したマーベリック・ビニャーレスは、数台の後続車に悩まされ、最終ラップではミスをおかして0.021秒差でQ2に進出することができなかった。決勝は13番グリッドはとなっている。 PETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamのフランコ・モルビデリとバレンティーノ・ロッシは、それぞれ10番手と19番手。

MotoGP:ホンダ 2021年 第6戦 イタリアGP 予選レポート

2021年5月30日
MotoGP:ホンダ 2021年 第6戦 イタリアGP 予選レポート
2021年のMotogp イタリアGPの予選は、Q1からQ2へと進出したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が11番手、ダイレクトにQ2進出を果たしたポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が12番手となった。

初日7番手と好調なスタートを切った中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)はQ1で5番手に終わり15番グリッドが確定。アレックス・マルケス(LCR Honda CASTROL)もQ1で12番手に終わり、22番グリッドから決勝に挑むことになった。

F1:ティレルP34の“コンティニュエーション”モデルが登場

2021年5月30日
F1:ティレルP34の“コンティニュエーション”モデルが登場
英国ウォリントンの CGA Race Engineering は、F1でレースに出場して勝利した唯一の6輪車である 1976年製のティレル P34 を再現することで“コンティニュエイション”市場に乗り込んだ。

最近、クラシックカー市場では、旧車のレストアではなく、有名なワークショックが図面から完全に再現した“コンティニュエイション”モデルが登場。ファクトリーによって正式に認可を受け、多くの場合が元のモデルと同じくらい高い価格で販売されている。

メルセデスF1 「ハミルトンはペレスのタイヤ保護に匹敵できなかった」

2021年5月30日
メルセデスF1 「ハミルトンはペレスのタイヤ保護に匹敵できなかった」
メルセデスF1のチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズは、F1モナコGPでルイス・ハミルトンは、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)の戦略を真似ることはできなかったと語る。

8番手からレースをスタートしたセルジオ・ペレスは、誰よりも順位を上げて4位でレースをフィニッシュ。それは第1スティントの終わりにソフトタイヤで優れたペースを発揮できたおかげでもあった。

F1:角田裕毅 「汚い言葉はカーリンのメカニックに吹き込まれた」

2021年5月30日
F1:角田裕毅 「汚い言葉はカーリンのメカニックに吹き込まれた」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、汚い言葉のボキャブラリーはカーリン時代に身に着いたものだと説明した。

コース外では好感度の持てるキャラクターの角田裕毅だが、マシンに乗り込むとそれは一変する。激しい気性が顔を出し、『渋滞天国』といった初期のワードは楽しまれていたが、次第にネガティブなイメージがついていった。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 74 | 75 | 76 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム